サポートセンターホーム


コレクターの再インストール

この記事では、コレクターを同じデバイスに再インストールする手順について説明します。 コレクターを再インストールするには、コレクターとそのサービスをシャットダウンし、新しいコレクターをダウンロードしてインストールし、古いコレクターを削除する必要があります。

コレクターを別のデバイスに再インストールする(またはコレクターを交換する)場合は、新しいコレクターをダウンロードして新しいデバイスにインストールしてから、監視対象のリソースを古いコレクターから新しいコレクターに転送することをお勧めします。 見る コレクターを別のマシンに移動する.

コレクターを再ダウンロードする

コレクターを再インストールする場合、コレクターのインストーラーファイルをリストから再ダウンロードできます。

1. LogicMonitorで、に移動します 設定| コレクター.

2.再インストールするコレクターの行を展開し、[ コレクターをダウンロード.

3。 の中に コレクターをダウンロード ダイアログで、コレクターをダウンロードしてインストールする方法を選択します。 必要に応じて、コレクターのダウンロード設定を編集できます。 見る コレクターのインストール.

注意: 各インストーラーファイルには、一意の識別子文字列があります。 ダウンロードした実行可能ファイルをインストールしていることを確認してください。インストールしないと、インストールが失敗します。

注意: インストール中に、LogicMonitorは重複するコレクターの存在をチェックします(たとえば、このコレクターが別のデバイスでまだ実行されていないこと)。 このため、新しいコレクターをインストールする前に、古いコレクターを少なくとも5分間停止する必要があります。

Windowsコレクターを再インストールします

1.(オプション)このプロセス中の不要なアラートを防ぐために、再インストールするコレクターをSDTに配置します。 LogicMonitorアカウントから 設定| コレクター ページで、コレクターを選択し、 SDT アイコンをクリックして「スケジュールされたダウンタイム」を追加します。

2.ローカルコレクターマシンで、 LogicMonitorコレクター [コントロールパネル] \ [プログラムの追加と削除]メニューから。

3.ディレクトリの名前を変更します C:\ Program Files \ LogicMonitor 〜へ C:\ Program Files \ LogicMonitor_OLD.

4. services.mscで、両方を確認します logicmonitor-ウォッチドッグ 影響により ロジックモニターエージェント 存在しません。

a。 サービスがまだ存在する場合は、管理者権限でcmdを開き、次のコマンドを実行してサービスを削除します。

sc delete logicmonitor-watchdog
sc delete logicmonitor-agent

b。 コレクターマシンを再起動し、サービスが削除されたことを確認します。

注意: コレクターが正常に再インストールされることを確認するには、LogicMonitorに、古いコレクターがダウンしていることを認識するのに十分な時間が必要です。 これには最大5分かかる場合があります。

5.のリストからCollectorインストーラー実行可能ファイルを再ダウンロードします。 設定| コレクター。 詳細については、前のセクション「コレクターの再ダウンロード」を参照してください。

6.インストーラーファイルを実行します。 (インストールウィザードの使用をお勧めします。)

7.古いコレクターのインストールディレクトリにログまたはjarファイルがある場合は、それらが不要になったか、必要に応じてバックアップされていることを確認します。

8.古いコレクターディレクトリを削除します。 C:\ Program Files \ LogicMonitor_OLD

Linuxコレクターを再インストールします

1.(オプション)このプロセス中の不要なアラートを防ぐために、再インストールするコレクターをSDTに配置します。 LogicMonitorアカウントから 設定| コレクター ページで、コレクターを選択し、 SDT アイコンをクリックして「スケジュールされたダウンタイム」を追加します。

2.ローカルコレクターマシンのrootユーザーとして、 sbshutdown CollectorおよびCollectorWatchdogサービスを停止するスクリプト。 デフォルトでは、このスクリプトは次の場所にあります。 /usr/local/logicmonitor/agent/bin.

[[email protected] ~]# cd /usr/local/logicmonitor/agent/bin/
[[email protected] bin]# ./sbshutdown

3.アンインストールスクリプトを実行するか、コレクタディレクトリとそのすべての内容を手動で削除して、コレクタをアンインストールします。

a。 (推奨)を使用してコレクターをアンインストールします uninstall.sh:

[[email protected] bin]# ./uninstall.sh

b。 ロジックモニターコレクターディレクトリを削除します(user/local/logicmonitor)およびコマンドを使用したそのすべての内容:

[[email protected] bin]# rm -rf usr/local/logicmonitor

のシンボリックリンクがある場合 logicmonitor.collector 影響により logicmonitor.watchdog、それらはから削除する必要があります /etc/init.d or /etc/rc.d/init.d.

4.コレクターをインストールするディレクトリーに移動します。

5.のリストからCollectorインストーラー実行可能ファイルを再ダウンロードします。 設定| コレクター。 詳細については、前のセクション「コレクターの再ダウンロード」を参照してください。

コマンドラインから作業している場合は、curlまたはwgetコマンドをコピーして、コレクターをホストマシンにダウンロードできます。

6.インストーラーのアクセス許可を変更して実行可能にし、実行します。

[[email protected] ~]# chmod +x LogicmonitorCollector64_[COLLECTOR_ID].bin
[[email protected] ~]# ./LogicmonitorBootstrap64_[COLLECTOR_ID].bin

7.インストールが完了したら、コレクターサービスとウォッチドッグサービスが実行されていることを確認します。

[[email protected] bin]# ./logicmonitor-watchdog status
[[email protected]or-host bin]# ./logicmonitor-agent status

記事上で