サポートセンターホーム


agent.confコレクター設定

概要

LogicMonitorコレクターには、動作を制御するために使用できる構成ファイルがあります。 これらの構成ファイルの中で最も堅牢なのは、agent.confファイルです。 データ収集、アクティブディスカバリー、自動プロパティ、イベント収集、およびその他の多くのコレクター固有の動作設定は、この構成ファイルによって維持されます。

agent.confファイルは、コレクターのインストールディレクトリにあります。 デフォルトのファイルパスは次のとおりです。

  • Linuxコレクター:/usr/local/logicmonitor/agent/conf/agent.conf
  • Windowsコレクター:C:プログラムファイル(x86)LogicMonitorAgentconfagent.conf

前述のように コレクター構成ファイルの編集、agent.confファイルへの変更または追加は、エラーを防ぐための保護手段が用意されているため、LogicMonitor UI([コレクター]ページから)を介して行うことを強くお勧めします。 ローカルコレクターからこのファイルを手動で変更することはお勧めできません。自己責任で実行してください。

agent.confファイルで構成できる設定は600以上あり、コレクターの動作と操作を非常にきめ細かく制御できます。 一部の設定はデフォルトでファイルに表示されます。 コードで定義されているデフォルト値をオーバーライドする場合は、いくつかを追加する必要があります。 agent.confファイルで宣言されたすべての値は、コードで定義された値に優先します。

注意: ほとんどの場合、コレクターは、適切なサイズである限り、箱から出して必要に応じて実行されます。 原則として、agent.conf設定のカスタマイズには注意して、理想的にはサポート担当者の指示でアプローチすることをお勧めします。

次に、機能別に整理された設定を示します。

一般的なコレクター設定

プロパティ 種類 デフォルト 製品説明
エージェントモニターウォッチドッグ ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターはウォッチドッグプロセスを監視し、問題が発生した場合はウォッチドッグサービスを再起動します。
agent.autoupgrade ブーリアン TRUE TRUEの場合、ウォッチドッグサービスは、コレクターのアップグレードが開始されたときにコレクターをアップグレードします。
keep.alive.check.times 整数 2 コレクターがウォッチドッグサービスが機能しているかどうかを確認する回数(5秒あたり)。
agent.min.usable.space 整数 1024 コレクターの最小使用可能スペース(メガバイト単位)。
agent.restart 整数 0 コレクターの再始動間隔(時間単位)を割り当てます。 デフォルトでは、コレクターは資格情報のローテーション後に(24時間ごとに)再起動します。 資格情報のローテーションなしでこの再起動間隔を更新するには、この設定を更新します。
agent.status.port 整数 7212 エージェントステータスリスニングポート(つまり、ウォッチドッグサービスがコレクターサービスと通信するためのポート)。
asyncProcessWaiter.readSleep.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、非ブロッキングIOが有効になります。
asyncProcessWaiter.readSleep.intervalInMills 整数 300 非同期プロセスウェイターでのチェックおよび読み取り操作の間隔を割り当てます(ミリ秒単位)。 この値が減少すると、CPU使用率が増加する可能性があります。 この値が増加すると、スループットが低下する可能性があります。
コレクター.auto.restart.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターは期待どおりに機能しないと自動的に再起動されます。
コレクター.auto.restart.min.interval.in.minutes 整数 60 最小自動再起動間隔(分単位)を割り当てます。
コレクター.convertLocaleEnglish.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、ロケール番号のフォーマットが適用されます。
コレクター.dump.thread.times.before.restart 整数 2 コレクターが再起動する前に問題が発生した場合にスレッドのダンプを試行する回数を示します。 0は、再起動する前にスレッドダンプがないことを示します。
コレクター.dump.thread.interval.in.seconds 整数 10 collector.dump.thread.times.before.restart設定が> 1の場合、この設定は、コレクターがスレッドのダンプを試行する間隔(秒単位)を制御します。
コレクター.dump.thread.files.count 整数 5 スレッドダンプの最大ファイル数。
コレクター.heartbeat.hang.stacktrace ブーリアン TRUE TRUEの場合、ハートビートタスクがハングすると、チェックスレッドはハートビートタスクのスタックトレースを出力します。
コレクター.heartbeat.clear.hang.task ブーリアン TRUE TRUEの場合、すべてのハートビートがハングしていると、すべてのハートビートタスクがクリアされます。
コレクター.heartbeat.hang.restart ブーリアン TRUE TRUEの場合、すべてのハートビートタスクがハングしたときにコレクターが再起動されます。
コレクター.jvm.locale文字列us-enJVMロケールの微調整を許可します。 一部のロケールでは、日付の解析を修正するために微調整が必​​要になる場合があります。
コレクター.scheduler.thread.count 整数 4 コレクターでのタスクのスケジューリング専用のスレッドの数。
コレクターサイズ 文字列 コレクターのサイズ。 インストーラーによって自動的に割り当てられます。
会社 文字列 コレクターが関連付けられている会社。 インストーラーによって自動的に割り当てられます。
connection.manager.size 整数 4 Webページタスクにプロセッサごとに使用するスレッドの数
connection.manager.threshold 整数 500 Webページタスク用に作成されるスレッド数のしきい値。
資格 文字列 コレクターがLogicMonitorプラットフォームに対して自身を認証するために使用する資格情報。 この資格情報は、インストーラーによって自動的に割り当てられ、24時間ごとにローテーションされます。
credential.isencrypted ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターが認証に使用する資格情報は暗号化されます。
debug.disable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、リモートデバッグコマンドはコレクターで動作できなくなります。 これは、セキュアゾーンのシステムにインストールされているコレクターに役立つ場合があります。
Discover.instance.wmi.timeout.seconds整数30監視を追加する場合は、タイムアウト(秒単位)が明示的に使用されます。 
このプロパティは、デフォルトではagent.confに追加されません。 タイムアウトの問題に直面しているお客様は、このプロパティに必要なタイムアウト値を追加できます。
dns.nameserver 文字列 8.8.8.8 dns.providerが「dnsjava」に設定されている場合、この設定は使用されているネームサーバーを示します。
dns.provider 文字列 システム DNSプロバイダータイプ。 受け入れられる代替値は「dnsjava」です。 「システム」に設定すると、システムDNS設定が使用されます。 「dnsjava」に設定すると、dns.nameserverに指定された値が使用されます。
feed.version.check.intervalInSec 整数 5 フィードバージョンの更新がチェックされる間隔(秒単位)。 5は割り当て可能な最小値です。
groovy.expect.timeout.in.second 整数 60 Groovy Expectライブラリの接続タイムアウト期間(秒単位)。
hotthreaddetector.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、ホットスレッドとメモリ使用量の検出が有効になります。
hotthreaddetector.cpuDetectionsOnExit 整数 0 コレクターの再起動をトリガーするために(hotthreaddetector.cpuThresholdで定義されているように)CPU使用率を超える必要がある連続回数を示します。 0は、コレクターの再起動がないことを示します。
hotthreaddetector.cpuThreshold 整数 5 CPU使用率のしきい値(パーセンテージ)。 使用量がこの設定の値を超える場合、スレッドは「ホット」スレッドとして識別されます。
hotthreaddetector.memDetectionsOnExit 整数 0 コレクターの再起動をトリガーするために、JVMの古い世代のメモリー使用量を超える必要がある連続回数を示します(hotthreaddetector.cpuThresholdで定義)。 0は、コレクターの再起動がないことを示します。
hotthreaddetector.memThreshold 整数 95 JVMの旧世代のメモリ使用量のしきい値(パーセンテージ)。 使用量がこの設定の値を超えると、コレクターはBUSYの収集ステータスを報告します。
hotthreaddetector.interval 整数 30 ホットスレッドをチェックする間隔(秒単位)。
httpd.port 整数 7214 HTTPdリスニングポート(つまり、カスタムJobMonitorがCollectorサービスと通信するためのポート)。
id 整数 コレクターのID。 インストーラーによって自動的に割り当てられます。
Installer.version 整数 0 インストーラーバージョン。 変更できません。
netscan.probe.queue.容量 整数 5000 プロービングタスクキューの容量。
netscan.script.timeout.inSeconds 整数 300 スクリプト化されたNetScanのスクリプトタイムアウト期間(秒単位)。 この設定に割り当てることができる最小値は60です。
script.notfound.file.redownload.interval 整数 10 アップロードされたスクリプトが見つからない場合に再ダウンロードされる間隔(分単位)。
script.check.modification.interval.in.minute 整数 5 コレクターがLMプラットフォームで変更されたスクリプトをチェックする間隔(分単位)。
サーバー 文字列 コレクターが関連付けられているポータル(例: .logicmonitor.com)。 インストーラーによって自動的に割り当てられます。
service.connect_timeout 整数 5 プラットフォームサーバーに接続するためのタイムアウト期間(秒単位)。
service.read_timeout 整数 30 プラットフォームサーバーとの間でフィードを送受信するためのタイムアウト期間(秒単位)。
service.verify_cert_by_host_header ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、URLのホストではなくヘッダーのホストを使用して証明書を検証します。
service.trustall ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターはプラットフォームに接続するときに証明書を検証しません。
shutdown.checkingPort 整数 0 ウォッチドッグがコレクターを再起動する前に閉じる必要があるポートがある場合は、それを示します。 これは、ウイルス対策ソフトウェアがコレクターポート(SNMPトラップ、syslogなど)を閉じた後に開いたままにしていて、ウォッチドッグがコレクターの再起動に失敗する場合に役立ちます。
ssh.preferredauthentications 文字列 公開鍵、キーボード-インタラクティブ、パスワード SSH認証の推奨方法を示します。 認証方法は順番に選択されます。 publickeyが最初に試行され、それが失敗した場合は、keyboard-interactiveが次に試行されます。
起動遅延 整数 0 コレクターの初期化遅延(秒単位)。
起動時タイムアウト 整数 180 コレクター起動のタイムアウト期間(秒単位)。
upgrader.delay.exit 整数 0 アップグレード後の終了時に遅延する時間(秒単位)。
アップグレード.ダウンロード.タイムアウト 整数 30 アップグレードのダウンロードタイムアウト(秒単位)。
アップグレーダ.待機 整数 10 アップグレード待機(秒単位)。

データ収集方法の設定

データ収集設定は、次のデータ収集方法によって編成されています。

グローバルデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
collect.history.maxItem 整数 3 メモリ内の履歴を保持するための収集タスクの最大数。 この情報は、!tlistおよび!detailデバッグコマンドで表示されます。
コレクター.data.collection.retry.count.max 整数 1 sbproxyの準備ができていないか、キャッシュが無効であるために実行されなかった場合に、WMI、スクリプト、またはバッチスクリプトタスクを再試行する回数。
コレクター.data.collection.retry.interval.in.seconds.min 整数 60 収集タスクを再試行するための最小間隔遅延(秒単位)。
Collector.data.collection.retry.interval.in.seconds.max 整数 600 収集タスクを再試行するための最大間隔遅延(秒単位)。
コレクター.defines 文字列 ping、script、snmp、webpage、jdbc、perfmon、wmi、netapp、jmx、datapump、memcached、dns、esx、xen、udp、tcp、mongo、cim、awscloudwatch、awsdynamodb、awsbilling、awss3、awssqs、batchscript コレクターによってサポートされる収集方法を定義します。
poll.now.diagnose.command.timeout.in.seconds 整数 50 Poll now Diagnoseコマンドのタイムアウト期間(秒単位)。
poll.now.queue.size 整数 50 リクエストを同時に処理するためのポーリングのキューサイズ。
poll.now.test.script.timeout 整数 50 テストスクリプトのタイムアウト期間(秒単位)。
poll.now.threadpool 整数 2 ポーリングはスレッドプールサイズになりました。
ratelimit.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、稼働中のホスト(pingなど)に送信されたが、プロトコル要求(SNMPやWMIなど)に応答しない要求には、レート制限が適用されます(他のレート制限を使用)。 。 設定)失敗したプロトコルでの要求の数を制限します。 これは、ホストがあまりにも多くの収集スレッドを拘束して、他のホストでのデータ収集に影響を与えないようにするのに役立ちます。
ratelimit.detect.period 整数 1 プロトコル検出要求がホストに送信される間隔(分単位)。 この設定は、ratelimit.enableがTRUEに設定されている場合にアクティブになります。
ratelimit.deactive.time 整数 10 ホストがプロトコル要求への応答に繰り返し失敗した場合に、ホストが非アクティブとしてマークされる時間(分単位)。 この設定は、ratelimit.enableがTRUEに設定されている場合にアクティブになります。
script.stopThread.useThreadStop ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、JAVA thread.stopメソッドを使用して、スクリプトを強制的に停止します。 このメソッドは非推奨であり、一貫性のない状態の結果として問題が発生する可能性があります。 FALSEの場合、thread.interruptが呼び出され、一部のスレッドが停止しない場合があります。

AWSデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.aws.timeoutSeconds 整数 5 AWSタイムアウト(秒単位)。

BatchScriptデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.batchscript.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.batchscript.threadpool 整数 20 バッチスクリプトのスレッドプールサイズ。
コレクター.batchscript.timeout 整数 120 バッチスクリプトデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.batchscript.improve.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、Batchscriptデータ収集方法は、リファクタリング後に改善されます。
コレクター.batchscript.max.expiration.in.seconds 整数 3600 コレクターBatchscriptの最大タイムアウト(秒単位)。

CIMデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.cim.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.definesまたはeventcollector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.cim.threadpool 整数 20 プール内のスレッド数。
コレクター.cim.timeout 整数 30 CIMデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
cim.ssl.プロトコル 文字列 SSL CIMデータ収集方法のSSLプロトコル。
groovy.script.runner 文字列 SSE Groovyスクリプトランナーを設定します。 「エージェント」もここでサポートされています。

データポンプデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.datapump.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.datapump.threadpool 整数 1 プール内のスレッド数。
コレクター.datapump.timeout 整数 5 Data Pumpデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。

DNSデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.dns.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.dns.threadpool 整数 1 プール内のスレッド数。
コレクター.dns.timeout 整数 1 DNSデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。

ESXデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.esx.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.esx.threadpool 整数 50 プール内のスレッド数。
コレクター.esx.timeout 整数 30 ESXデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.esx.connect.timeout.in.seconds 整数 10 ESXデータ収集の接続タイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.esx.read.timeout.in.seconds 整数 30 ESXデータ収集の読み取りタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.esx.report.connectFailure.times 整数 3 ここに示されている回数だけ接続障害が発生すると、NaNを報告します。
コレクター.esx.customizedCommunicationInstance ブーリアン TRUE TRUEの場合、collector.esx.disabled.cipherlistで示される暗号アルゴリズムは除外されます。
コレクター.esx.disabled.cipherlist 文字列 TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256,TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256 この設定は、collector.esx.customizedCommunicationInstanceがTRUEの場合にのみ考慮されます。
見る 自動プロパティ設定 ESXデータ収集に関連する追加設定。

JDBCデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.jdbc.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.jdbc.threadpool 整数 50 プール内のスレッド数。
コレクター.jdbc.timeout 整数 10 JDBCデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
mysql.jdbc.driver 文字列 org.mariadb.jdbc.Driver MySQLJDBCドライバーを設定します。 この設定を変更する前に、関連するjarがwrapper.confに追加されていることを確認してください。
startup.jdbc.delay 整数 0 JDBCの起動遅延(秒単位)。
見る 自動プロパティ設定 JDBCデータ収集に関連する追加設定。

JMXデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
Collector.jmx.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.jmx.threadpool 整数 200 スレッドはプールでカウントされます。
コレクター.jmx.timeout 整数 5 JMXデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
Collector.jmx.batch.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、JMXを介して収集されたデータはバッチ処理されます。
Collector.jmx.onebyone.in.batch.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、データ属性はJMXを介してXNUMXつずつ収集されます。
コレクター.jmx.cache.connection.state.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、JMX接続状態がキャッシュされます。
コレクター.jmx.cache.connection ブーリアン TRUE TRUEの場合、JMXキャッシュ接続が有効になります。
コレクター.jmx.cache.connection.max 整数 100 ユーザー名とパスワードを使用したURLごとの最大接続数。 値が1未満の場合、接続数は制限されません。
コレクター.jmx.cache.connection.url.max 整数 10000 キャッシュされた最大のJMX接続URL(ユーザー名+パスワード)。
コレクター.jmx.cache.connection.wait.timeout.in.second 整数 5 空きキャッシュJMX接続を待機するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.jmx.connection.check.period.in.millisecond 整数 0 JMX接続期間(ミリ秒単位)を確認します。 値が0の場合、JMX接続をチェックするためのスレッドは作成されません。
コレクター.jmx.read.timeout.in.seconds 整数 30 RMIおよびJMXMPのJMX読み取りタイムアウト期間(秒単位)(リモートJMXはこの設定ではサポートされていません)。
コレクター.jmx.retry.interval.min.in.second 整数 5 接続の確立を再試行する前の最小間隔(秒単位)。
コレクター.jmx.retry.interval.max.in.second 整数 120 接続の確立を再試行するまでの最大間隔(秒単位)。

Memcachedデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.memcached.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.memcached.threadpool 整数 1 プール内のスレッド数。
コレクター.memcached.timeout 整数 30 Memcachedデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。

Mongoデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.mongo.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.mongo.threadpool 整数 1 プール内のスレッド数。
コレクター.mongo.timeout 整数 30 MongoDBデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。

NetAppデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.netapp.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.netapp.threadpool 整数 5 プール内のスレッド数。
コレクター.netapp.timeout 整数 15 NetAppデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
netapp.cacheExpiry 整数 30 NetApp perf-object-get-instancesがキャッシュされる時間(秒単位)。 0の場合、キャッシュは行われません。
netapp.connection.concurrency 整数 10 単一のホストに許可される同時NetApp接続の数。 値0 =制限なし。
netapp.connection.threadPoolSize 整数 0 NetApp接続に使用するスレッドの総数。 値が0に設定されている場合、この設定では、collector.netapp.threadpoolに設定されている値が使用されます。

Perfmonデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.perfmon.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.perfmon.threadpool 整数 5 プール内のスレッド数。
コレクター.perfmon.timeout 整数 120 Perfmonデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
singlethreadpdh ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、PDHトランスポートテクノロジーではシングルスレッドアクセスのみが許可されます。
見る アクティブな検出設定 影響により SBProxy設定 Perfmonデータ収集に関連する追加設定。

pingデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.ping.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.ping.threadpool 整数 20 プール内のスレッド数。
コレクター.ping.timeout 整数 50 pingデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.ping.asynchronous ブーリアン TRUE TRUEの場合、pingタスクは、コレクターのFSMPingTaskを使用して非同期になります。 FALSEの場合、コレクターのPingPoolTask​​を使用して、pingタスクは非同期ではありません。
コレクター.ping.request.timeout.delta 整数 2 Collector.ping.timeoutと実際の要求タイムアウトの間の実際のタイムアウトデルタ(秒単位)。 FSMタイムアウトの前にタイムアウトを報告するために使用されます。
pingpool.usejava ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、Javapingを使用します。 デフォルトではプロキシpingが使用されますが、sbproxyで問題が発生した場合は、代わりにjavapingを使用できます。
見る SBProxy設定 pingデータ収集に関連する追加設定。

スクリプトデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.script.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.script.threadpool 整数 コレクターのサイズによって異なります。 見る コレクター容量. スクリプトタスクを実行するための最大スレッド数。
コレクター.script.timeout 整数 120 スクリプトデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.script.asynchronous ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、PowerShellスクリプトはSPSEで実行されます。
見る アクティブな検出設定 スクリプトデータ収集に関連する追加設定。

SDKスクリプトのデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.sdkscript.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.sdkscript.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。
コレクター.sdkscript.timeout 整数 120 SDKスクリプトデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
sdkscript.extradependence。 文字列 詳細をご覧ください。 SDKScriptデータ収集メソッドの追加のJAR依存関係。 デフォルトでは、3つのJAR依存関係が定義され、SDKスクリプトにロードされます。 JARは$ AGENTROOT / libに配置する必要があります。

sdkscript.extradependence.1 = logicmonitor-common.jar

sdkscript.extradependence.2 = logicmonitor-util.jar

sdkscript.extradependence.3 = sse.jar

SNMPデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.snmp.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.snmp.threadpool 整数 50 プール内のスレッド数。
コレクター.snmp.timeout 整数 5 SNMPデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.snmp.asynchronous ブーリアン TRUE TRUEの場合、SNMPデータ収集はFSMSNMPタスクとして実行されます。
snmp.get.batch.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、最高のパフォーマンスを得るために、すべてのOIDがXNUMXつのSNMP取得要求で送信されます。 FALSEの場合、SNMP取得OID要求は個別に送信されます。 これにより、パフォーマンスが低下します。
snmp.get.batch.autoDegrade.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、SNMP get OID要求の失敗が自動的に検出され、getメソッドが個々のOID要求にダウングレードされます。 この設定は、snmp.get.batch.enableがTRUEの場合にのみ考慮されます。
snmp.extensibility.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、SNMP4J拡張性が有効になり、長さが4バイトを超えるSNMP整数の解析サポートを提供します。
snmp.ignore.lexicographic.order ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、SNMPwalkは順序が正しくないOIDを返す可能性があり、不定のループが発生する可能性があります。
snmp.pdu.timeout 整数 5 SNMP PDU要求のタイムアウト期間(秒単位)。 原則として、タイムアウト期間が長すぎるとSNMP再試行フレームワークが正しく機能しなくなる可能性があるため、この値を増やすことはできません。 リモートデバイスが応答するのにより多くの時間を必要とする場合にのみ、この値を増やしてください。
snmp.perHost.perSession.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、SNMPv3ホストごとにSNMPセッションが作成されます。 有効にすると、v3ホストの数、CPU、および負荷によっては、多くのSNMPスレッドが発生する可能性があります。
snmp.shareThreads.processThread.count 整数 10 共有時に(snmp.shareThreads.impl.v3.enableを介して)SNMPを介して応答を処理/受信するためにプロビジョニングされたスレッドの最大数が有効になっています。
snmp.shareThreads.sendThread.count 整数 10 共有時に(snmp.shareThreads.impl.v3.enableを介して)SNMP経由で応答を送信するためにプロビジョニングされたスレッドの最大数が有効になっています。
snmp.shareThreads.impl.v3.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、SNMPv3実装の内部スレッドが共有されます。 スレッドとキューの共有グループは、定期的なタスクのスケジューリングではなく、パケットの送信に使用されます。
snmp.shareThreads.impl.v3.initialCheckDelay.minutes 整数 15 ブロックされたポートをチェックするタスクをトリガーする前の初期遅延(分単位)。
snmp.shareThreads.impl.v3.checkInterval.minutes 整数 5 タスクがブロックされたポートをチェックする間隔(分単位)。
snmp.shareThreads.impl.v3.switchport.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、ブロックされたポートが検出されると、別のポートへの自動切り替えがトリガーされます。
snmp.timerThread.count 整数 4 スレッドを共有するときのタイマースレッドの数。
snmp.udp.ratelimit 整数 2000 XNUMXつのSNMPセッションが処理する要求のレート制限(XNUMX秒あたり)。
snmp.walk.batch.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、SNMPGETBULKを使用してSMNPwalkを実装します。 FALSEの場合、GETNEXTが使用されます。
snmp.walk.batch.autoDegrade.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、SNMP GETBULKの失敗が自動検出され、GETNEXTがSMNPwalkの実装に使用されます。
見る アクティブな検出設定 影響により 自動プロパティ設定 SNMPデータ収集に関連する追加設定について。

TCPデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.tcp.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.tcp.threadpool 整数 5 プール内のスレッド数。
コレクター.tcp.timeout 整数 60 TCPデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。

UDPデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.udp.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.udp.threadpool 整数 5 プール内のスレッド数。
コレクター.udp.timeout 整数 60 UDPデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。

Webページのデータ収集設定

プロパティ 種類 デフォルト 製品説明
コレクター.webpage.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.webpage.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。
コレクター.webpage.timeout 整数 30 Webページのデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.webpage.asynchronous ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集メソッドは非同期プロセスとして実行されます。
httpapi.tls.version 文字列 TLSv1.2 groovy用のHTTP接続のTLSバージョン。
http.async.connection.request.timeout 整数 5 接続マネージャーに接続を要求するためのタイムアウト期間(秒単位)。
http.async.default.connectTimeout 整数 5 接続を確立するためのタイムアウト期間(秒単位)。
http.async.default.readTimeout 整数 5 XNUMXつの連続するデータパケット間の非アクティブのタイムアウト期間(秒単位)。
webpage.circular.redirectブーリアン間違った情報WEBPAGEコレクターによる循環リダイレクトフォローを許可します。
ウェブページ.support.rc4.ciphers ブーリアン TRUE TRUEの場合、RC4暗号アルゴリズムがHTTPクライアントでサポートされます。

WMIデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.wmi.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.wmi.threadpool 整数 50 プール内のスレッド数(コレクターのサイズによって異なります)
コレクター.wmi.timeout 整数 120 WMIデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
コレクター.wmi.asynchronous ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集メソッドは非同期プロセスとして実行されます。
コレクター.wmi.property.trim.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、空白はWMIクエリ結果から削除されます。
コレクター.wmi.request.timeout.delta 整数 3 collector.wmi.timeoutと実際の要求タイムアウトの間の実際のタイムアウトデルタ(秒単位)。 FSMタイムアウトの前にタイムアウトを報告するために使用されます。
Discover.instance.wmi.timeout.seconds 整数 30 ポータルの[追加の監視]ダイアログから監視するプロセス/サービスを検索するときに使用されるWMIクエリのタイムアウトの長さ
見る アクティブな検出設定, 自動プロパティ設定, SBProxy設定 WMIデータ収集に関連する追加設定。

Xenデータ収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
コレクター.xen.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、この収集方法はコレクターで有効になります(collector.defines設定でも指定されていると想定)。
コレクター.xen.connect.timeout.in.seconds 整数 10 XenServer接続のタイムアウト(秒単位)。
コレクター.xen.read.timeout.in.seconds 整数 30 XenServer読み取り応答のタイムアウト(秒単位)。
コレクター.xen.threadpool 整数 20 プール内のスレッド数。
コレクター.xen.timeout 整数 600 XenServerデータ収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
xen.pool.concurrency 整数 10 XenServerプールマスターへの同時接続の数。
xen.pool.cachesize 整数 10000 XenServerプールのメトリックキャッシュに保存できるエントリの最大数。
見る 自動プロパティ設定 XenServerデータ収集に関連する追加設定。

イベント収集方法の設定

イベント収集設定は、次の収集方法で編成されています。

グローバルイベントコレクション設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eventcollector.defines 文字列 echo、wineventlog、snmptrap、syslog、logfile、scriptevent、httpevent コレクターによってサポートされるイベント収集メソッドを定義します。

HTTPイベントコレクションの設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eventcollector.httpevent.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、このイベント収集メソッドはコレクターで有効になります(eventcollector.defines設定でも指定されていると想定)。
eventcollector.httpevent.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。

ログファイルのイベント収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eventcollector.logfile.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、このイベント収集メソッドはコレクターで有効になります(eventcollector.defines設定でも指定されていると想定)。
eventcollector.logfile.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。
eventcollector.logfile.autoDetectEncodingBytesThreshold 整数 4096 エンコーディングを検出するときの最大バイト長。
eventcollector.logfile.autoDetectEncodingConfidenceThreshold 整数 90 ファイルエンコーディングが正常に自動検出されたという信頼度のしきい値。 検出信頼しきい値のパーセンテージが≥値の場合、自動検出は成功として扱われます。 範囲は0〜100です。

スクリプトイベントコレクションの設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eventcollector.scriptevent.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、このイベント収集メソッドはコレクターで有効になります(eventcollector.defines設定でも指定されていると想定)。
eventcollector.scriptevent.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。
eventcollector.scriptevent.perCollector.perMin.threshold 整数 1000 コレクターがXNUMX分あたりに生成できるスクリプトイベントの最大数。
eventcollector.scriptevent.perHostThreshold 整数 50 このコレクターのホストごとの最大イベントしきい値
eventcollector.scriptevent.perHost.perMin.threshold 整数 500 このコレクターのホストごとのXNUMX分あたりの最大イベントしきい値。

SNMPトラップイベント収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eventcollector.snmptrap.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、このイベント収集メソッドはコレクターで有効になります(eventcollector.defines設定でも指定されていると想定)。
eventcollector.snmptrap.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。
eventcollector.snmptrap.address 文字列 udp:0.0.0.0 / 162 SNMPトラップのリスニングポート/ IPアドレス。
eventcollector.snmptrap.community 文字列 コミュニティストリング(SNMPv1およびSNMPv2cにのみ適用可能)
eventcollector.snmptrap.security 文字列 公共 ユーザー名の資格情報(SNMPv3にのみ適用可能)。
eventcollector.snmptrap.auth 文字列 SHA 認証アルゴリズム(SNMPv3にのみ適用可能)。 「md5」もここでサポートされています。
eventcollector.snmptrap.auth.token 文字列 これを変更してください 認証用の秘密トークン(パスワードと同様)。 SNMPv3にのみ適用されます。
eventcollector.snmptrap.priv 文字列 aes128 プライバシーアルゴリズム(SNMPv3にのみ適用可能)。 デフォルトのaes128アルゴリズムに加えて、次の値がサポートされています。 aes | 3des | aes128 | aes192 | aes256 | aes192c | aes256c。
eventcollector.snmptrap.priv.token 文字列 これを変更してください プライバシーのための秘密のトークン(パスワードと同様)。 SNMPv3にのみ適用されます。

Syslogイベントコレクションの設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eventcollector.syslog.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、このイベント収集メソッドはコレクターで有効になります(eventcollector.defines設定でも指定されていると想定)。
eventcollector.syslog.max.message.lenth 整数 1024 Syslogが処理する最大メッセージサイズ(バイト単位)。
eventcollector.syslog.multi.thread.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、マルチスレッドSyslogサーバーを有効にします。
eventcollector.syslog.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。
eventcollector.syslog.port 整数 514 Syslogメッセージの受信に使用されるポート。
eventcollector.syslog.queue 整数 10000 Syslogエグゼキュータのキュー容量。
eventcollector.syslog.supportDateFormat。 文字列 詳細をご覧ください。 Syslogイベントの日付/時刻のフォーマット文字列。 デフォルトでは、次の形式ですサポートされています:

1 = MMM dd HH:mm:ss
2 = yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSS
3 = MMM dd HH:mm:ss.SSS z
4 = 'date =' yyyy-MM-dd '、time =' HH:mm:ss
5 = MMM dd yyyy HH:mm:ss
6 = yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSXXX
7 = yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSSSS'Z '
eventcollector.syslog.receive.buffer.size 整数 1048576 SyslogイベントコレクタUDPが受信するバッファサイズ(バイト単位)。

Windowsイベントログの収集設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eventcollector.wineventlog.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、このイベント収集メソッドはコレクターで有効になります(eventcollector.defines設定でも指定されていると想定)。
eventcollector.wineventlog.threadpool 整数 10 プール内のスレッド数。
eventcollector.wineventlog.timeout 整数 120 Windowsイベントログイベント収集タスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
eventcollector.wineventlog.criticalmappings 文字列 批評的、批評的、批評的、批評的 重要なイベントが英語以外の言語でイベントログに報告されている場合は、ローカライズされた文字列をこの設定に追加して、重要な重大度にマッピングします。
eventcollector.wineventlog.enable.single.mode.timeout.count 整数 5 Windowsイベントログ収集のタイムアウトカウントがこの設定に割り当てられた値を超えると、シングルモードが有効になります。 この設定は、イベントcollector.wineventlog.timeout.enable.single.modeがTRUEの場合にのみ考慮されます。
eventcollector.wineventlog.timeout.enable.single.mode ブーリアン TRUE TRUEの場合、タイムアウトカウントがeventcollector.wineventlog.enable.single.mode.timeout.countに割り当てられた値を超えると、シングルモードが有効になります。
eventcollector.wineventlog.interval 整数 120 ワインベントログを収集する間隔。
eventcollector.wineventlog.max.eventitem 整数 500 リクエストごとにフェッチされるイベントの最大数。 この設定の値が0の場合、リクエストごとにすべてのアイテムをフェッチします。
eventcollector.wineventlog.query.delay.time.seconds 整数 30 クエリが遅延する時間(秒単位)。
eventcollector.wineventlog.query.time.range.seconds * 整数 120 各クエリのWindowsイベントログクエリの時間範囲(秒単位)。
お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
ad.snmp.retry4filter.count 整数 3 SNMP ActiveDiscoveryタスクがウォーク結果のフィルタリングを再試行する回数。
ad.snmp.client.retry.count 整数 1 SNMP ActiveDiscoveryタスクが再試行する回数。
ad.snmp.walk.timeout 整数 300 SNMP Active DiscoveryタスクでのSNMPwalkのタイムアウト期間(秒単位)。
ad.snmp.retry4filter.count 整数 3 SNMP ActiveDiscoveryタスクがウォーク結果のフィルタリングを再試行する回数。
Discover.default.timeoutInSec 整数 3600 Active Discoveryタスクのタイムアウト期間(秒単位)。
Discover.delayscheduler.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、Active Discoveryタスクは、discover.delayscheduler.periodInSec設定で定義された遅延で実行されます。
Discover.delayscheduler.periodInSec 整数 60 Active Discoveryタスクのスケジュール遅延(秒単位)。
Discover.history.maxItem 整数 32 メモリに保存されているアクティブディスカバリー履歴アイテムの最大数。
Discover.jdbc.timeoutInSec 整数 120 Active DiscoveryでのJDBCタスクのタイムアウト(秒単位)。
Discover.perfmon.timeoutInSec 整数 120 Active DiscoveryのPerfmonタスクのタイムアウト(秒単位)。
Discover.queue.capacity 整数 5000 * 50 ActiveDiscoveryタスクのキュー容量。
Discover.workers 整数 コレクターのサイズによって異なります。 見る コレクター容量. ActiveDiscoveryの反復に割り当てられたワーカーリソースの数。
Discover.script.timeoutInSec 整数 300 Active Discoveryのスクリプトタスクのタイムアウト(秒単位)。
Discover.wmi.timeoutInSec 整数 120 Active DiscoveryのWMIタスクのタイムアウト(秒単位)。
見る PowerShell設定 ActiveDiscoveryに関連する追加設定。

自動プロパティ設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
autoprops.detectors.order 文字列 wmiDetector、snmpDetector AutoPropertiesが検出される順序。
autoprops.timeout 整数 60 AutoPropertiesタスクのタイムアウト期間(秒単位)。
autoprops.port.timeout 整数 60 NetScan中のポートスキャンのタイムアウト期間(秒単位)。
autoprops.workers 整数 コレクターのサイズによって異なります。 見る コレクター容量. AutoPropertiesのスレッドプールサイズ。
autoprops.history.maxItem 整数 32 メモリに保存されているAutoProperties履歴アイテムの数の最大数。
autoprops.esx.detectedUrlFormats 文字列 https://%s/sdk/vimServiceVersions.xml VMwareESXサーバーの検出に使用されるURL。 リソース名の変数として「%s」を使用します。 複数の値は、コンマ区切りのリストを介してサポートされます。
autoprops.jdbc.connectTimeout 整数 10 JDBC AutoProperties接続のタイムアウト期間(秒単位)。
autoprops.jdbc.queryTimeout 整数 10 JDBC AutoPropertiesクエリのタイムアウト期間(秒単位)。
autoprops.queue.容量 整数 5000 AutoPropertiesタスクのキュー容量。
autoprops.wmi.retry.interval.in.second 整数 5 WMI AutoPropertiesタスクの再試行間隔(秒単位)。
autoprops.wmi.retry.max.times 整数 20 WMIAutoPropertiesタスクの最大再試行回数。
autoprops.wmi.timeout 整数 60 WMI AutoPropertiesタスクのタイムアウト期間(秒単位)。
autoprops.xen.apicheck ブーリアン TRUE TRUEの場合、XenServerはAPIメソッドを介して検出されます。
autoprops.xen.apicheck.workers 整数 4 APIを介してXenServerを検出するためのスレッド数。
autoprops.xen.apicheck.timeout 整数 10 APIを介してXenServerを検出するためのタイムアウト期間(秒単位)。
プロパティ.検出.タスク.タイムアウト 整数 300 プロパティを検出するためのタイムアウト期間(秒単位)。

ConfigSource設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
configcollector.defines 文字列 スクリプト ConfigSource監視方法を定義します。 「スクリプト」のみがサポートされています。
configcollector.postprocess.threadpool 整数 10 構成を後処理するための構成コレクションのスレッドプールサイズ。
configcollector.postprocess.timeout.in.seconds 整数 30 構成後処理のタイムアウト期間(秒単位)。
configcollector.script.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、スクリプトConfigSourceの監視を有効にします。
configcollector.script.threadpool 整数 30 構成収集スクリプトタスクのスレッドプールサイズ。
configcollector.script.timeout 整数 300 構成収集スクリプトタスクのタイムアウト期間(秒単位)。
config.update.timeout.in.millisecond 整数 60_000または1分 構成ファイルの読み取り/書き込みのタイムアウト期間(ミリ秒単位)。
configsource.configuration.max 整数 3145728 報告される構成の最大長(バイト単位)。

クレデンシャルボールトの設定

次の表に、Collectoragent.confで設定する構成プロパティを示します。

プロパティ種類デフォルト製品説明
vault.bypass
ブーリアンTRUEプロパティの値がtrueの場合、ボールトAPI呼び出しは発生しません。
注意:Vault API呼び出しを有効にするには、プロパティをfalseに設定する必要があります。
vault.credentials.cache.expirationtime
整数60このプロパティは、コレクターのボールトキャッシュ内のクレデンシャルの有効期限の値を分単位で指定します。 この時間が経過すると、ボールトキャッシュ内の資格情報は期限切れになります。
vault.credentials.refresh.delay
整数15CredentialVault統合キャッシュの有効期限の更新遅延を秒単位で制御します。
vault.url.cache.enabled
ブーリアン間違った情報このプロパティは、URLキャッシュを有効にするかどうかを指定します。 デフォルトでは、プロパティはfalseに設定されています。 ただし、プロパティがtrueに設定されている場合、コレクターはURLとシークレット値をキャッシュします。 lmvaultプロパティのURLがURLキャッシュで見つかった場合は、それぞれのシークレット値が返されます。それ以外の場合は、API呼び出しが行われてボールトからシークレットがフェッチされます。 このプロパティを「true」に設定すると、APIのレート制限の問題が解決されます。
vault.url.cache.max.size
整数1000このプロパティは、キャッシュに保存されるURLの数を定義します。

CSProxy設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
csproxy.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、CSProxyが有効になります。
csproxy.dns.host 文字列 appproxy.logicmonitor.com CSProxyのDNSホスト。
csproxy.active.time 整数 1 エージェントがプラットフォームの検出を開始するまでの時間(分単位)。
csproxy.santaba.detect.period 整数 1 プラットフォームが検出される間隔(分単位)。
csproxy.switch.time 整数 12 Santabaが使用不可として検出された場合に、コレクターがCSProxyに切り替わるまでの遅延(秒単位)。 これにより、非常に短時間のネットワーク中断の場合の不要な切り替えを回避できます。
csproxy.debug.host 文字列 127.0.0.1 csproxyチェックで使用されるホスト。
csproxy.debug.mode ブーリアン TRUE TRUEの場合、csproxyデバッグモードが有効になります。

LMログ

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
lmlogs.syslog.enabled ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、コレクターでLMログ機能が有効になります。 有効にすると、SyslogEventSourcesは機能しなくなります。
lmlogs.syslog.hostname.format 文字列 IP Syslogメッセージで受信したホスト名をどのように解決するかを決定します。 その他の許容値には、「FQDN」、「HOSTNAME」、および「DO_NOTHING」が含まれます。 (「DO_NOTHING」が設定されている場合、ホスト名は解決されず、受信したホストをリソースIDとして直接追加します。
lmlogs.syslog.property.name 文字列 system.hostname デバイスマッピングに使用するリソースプロパティ
lmlogs.syslog.useTimestampWhenCollectorReceivedLogs ブーリアン 間違った情報 LogicMonitorに送信するsyslogイベントにタイムゾーン情報が含まれていない場合に発生する誤った時間解析を回避するには、TRUEに設定します。
logsource.syslog.filter。 。 。 文字列 これはlmlogsで使用されるフィルターです

どこ:
1)nは1..nからの数です。
2)フィルターは
    i)重大度
    ii)メッセージ
    iii)施設
    iv)アプリケーション
3)操作は
    i)等しい
    ii)より緊急
    iii)notequal
    iv)含む
    v)含まない
    vi)regexmatch
    vii)regexnotmatch
    viii)存在する
    ix)存在しない
    x)より大きい
    xi)より大きい等しい
    xii)未満
    xiii)等しくない

例:logsource.syslog.filter.1.severity.equal = error

フィルタエラーのあるsyslogログ取り込み用にエージェントを設定します。

ロガー設定

ロガー設定はコレクターのロギングを制御します。 これらは、LMログまたはEventSourceとは関係ありません。

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
ロガー.レベル 文字列 info コレクターアクティビティのログのレベル。 追加の許容値には、トレース|が含まれます。 デバッグ| 警告| エラー| 無効にします。
ロガー.出力 文字列 コンソール ロガーが出力する場所を決定します。
logger.level.alerter 文字列 logger.levelに割り当てられた値 アラートコンポーネントに関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.autoprops 文字列 logger.levelに割り当てられた値 AutoPropertiesに関連するCollectorアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.agent 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Collectorコンポーネントに関連するCollectorアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.batchscript 文字列 logger.levelに割り当てられた値 BatchScriptデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.cim 文字列 logger.levelに割り当てられた値 CIMデータ収集に関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.datapump 文字列 logger.levelに割り当てられた値 DataPumpデータ収集に関連するCollectorアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.dns 文字列 logger.levelに割り当てられた値 DNSデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.esx 文字列 logger.levelに割り当てられた値 ESXデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.externalwebpage 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Webページのデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.ipmi 文字列 logger.levelに割り当てられた値 IPMIデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.jdbc 文字列 logger.levelに割り当てられた値 JDBCデータ収集に関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.jmx 文字列 logger.levelに割り当てられた値 JMXデータ収集に関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.memcached 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Memcachedデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.mongo 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Mongoデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.netapp 文字列 logger.levelに割り当てられた値 NetAppデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.perfmon 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Perfmonデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.ping 文字列 logger.levelに割り当てられた値 pingデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.script 文字列 logger.levelに割り当てられた値 スクリプトデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.snmp 文字列 logger.levelに割り当てられた値 SNMPデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
ロガー.レベル.コレクター.s3 文字列 logger.levelに割り当てられた値 AmazonS3データ収集に関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.tcp 文字列 logger.levelに割り当てられた値 TCPデータ収集に関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.udp 文字列 logger.levelに割り当てられた値 UDPデータ収集に関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.webpage 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Webページのデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.wmi 文字列 logger.levelに割り当てられた値 WMIデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.collector.xen 文字列 logger.levelに割り当てられた値 XenServerデータ収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
ロガー.レベル.コントローラー 文字列 logger.levelに割り当てられた値 コントローラコンポーネントに関連するコレクタアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.discover 文字列 logger.levelに割り当てられた値 ActiveDiscoveryに関連するCollectorアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.eventcollector.httpevent 文字列 logger.levelに割り当てられた値 HTTPを介したイベント収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.eventcollector.logfile 文字列 logger.levelに割り当てられた値 ログファイルを介したイベント収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.eventcollector.scriptevent 文字列 logger.levelに割り当てられた値 スクリプトを介したイベント収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.eventcollector.snmptrap 文字列 logger.levelに割り当てられた値 SNMPトラップを介したイベント収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.eventcollector.syslog 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Syslogを介したイベント収集に関連するコレクターアクティビティのログレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.eventcollector.wineventlog 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Windowsイベントログを介したイベント収集に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
ロガー.レベル.モニター 文字列 logger.levelに割り当てられた値 監視コンポーネントに関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.props検出 文字列 logger.levelに割り当てられた値 プロパティ検出に関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
ロガー.レベル.レポーター 文字列 logger.levelに割り当てられた値 レポートに関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.sbproxy 文字列 logger.levelに割り当てられた値 SBProxyに関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
ロガー.レベル.スキャナー 文字列 logger.levelに割り当てられた値 スキャンに関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.scriptproperty 文字列 logger.levelに割り当てられた値 scriptpropertyに関連するCollectorアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
ロガー.レベル.ウォッチドッグ 文字列 logger.levelに割り当てられた値 ウォッチドッグサービスに関連するコレクターアクティビティのログのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
logger.level.webservice 文字列 logger.levelに割り当てられた値 Webサービスに関連するコレクターアクティビティのロギングのレベル。 許容値はトレース|です。 デバッグ| 情報| 警告| エラー| 無効にします。 この設定に値が割り当てられていない場合は、logger.levelに割り当てられた値が使用されます。
reduce.logger.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、ロガー削減タスクが有効になります。
reduce.logger.aggregate.threshold 整数 500 集約するログの最大数。
reduce.logger.cache.number 整数 5 キャッシュ数を減らします。
reduce.logger.cache.expire.mills 整数 600_000 / * 10MIN * / キャッシュの有効期限(ミリ秒単位)。
reduce.logger.schedule.interval 整数 60000 ロガー削減タスクの実行がスケジュールされている間隔(秒単位)。

ネットワークトラフィックフロー(NetFlow)設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
netflow.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、NetFlowモジュールはコレクターで有効になります。
netflow.ports 整数 2055 NetFlowプロトコルデータのUDPリスニングポート。 NetFlowバージョン1,3、5、7、9、およびXNUMXをサポートします。
netflow.sflow.ports 整数 6343 sFlowプロトコルデータのUDPリスニングポート。
netflow.datadir 文字列 ネットフロー HSQLデータベースのパス。
netflow.datadir.maxSizeInMB 整数 10240 NetFlowデータディレクトリの最大サイズ(メガバイト単位)。
netflow.log.maxNumPerMinute 整数 5 NetFlowエラーをログに記録する必要がある頻度。デフォルト値は5です。
netflow.netflow9.templateLife 整数 720 NetFlowバージョン9テンプレートの有効期限(時間単位)。
netflow.topFlowSamples 整数 1000 トップフローの最大サンプル数。 許容範囲は100〜2000です。
netflow.ignoreTimestampValidate ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、コレクターはネットワークフローデバイスの時間情報を無視します。 現在、デフォルトのFALSE値を上書きする必要がある既知のデバイスはSonicwallsのみです。
netflow.nbar.enabled ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、コレクターはapplicationIDとApplicationTypeを解析します。 LogicMonitorEnterpriseおよびCollectorバージョン29.101以降が必要です。
netflow.ipv6.enabled ブーリアン TRUE FALSEの場合、コレクターはIPv6アドレスからのフローを無視します。
netflow.log.largeBytesOrPackets 整数 1073741824 指定された整数よりも大きいパケットまたはバイトでフローをログに記録します。
netflow.use.new.logic ブーリアン TRUE TRUEの場合、マルチスレッドレシーバーロジックが実行されます。 ELSE、シングルスレッドレシーバー。
netflow.threads 整数 1 netflow.use.new.logicがTRUEの場合、ここで指定された数によってNetFlowスレッドの数が決まります。
sflow.threads 整数 1 netflow.use.new.logicがTRUEの場合、ここで指定された数によってsFlowスレッドの数が決まります。
netty.rcv.buff.size 整数 65507 Netflowレシーバーのバッファーサイズ(バイト単位)。
netflow.sqlLog.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、NetFlowHSQLロギングが有効になります。
netflow.max.flow.in.cache 整数 100000 一時キャッシュに保持するフローの最大数。
netflow.max.apprecords.in.cache 整数 100 一時キャッシュに保持するアプリケーションレコードの最大数。
netflow.flowcache.duration 整数 10 フローの継続時間(秒単位)はキャッシュに保持されます。
netflow.appcache.duration 整数 3600 アプリケーションレコードがキャッシュに保持される期間(秒単位)。
netflow.executeCP.timeIntervalInSec 整数 5400 NetFlow HSQL DBチェックが実行される間隔(秒単位)。
netflow.executeCP.datasize 整数 300000000 NetFlow HSQL DBチェックサイズ(バイト単位)。

PowerShell設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
powershell.policy 文字列 RemoteSigned PowerShell実行ポリシー。 その他の可能な値は次のとおりです。 AllSigned | 無制限
powershell.error.action 文字列 持続する 非終了エラーイベントが発生したときに実行するアクションを定義します。

  • 続行=このイベントを通常どおり処理して続行します
  • 無視=イベントを完全に無視します(ターゲットストリームにログに記録しないでください)
  • 問い合わせ=停止するか続行するかを尋ねる
  • SilentlyContinue =このイベントを無視して、続行します
  • 停止=コマンドを停止します
  • Suspend =さらなる診断のためにコマンドを一時停止します(ワークフローでのみサポートされます)
powershell.redirect.exception.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、PowerShell例外は、再スローによってユーザーにメッセージとして渡されます。
powershell.trap.exception.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、PowerShell例外は「トラップ」され、スクリプトによって何が返されるかに関係なく、値0が返されます。
powershell.console.width 整数 80 PowerShellのコンソール画面のバッファー幅(列単位)
powershell.spse.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、スタンドアロンPowerShellスクリプトエンジン(SPSE)が有効になり、すべてのPowerShellスクリプトがSPSEで実行されます。
powershell.spse.executor.reject.sleep.time.in.ms 整数 100 SPSEに要求を送信するための再試行間隔(ミリ秒単位)。 powershell.spse.enableがTRUEの場合にのみ考慮されます。
powershell.spse.process.count.min 整数 3 PowerShellプロセスの最小数。 powershell.spse.enableがTRUEの場合にのみ考慮されます。
powershell.spse.process.count.max 整数 10 PowerShellプロセスの最大数。 powershell.spse.enableがTRUEの場合にのみ考慮されます。
powershell.spse.queue.size 整数 10 レポートされるSPSEタスクのキューサイズ。 powershell.spse.enableがTRUEの場合にのみ考慮されます。
powershell.spse.ad.timeout.in.sec 整数 300 Active DiscoveryコンテキストでのPowerShellスクリプトのタイムアウト期間(秒単位)。 powershell.spse.enableがTRUEの場合にのみ考慮されます。

プロキシとSSLの設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
proxy.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、コレクターは、プロキシーを使用して(LogicMonitorデータセンターに直接接続するのではなく)HTTPプロキシーを介して通信します。 指定された設定。
プロキシ.ホスト 文字列 HTTPプロキシサーバーのIPアドレスを指定します。
プロキシポート 整数 HTTPプロキシサーバーが使用するポートを指定します。
プロキシユーザー 文字列 コレクターがHTTPプロキシーに接続するときに使用するユーザー名を指定します。
proxy.pass 文字列 コレクターがHTTPプロキシーに接続するときに使用するパスワードを指定します。
プロキシ.グローバル ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、コレクターからのESXおよびXENトラフィックはさらにプロキシを介してプッシュされます。 FALSEの場合、プロキシはコレクターとLogicMonitorプラットフォーム間のトラフィックにのみ適用されます。
ssl.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターとLogicMonitorプラットフォーム間の接続はSSLを介して暗号化されます。
EnforceLogicMonitorSSL ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターは、通信を開始するためにLogicMonitorから直接発行された有効なSSL証明書を必要とします。 利用できない場合、コレクターは正しく起動できません。 FALSEに設定すると、このSSL強制が削除され、コレクターとLogicMonitor間の接続のセキュリティが低下します。
見る リモートセッション設定 プロキシに関連する追加設定について。

リモートセッション設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
remotesession.disable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、コレクターに割り当てられているすべてのデバイスでリモートセッション機能が無効になります。
remotesession.proxy.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合(およびproxy.enable設定もTRUEであると想定)、コレクターのリモートセッションは、で構成されたローカルHTTPプロキシを介してリレーサーバーに接続します。 プロキシとSSLの設定。 proxy.enableがFALSEの場合、この設定は無視されます。
remotesession.useproxy.forceSSLCheck ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターはリレーサーバーからの有効なSSL証明書を必要とします。 利用できない場合、リモートセッションの開始に失敗します。 FALSEに設定すると、このSSL強制が削除されます。

SBProxy設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
sbproxy.address 文字列 127.0.0.1 SBProxyサーバーのアドレス。 通常、これは変更しないでください。
sbproxy.connector.容量 整数 コレクターのサイズによって異なります。 見る コレクター容量. コレクターがsbwinproxyおよびsblinuxproxyに並行して送信できる要求の最大数。
sbproxy.downtime.seconds 整数 300 SBProxyがダウンしていると見なされる前に通過する必要がある、最後に受信した応答からの時間(秒単位)。 この設定で許可される値の範囲は300〜1200です。
sbproxy.echo.failed.count 整数 3 sbproxyステータスの失敗カウントを確認します。
sbproxy.linux.threadPoolSize 整数 120 SBProxy要求の処理に最初に使用できるスレッドの最大数。
sbproxy.linux.timeout 整数 30 Linuxサーバー要求を処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。
sbproxy.logsize 整数 64 sbproxy.logのログサイズ
sbproxy.monitor.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、ウォッチドッグはSBProxyを監視します
sbproxy.pdhNoAuthentication ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、PDH認証が有効になります。
sbproxy.port 整数 7211 WatchdogサービスとCollectorサービスの間でSBProxyと通信するために使用されるポート。
sbproxy.process.timeout.thread.count 整数 2 タイムアウトスレッドプールカウント。
sbproxy.restartOn102 ブーリアン 間違った情報 TRUEでWindowsでエラー102が発生した場合、SBProxyはそれ自体を再起動しようとします(PerfmonおよびWMIに適用可能)。
sbproxy.starting.duration.seconds * 整数 60 Collectorの起動後にSBProxyが起動するのにかかると想定される時間(秒単位)。 この期間中、NaNは報告されません。
sbproxy.timeout.queue.size 整数 1024 sbproxyタイムアウトキューのサイズ。
sbproxy.windows.pdhQueueCapacity 整数 200 PDHタスクキューの容量。
sbproxy.windows.pdhTaskTimeout 整数 0 PDHタスク処理のタイムアウト期間(秒単位)。 0に設定すると、タイムアウトは発生しません。
sbproxy.windows.pdhThreadPoolSize 整数 50 PDHタスク処理のスレッドプールサイズ。
sbproxy.windows.queueCapacity 整数 100 Windowssbproxyキューの容量。
sbproxy.windows.taskCommitTimeout 整数 30 受信したタスクをSBProxyの内部処理キューに入れるためのタイムアウト期間。
sbproxy.windows.taskTimeout 整数 0 タスク処理のタイムアウト期間(秒単位)。 0に設定すると、タイムアウトは発生しません。
sbproxy.windows.threadPoolSize 整数 10 PDHまたはWMI以外のタスクのスレッドプールサイズ。
sbproxy.windows.wmiQueueCapacity 整数 200 タスクWMIのタスクキュー容量。
sbproxy.windows.wmiTaskTimeout 整数 0 PDH以外のタスクを処理するためのタイムアウト期間(秒単位)。 0に設定すると、タイムアウトなし
sbproxy.windows.wmiThreadPoolSize 整数 60 WMIタスク処理のスレッドプールサイズ。
sbproxy.wmi.wmi64enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、64ビットWMIが有効になります。
見る ウォッチドッグ設定 SBProxyに関連する追加設定。

SSE設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
sse.log.root 文字列 / logs SSEログファイルの場所。
sse.collectorgroup.restartpolicy.processedtask.count 整数 2000000 SSEコレクターグループが再起動するタスク数。
sse.collectorgroup.spawnpolicy.process.maxcount 整数 1 Collectorグループに対して生成できるSSEプロセスの最大数。
sse.collectorgroup.spawnpolicy.concurrenttask.maxcount 整数 400 コレクターグループのSSEプロセスごとに同時に実行できるタスクの数。
sse.collectorgroup.init.timeout.inSec 整数 40 コレクターSSEプロセスの初期化のタイムアウト(秒単位)。 初期化が失敗した場合、スクリプトタスクはSSEに送信されません。
sse.collectorgroup.jvm.locale文字列EN-USJVMロケールの微調整を許可します。 一部のロケールでは、日付の解析を修正するために微調整が必​​要になる場合があります。
sse.collectorgroup.jvm.threadpool.maxsize 整数 200 CollectorグループのSSE処理の最大スレッド数。
sse.collectorgroup.jvm.heap.minInMB 整数 32 コレクターグループSSEの最小ヒープサイズ(メガバイト単位)。
sse.collectorgroup.jvm.heap.maxInMB 整数 0 値= 0の場合、最大SSEヒープサイズはコレクターサイズに基づいて動的に設定されます。 値が> 0の場合、コレクターのサイズに関係なく、指定された値が最大ヒープサイズとして使用されます。 この設定を考慮するには、sse.collectorgroup.jvm.heap.max.controlByWrapper設定をFALSEに設定する必要があります。
sse.collectorgroup.jvm.metaspace.maxInMB 整数 0 コレクターグループSSEの最大メタスペースサイズ(メガバイト単位)。
sse.collectorgroup.jvm.heap.max.controlByWrapper ブーリアン TRUE TRUEの場合、コレクターの最大ヒープ・サイズは、コレクターのXmx構成によって制御されます。
sse.collectorgroup.required.totalPhysicalMemory.inMB 整数 2048 コレクターホストに必要な物理メモリー(メガバイト単位)。 実際の合計物理メモリがこの値よりも少ない場合、スクリプトはSSEコレクタグループにスケジュールされません。
sse.collectorgroup.processSpawnCountPerMinute.limitation 整数 1 スポーンSSEプロセスが超えてはならないカウント制限(XNUMX分あたり)。
sse.collectorgroup.scheduler.taskqueue.maxsize 整数 10000 SSEエンジンのタスクキューで許可されるタスクの最大数。
sse.collectorgroup.spawnpolicy.loadlevel.small.threshold 整数 200 LogicMonitorがプロセスの負荷が小さいかどうかを判断できるようにするタスクカウントのしきい値(実行中のタスクのカウントと比較して)。
sse.collectorgroup.trustallcerts.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、SSE内のすべての証明書を信頼します。 CollectorからのHTTPS接続に影響します。
sse.restartOn.criticalClassNotFound ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、重要なクラスをロードできないとSSEが再起動します。
sse.runtime.conf.path 文字列 ./../conf/service.conf confパス
sse.script.stopThread.useThreadStop ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、thread.stopメソッドを使用して、SSEスクリプトを強制的に停止します。 このメソッドは非推奨であり、一貫性のない状態の結果として問題が発生する可能性があります。 FALSEの場合、thread.interruptが呼び出されますが、一部のスレッドは停止しない場合があります。
コレクター.script.cache.timeout 整数 30 スクリプトキャッシュデータの有効期限タイムアウト(分単位)。 Collectorバージョン29.100以降で使用できます。

トポロジマッピング設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
eri.global.timeoutInSec 整数 300 ERIグローバルタスクタイムアウト(秒単位)。
eri.history.maxItem 整数 32 履歴結果のようにメモリに保存されるERI履歴項目の最大数。
eri.queue.容量 整数 5000 * 50 ERIタスクキューの容量。
eri.workers 整数 10 ERI要求またはタスクの処理に使用できるスレッドの数。
トポロジ.global.timeoutInSec 整数 300 トポロジタスクのタイムアウト(秒単位)。
トポロジ.history.maxItem 整数 1000 メモリ(キャッシュ)に保存されるトポロジタスク履歴アイテムの最大数。
トポロジ.queue.capacity 整数 250000 トポロジタスクキューの容量。
トポロジー.workers 整数 10 トポロジ要求またはタスクの処理に使用できるスレッドの数。

ウォッチドッグ設定

お名前 種類 デフォルト お問い合わせ内容
watchdog.check.agent.cant.start.interval.time.in.second 整数 240 コレクターが再始動できないことが報告される間隔(秒単位)。
watchdog.check.scheduled.task.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、ウォッチドッグは、コレクターが機能しているかどうかを検出するタスクをスケジュールします。
watchdog.clean.dumperror.interval 整数 10 ウォッチドッグがダンプエラーログをチェックする間隔(分単位)。
watchdog.clean.dumperror.patterns 文字列 sse_err_pid * .log、collector_err_pid * .log、hs_err_pid * .mdmp、hs_err_pid * .log、replay_pid * .log ウォッチドッグは、この設定の値として提供されたパターン(「hs_err_pidXXX.log」など)を使用してダンプエラーログをチェックし、最も古いJavaクリティカルログを削除します。
watchdog.credential.rotation.interval 整数 24 コレクターがLogicMonitorプラットフォームに対して自身を認証するために使用する公的に署名された証明書がローテーションされる間隔(時間単位)。
watchdog.credential.rotation.prohibition 整数 1 資格情報のローテーションが、設定された期間(時間単位)よりも頻繁になることを禁止します。 0に設定すると、禁止はありません。
watchdog.credential.rotation.testmode.in.second 整数 0 テスト目的の資格情報ローテーション間隔(秒単位)。
watchdog.dump.sbproxy.memory.count 整数 1 sbwinproxyの予約メモリダンプファイルの数。 最大許容値は5です。
watchdog.dump.sbproxy.memory.enable ブーリアン 間違った情報 TRUEの場合、ハートビートがタイムアウトすると、sbwinproxyメモリダンプが有効になります。
watchdog.dump.sbproxy.memory.wait.seconds 整数 30 sbwinproxyメモリへのダンプが完了するまでの時間(秒単位)。
watchdog.feed.renew.interval.in.second 整数 10 最新の情報を取得するためにサーバーからのフィードをロードする必要があるかどうかを確認する間隔(分単位)。
watchdog.hang.ival 整数 600 ウォッチドッグのメインループがハングしているかどうかを確認するための間隔(秒単位)。
watchdog.keep.alive.timeout.in.second 整数 60 コレクターからのキープアライブ応答を読み取るためのタイムアウト期間(秒単位)。
watchdog.report.version.interval.in.second 整数 300 コレクターのバージョンを報告する間隔(秒単位)。
watchdog.restart 整数 0 ウォッチドッグ間隔(時間単位)を再開します。 0に設定すると、ウォッチドッグは再起動されません。
watchdog.restart.blocked.collector.enable ブーリアン TRUE TRUEの場合、ウォッチドッグはブロックされたコレクターを再起動できます。
watchdog.status.port 整数 7213 ウォッチドッグステータスリスニングポート(つまり、コレクタサービスがウォッチドッグサービスと通信するためのポート)。
watchdog.stop.then.start.agent.interval.seconds 整数 5 コレクターを再起動するときにウォッチドッグがコレクターの開始を待機する遅延時間(秒単位)。
watchdog.wait.agent.start.time.inseconds 整数 45 ウォッチドッグがコレクターのチェックを開始するためのコレクター開始後の遅延時間(秒単位)。

記事上で