サポートセンターホーム


ウェブサイトアラート

概要

LogicMonitorは、指定された数のチェックがXNUMXつ以上の場所で失敗した後、Webサイトでアラートを生成できます。 アラートがトリガーされる方法とタイミングは、Webサイトごとに構成されます。

アラートトリガー設定の構成

次の図に示すように、アラートトリガー設定は、WebチェックまたはPingチェックの[追加または管理]ダイアログの[アラートトリガー]セクションから構成されます。

アラートをトリガーするための設定は、WebチェックまたはPingチェックを追加するかどうか、およびWebチェックまたはPingチェックが外部チェックポイントまたは内部コレクターからのものであるかどうかによってわずかに異なります。 (アラートを設定するチェックのタイプに固有の手順については、 個別サポート記事.)

ウェブサイトの計算方法は次のとおりです。
チェックがアラートの生成に失敗しなければならない最小時間は、次のように計算されます。
(失敗したチェックの数– 1)x(website_checks_every_time = 10分)

例:
7回連続してチェックに失敗した後にアラートを生成するようにWebサイトを構成した場合、アラートは(7-1)x 10 = 60分後に送信されます。 したがって、チェックが最低60分間継続して失敗すると、アラートが生成されます。 また、チェックが60分以上合格すると、アラートはクリアされます

Webサイトアラートの表示

LogicMonitorインターフェイス内には、Webサイトのアラートを表示できる場所がXNUMXつあります。

  • アラートページ。 [アラート]ページには、Webサイトのアラートを含むがこれに限定されない、LogicMonitorアカウントのすべてのアクティブなアラートが表示されます。 (このページの詳細については、を参照してください。 アラートページからのアラートの管理.)
  • [アラート]タブ。 特定のWebサイトチェックまたはWebサイトチェックグループ(グループにチェックインアラートが含まれている場合)のWebサイトアラートは、次に示す[アラート]タブにも表示されます。 [アラート]タブは、基本的に[アラート]ページのフィルターされたビューを提供し、選択したエンティティに対してのみアクティブなアラートを表示するように事前にフィルターされています。 Webサイトの[アラート]タブにはWebサイトに固有のフィルターがいくつかありますが、機能はLogicMonitorインターフェイス全体にある[アラート]タブ(特定のデバイス、インスタンス、EventSourceなどの[アラート]タブなど)とほぼ同じです。 ([アラート]タブの機能の詳細については、を参照してください。 [アラート]タブ.)

Webサイトアラートメッセージのカスタマイズ

(LogicMonitorインターフェイス内にアラートとして表示するだけでなく)アラートルールを介して配信することを選択したWebサイトアラートの場合、送信されるメッセージをグローバルにカスタマイズできます。 Webサイトアラートのメッセージテンプレートは、次のURLで入手できます。 設定| メッセージテンプレート| 警告メッセージ。 次に示す(そして説明する)ように、XNUMXつのWebサイトアラートテンプレートがあります。

  • ウェブサイトアラート。 このテンプレートは、個々の場所でのチェックに基づいてトリガーされるアラートの通知を制御します。
  • ウェブサイト全体のアラート。 このテンプレートは、複数の場所でのチェックに基づいてトリガーされるアラートの通知を制御します。

注意: アラートメッセージテンプレートのカスタマイズの詳細については、を参照してください。 警告メッセージ.

注意: アラート通知メッセージはトークンをサポートします。 Webサイトのアラートに使用できるトークンを表示するには、を参照してください。 LogicModuleアラートメッセージで使用可能なトークン。

記事上で