サポートセンターホーム


Cisco Intersight モニタリング

概要

LogicMonitorは、Cisco Intersightに組み込みのモニタリングカバレッジを提供し、それに加えて追加の CiscoHyperFlexモニタリング。 具体的には、Cisco Intersightモニタリングパッケージは、アラーム、セキュリティアドバイザリ、およびライセンスに焦点を当てると同時に、Intersightが可能にするHyperFlexクラスタの固有の機能(容量滑走路の見積もりなど)に関する洞察も提供します。

CiscoIntersightのRESTAPIは、このパッケージで広く使用されています。 このAPIの詳細については、を参照してください。 Cisco Intersight RESTful API.

互換性

2020年XNUMX月の時点で、LogicMonitorのCiscoIntersightパッケージは以下と互換性があることがわかっています。

  • Intersight RESTAPIのバージョン1

CiscoがCiscoIntersightの新しいバージョンをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

依存関係を満たす

  • この監視パッケージは、このバージョンに含まれている最新の認証プロトコルを利用するため、LogicMonitorCollectorバージョン28.606以降が必要です。
  • LogicMonitorコレクターにアクセスを許可する必要があります https://{ACCOUNTID}.intersight.com.
  • Cisco Intersightは、Essentials層ライセンス以上で実行されている必要があります。

モニタリングへのリソースの追加

Intersightホストを監視に追加します。 これはサービスであり、監視に追加する物理リソースがないため、新しいリソースを手動で作成する必要があります。 IntersightサービスのURLを使用してリソースに名前を付けます(たとえば、 https://{ACCOUNTID}.intersight.com)。 監視にリソースを手動で追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を取得する

LogicMonitorは、Intersight APIのデータに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの認証情報は、Essentials以上のライセンスを取得したIntersightポータルに属し、APIキーデータで構成されている必要があります。

APIキーを作成し、からダウンロードする必要があります https://intersight.com/an/settings/api-keys/。 次のセクションで説明するように、このAPIキーID(およびシークレット)は、LogicMonitorのリソースのプロパティとして入力する必要があります。

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のCiscoISEリソースに設定する必要があります。 セキュリティ要件に応じて、ファイルへの参照を介して、またはテキストとしてAPIキーシークレットを提供するオプションがあります。

LogicMonitorでリソースのプロパティを設定する方法の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
cisco.intersight.account.id から入手できるアカウントID 設定|アカウントの詳細 IntersightUI内のページ。
cisco.intersight.key.id 上記のセクションで取得したAPIキーID。
cisco.intersight.secret.location ディスク上のAPIキーファイルの場所(たとえば ../keys/intersight.txt)。 このプロパティは、次の場合は必要ありません。 cisco.intersight.secret.key プロパティが設定されます。
cisco.intersight.secret.key エクスポートされたAPIキーファイルの全文コンテンツ。 このプロパティは、次の場合は必要ありません。 cisco.intersight.secret.location プロパティが設定されます。
system.categories CiscoIntersight(この値は、によって自動的に追加される必要があります addCategory_CiscoIntersight PropertySourceですが、必要に応じて手動で追加できます)。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのCisco IntersightLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

考慮事項/警告

Intersight Essentialsライセンスの有効期限が切れると、APIは、ライセンスの有効期限に関連する問題など、さらなる問題についてレポートすることができなくなります。 Intersightパッケージは有効期限(14日前と7日前)を警告しますが、ライセンスの有効期限が切れると、LogicMonitorは自動診断の観点から提供できるものに制限されます。

トラブルシューティング

アクティブディスカバリーまたはデータ収集中の一貫したHTTP障害。これは、 テストスクリプト データソース定義で使用可能なボタンは、通常、ファイアウォールまたはDNSの問題を示唆しています。 サポートに連絡する前に、Intersightリソースに割り当てられたコレクターがアカウントのIntersightポータルにアクセスできることを確認してください。

パッケージ内のLogicModules

Cisco Intersight用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
addCategory_CiscoIntersight プロパティソース リソースがCiscoIntersightリソースであるかどうかを識別し、「CiscoIntersight」の値をに割り当てます。 system.categories プロパティ。
CiscoIntersightライセンス データソース CiscoIntersightのライセンス情報と有効期限。
Cisco IntersightHyperflexクラスタ データソース CiscoIntersight上のHyperFlexのクラスタ情報。 容量滑走路などのIntersightメトリックが含まれます。
Cisco IntersightHyperflexアラーム イベントソース CiscoIntersightのHyperFlexアラームを返します。
CiscoIntersightセキュリティアドバイザリ イベントソース CiscoIntersightのすべてのセキュリティの逆境を返します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で