CouchbaseServerの監視

最終更新日: 07 年 2023 月 XNUMX 日

LogicMonitorは、同時ユーザーにサービスを提供するアプリケーション向けに最適化されたドキュメント指向のNoSQLデータベースソフトウェアパッケージであるCouchbase Server(旧称Membase)のすぐに使用できる監視を提供します。 Couchbase Server用のLogicModuleパッケージは、Couchbase Server REST APIにアクセスして、自動フェイルオーバーイベント、バケットパフォーマンス、ノードステータス、プールパフォーマンスなどを監視します。

互換性

2020 年 6.5 月現在、LogicMonitor の Couchbase Server パッケージは Couchbase Server REST API XNUMX と互換性があります。

セットアップ要件

依存関係を満たす

  • 各CouchbaseServerでRESTAPIアクセスを有効にする必要があります。 見る Couchbase RESTAPIリファレンス.
  • LogicMonitorコレクターはポート8091にアクセスできる必要があります。 Couchbase APIがデフォルトのポート(8091)を使用するように設定されていない場合、オプション couchbase.port プロパティはリソースに設定できます( リソースへのプロパティの割り当て セクション)デフォルトを上書きするには、このポートにコレクターがアクセスできる必要があります。

モニタリングへのリソースの追加

CouchbaseServerホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を取得する

LogicMonitorは、Couchbase Serverデータに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの認証情報はAPIユーザーに属している必要があります。 ユーザーアカウントには読み取り専用のアクセス許可のみを設定することをお勧めします。

読み取り専用ユーザーは、 /settings/readOnlyUser URI エンドポイント。 読み取り専用ユーザーは XNUMX 人だけ作成できます。 Couchbase Server を参照してください ユーザー、グループ、およびロールの管理 のドキュメントで詳しく説明されています)。

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のCouchbaseServerリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ必須?
ソファベース.ユーザーCouchbase RESTAPIユーザー名。必須
カウチベース.パスCouchbase RESTAPIパスワード。必須
カウチベース.ポートAPIポート。 デフォルトでは、LogicMonitorはポート8091を使用しますが、このプロパティを設定することでこれを上書きできます。オプション

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのCouchbase ServerLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

パッケージ内のLogicModules

LogicMonitor の Couchbase Server 用パッケージは、以下の LogicModule で構成されています。 完全にカバーするには、これらの LogicModules がすべて LogicMonitor プラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名種類説明
addCategory_CouchbaseコンソールプロパティソースCouchbaseコンソールがポート8091(またはオプションの場合はカスタムポート)に存在するかどうかを確認します couchbase.port プロパティが構成されます)。 見つかった場合、「CouchbaseConsole」をコンソールの system.categories プロパティ。
CouchbaseServerの自動フェイルオーバーデータソース有効になっている場合は、Couchbaseの自動フェイルオーバーイベントを検出します。 を参照してください 自動フェイルオーバー監視 自動フェイルオーバー監視の重要な詳細については、セクションを参照してください。
CouchbaseServerバケットデータソースIOPS、スループット、CPU、メモリ、クォータ、キューの深さ、バケット化されたアイテムなど、CouchbaseBucketのパフォーマンスメトリックを監視します。
CouchbaseServerノードデータソースクラスターの状態、メモリ使用量、稼働時間のステータスなど、さまざまなCouchbaseノードのステータス情報。
CouchbaseServerプールデータソースCouchbaseプールを監視して、メモリの詳細、メモリとストレージの使用率、およびプールストレージを確認します

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

自動フェイルオーバー監視

  Couchbase Server Auto Failover DataSourceは、CouchbaseServerの自動フェイルオーバーポリシーに基づいてフェイルオーバーカウントを報告します。 見る 自動フェイルオーバー.

自動フェイルオーバーノードの最小値はサービス固有であり、次の表に概要が示されています。

カスタマーサービス必要な最小ノード
且つ3
クエリー2
インデックス「鑑定対象外」
を検索2
アナリティクス2
イベンティング2
記事上で