サポートセンターホーム


インターフェイス帯域幅レポート

はじめに

インターフェイス帯域幅レポートには、インターフェイスのインバウンドスループットとアウトバウンドスループットの最大値と平均値が表示されます。 この情報は表形式のデータ形式で表示され、さらにインターフェイスごとのグラフを含めることができます。 このレポートの柔軟性により、複数のインターフェイスのグラフと数値データを同時に表示できるため、デバイスのグループ全体で最近のインターフェイスメトリックをすばやく確認するのに役立つ場合があります。

注意: Interfaces-DataSourceの名前を変更すると、InterfaceBandwidthレポートはインターフェイス情報を適切にプルしません。 Interface Bandwidthレポートを使用したいが、Interfaces- DataSource名をカスタマイズする必要がある場合は、DataSourceのクローンを作成し、クローンの名前を編集するだけです。

インターフェイス帯域幅レポートの設定

インターフェイス帯域幅レポートを設定するには、 レポート| 追加| レポート| インターフェイスの帯域幅。 さまざまなレポート設定を構成できるレポートダイアログが表示されます。

すべてのレポートタイプに共通の設定の構成

レポートダイアログにある最初のXNUMXつの設定(役職, 製品説明, グループ, フォーマット, レポートへのアクセス)、最終設定(スケジュールに従ってこのレポートを生成する)、すべてのレポートタイプに共通です。 これらのグローバルレポート設定の詳細については、を参照してください。 レポートの作成と管理.

インターフェイス帯域幅レポート設定の構成

レポート構成ダイアログの[インターフェイス帯域幅レポート設定]領域で、追跡するメトリックと、それらを追跡するリソースを指定します。

時間範囲

このフィールドには、このレポートのデータがプルされる期間を示します。

リソースグループ/リソース

ノーザンダイバー社の リソースグループ or リソース フィールドに、XNUMXつ以上のリソースグループまたはリソースを指定して、このレポートが適用されるリソースを制限します。 これらのフィールドでは、明示的な名前またはglob式を使用できます。

注意: このフィールドでは、マルチグローブルックアップを使用できます。 globと個別の値の両方の組み合わせを選択して、リソース/リソースグループを指定できます。 LogicMonitorによるglobのサポートの詳細については、を参照してください。 アカウント全体でGlobを使用する.

トップ10のみ

このオプションをオンにすると、レポートの結果が上位XNUMX個の値に制限されます。

1024単位でスケーリング

デフォルトでは、グラフは1000の単位でスケーリングされます。このオプションをオンにすると、単位が1024でスケーリングされます。

レポート形式

レポートをテキストのみにするか、埋め込みグラフ(インターフェイスごとにXNUMXつのグラフ)を含めるかを選択します。

サンプル出力

記事上で