サポートセンターホーム


IPMIサポート

概要

IPMIセンサーをサポートするホストの場合、LogicMonitorはそのデータを収集し、監視に統合できます。

セットアップ要件

必要なのは、ホストでIPMIを有効にし、LogicMonitor内で監視されているリソースにあるipmi.userプロパティとipmi.passプロパティにIPMI資格情報を設定することだけです。 LogicMonitorの監視にホストを追加した後でホストでIPMIを有効にすると、アクティブディスカバリーを手動でトリガーして、IPMI情報を検出するプロセスを高速化できます。

注意: IPMIデバイス(つまり、DRAC)には通常、ホストのIPアドレスとは異なる独自のIPアドレスがあります。 そのため、これらは個別のデバイスとして監視に追加する必要があります。

トラブルシューティング

IPMI情報が、利用可能であると予想されるホストに表示されない場合は、次のことを確認してください。

  • IPMIは、ホストまたはホストの管理カードで有効になっています。 多くの場合、IPMIサポートはデフォルトで無効になっています。
  • ホストのIPMI構成で指定されたIPMIユーザーはリモート接続が許可されており、このユーザーの資格情報がLogicMonitorのプロパティとして正しく入力されていること。

    注意: 製造元によっては、IPMI情報にアクセスするために、一部のデバイスで管理者レベルのユーザーアカウントが必要になる場合があります。 必要な資格情報の詳細については、デバイスの製造元に問い合わせてください。

  • IPMIポート(UDPポート623)からコレクターをブロックするファイアウォールはありません。
  • あなたは定義されています スクリプトEventSource IPMIイベントログメッセージを受信します。

IPMILogicModulesのインポート

現在ポータルにIPMILogicModulesがインストールされていない場合(または最新バージョンがない場合)、次のことができます。 それらをインポートする LogicMonitorリポジトリから。

記事上で