サポートセンターホーム


ウェブサイトグループリソースについて

Webサイトグループリソースを使用すると、LogicMonitorWebサイトグループをプログラムで管理できます。

リソースURI:

/ service / groups

リソースのプロパティ:

すべてのWebサイトグループには、次のプロパティがあります。

プロパティ

製品説明

種類

id グループのID 整数 「id」:14
グループの名前 文字列 「名前」:「QA」
説明 グループの説明 文字列 「説明」:「内部サービスチェック」
停止監視 true:グループ内のWebサイトの監視が無効になっています
false:グループ内のWebサイトの監視が有効になっています
If 停止監視= trueの場合、グループ内のWebサイトのアラートもデフォルトで無効になります
ブーリアン 「stopMonitoring」:false
無効にするアラート true:グループ内のWebサイトのアラートが無効になっています
false:グループ内のWebサイトに対してアラートが有効になっています
If 停止監視= trueの場合、グループ内のWebサイトのアラートもデフォルトで無効になります
ブーリアン 「disableAlerting」:false
親ID 親グループのID。 parentId = 1の場合、グループはルートグループの下に存在します。 整数 「parentId」:1
アラートステータス グループ内のWebサイトに現在アラートがあるかどうか、およびアラートが確認されているかどうかを示すステータス。 このステータスプロパティには、次の形式のXNUMXつの値があります。
{acknowledged} – {alertLevel}、ここで
承認済み:確認済み| 未確認
alertLevel:警告| エラー| クリティカル
文字列 「alertStatus」:「なし」
sdtステータス グループまたはグループ内のWebサイトにSDTが設定されているかどうかを示すステータス。 このステータスプロパティには、次の形式のXNUMXつの値があります。
「{serviceGroupSDT} – {serviceSDT} –なし」。ここで、serviceGroupSDTとserviceSDTは「SDT」または「none」のいずれかになります。
文字列 「sdt​​Status」:「none-none-none」
alertDisableStatus グループまたはグループ内のWebサイトのアラートが無効になっているかどうかを示すステータス。 このステータスプロパティには、次の形式のXNUMXつの値があります。
「{serviceGroupAlertingDisabled} – {serviceAlertingDisabled} –なし」。ここで、serviceGroupAlertDisabledとserviceAlertDisabledは「無効」または「なし」のいずれかになります。
文字列 「alertDisableStatus」:「none-none-none」
hasServicesDisabled true:グループ内のXNUMXつ以上のWebサイトで監視が無効になっています(停止監視:true)

false:グループ内のどのWebサイトでも監視が無効になっていません(停止監視:true)

ブーリアン 「hasServicesDisabled」:false
numOfServices このグループおよびこのグループ内のサブグループ内のWebサイトの数 整数 「numOfServices」:4
userPermission 書く| 読む| ack
APIリクエストを行ったユーザーの権限レベル
文字列 「userPermission」:「write」
serviceProperties グループに設定されたプロパティ(継承されたプロパティは含まれません) JSONオブジェクト “ serviceProperties”:[{“ name”:“ billing”、” value”:“ website”}]
numOfDirectServices このグループのWebサイトの数(サブグループのWebサイトを除く) 整数 「numOfDirectServices」:4
testLocation グループ内のWebサイトが監視されている場所。 場所は次のとおりです。
1:米国– LA
2:米国– DC
3:米国– SF
4:米国– DC
5:ヨーロッパ–ダブリン
6:アジア–シンガポール
testLocation:” {all:true}”は、ウェブサイトがすべてのチェックポイントの場所から監視されることを示します
testLocation:” {smgIds:[1,2,3]}”は、Webサイトがチェックポイントの場所1、2、および3から監視されることを示します。
JSONオブジェクト “ testLocation”:“ {“ all”:true}”
フルパス グループのフルパス 文字列 「fullPath」:「QA /テスト」
サブグループ Webサイトグループのサブグループのリスト。 JSONオブジェクト 「subGroups」:[{「id」:15、「name」:「Tests」、「userPermission」:「write」、「disableAlerting」:false、「stopMonitoring」:false、「hasServicesDisabled」:false、「numOfServices」: 0、” numOfDirectServices”:0、” alertDisableStatus”:“ none-none-none”、” alertStatus”:“ none”、” sdtStatus”:“ none-none-none”、” fullPath”:“ QA / Tests”、 ” description”:“”}]

記事上で