サポートセンターホーム


ピュアストレージモニタリング

ピュアストレージは、オールフラッシュデータストレージのハードウェアおよびソフトウェア製品を開発しています。 LogicMonitorは、PureStorageアレイのパフォーマンス統計を監視するためのスイートを提供します。

互換性

2020年1月の時点で、LogicMonitorのPure Storageパッケージは、Pure Storage REST APIバージョン1.5(2以降)を公開しているPureStorageデバイスと互換性があります。 バージョン1.xは現在サポートされていません。 APIにアクセスするすべてのLogicModuleは、デフォルトでXNUMX.x RESTAPIの利用可能な最高バージョンを使用します。

  • このパッケージのLogicModuleは、Pure Storage RESTAPIを使用します。 彼らのドキュメントを参照してください こちら.
  • アレイ全体のパフォーマンス統計は、SNMPを使用して抽出されます。 SNMPのみを構成するには、次のモジュールが必要です。 PureStorage_Performance.

セットアップ要件

デバイスへの読み取り専用アクセス権を持つ新規または既存のユーザーが必要になります。 PureStorageの構成に応じて、これはデバイス自体でローカルに作成される場合と、ActiveDirectoryまたはLDAP統合を介して外部で作成される場合があります。

Credentials

Purity GUIまたはCLIを使用して、アカウントのAPIトークンを作成します。

  • Purity GUIで、 システム>ユーザー> APIトークンの作成
  • CLIで、次のコマンドを実行します。 pureadmin create --api-token

トークンは次のようになります。 523eb429-7432-3425-bb12-5fe45ba66416

仕事の内容 製品説明
ピュア・ストレージ.apitoken.pass ピュアストレージAPIトークン

PureStorageAPIトークンをデバイスに関連付ける デバイスプロパティとして追加する 名前の ピュア・ストレージ.apitoken.pass。 トークンの作成については、PureStorageのドキュメントを参照してください こちら.

ポート

テクノロジースイートで使用されるポートを入力します。

実験概要 ポート 製品説明
TCP 443 RESTサービスへのアクセス
UDP 161 SNMP(オプション)

考慮事項

このパッケージのモジュールを機能させるには、次のPropertySourcesをインストールする必要があります。

  • addCategory_PureStorage
  • PureStorage_ArrayInfo
  • PureStorage_API_Versions

トラブルシューティング

このパッケージには、セットアップ中に問題が発生した場合にのみ表示されるトラブルシューティングモジュールが含まれています。 問題がある場合、モジュールは問題を表示するトラブルシューティングインスタンスを作成する必要があります。

セットアップの問題の例には、資格情報の誤りや互換性のないAPIバージョン(古い機器など)が含まれます。

パッケージ内のLogicModules

ピュアストレージ用のLogicMonitorのパッケージには、次のLogicModuleが含まれています。 これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

お名前 種類 製品説明
addCategory_PureStorage プロパティソース system.categories = PureStorageを適切なデバイスに追加します。 また、APIトークンが正しくないと思われる場合に適用する、トラブルシューティングデータソースのauto.propertyを追加します。
addERI_PureStorage プロパティソース トポロジマッピングの目的で、Pure StorageERIおよびStorageNodeERTを設定します。
ボリューム使用率 データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageボリューム使用率。 一部のシステムはshared_spaceを返しません。
ボリュームパフォーマンス(古いAPIバージョン) データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageボリュームのパフォーマンス。
ボリュームパフォーマンス データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageボリュームのパフォーマンス。
温度センサ データソース RESTAPIによって提供されるPureStorage温度ステータス。
PureStorage_ArrayInfo プロパティソース 基本的なaddCategory_PureStoragePropertySourceから意図的に分離しました。
PureStorage_API_Versions プロパティソース 基本的なaddCategory_PureStoragePropertySourceから意図的に分離しました。 サポートされているAPIバージョンを検索します。主に、データ出力が変更されたりバージョンが削除されたりした場合に将来参照できるようにします。
PureStorageのトラブルシューティング データソース セットアップに問題がある場合に表示されます。
ドライブの状態 データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageアレイのパフォーマンス。 一部のシステムは「劣化した」値を返しません。
コンポーネントのステータス データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageコンポーネントのステータス。
アレイの使用率 データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageアレイの使用率。 APIがv1.7以下の場合、パリティはNaNになります。
アレイパフォーマンスSNMP データソース SNMPを介したPureStorageアレイのパフォーマンス。
アレイのパフォーマンス データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageアレイのパフォーマンス。 APIがv1.9以下の場合、san_usec_per_read_op、san_usec_per_write_opはNaNになります。
アレイコントローラー データソース RESTAPIによって提供されるPureStorageアレイコントローラーのステータス。
PureStorage_Topology トポロジーソース ピュアストレージトポロジを生成します。

このパッケージによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で