LogicMonitorの価格とサービスパッケージ

アプリケーションから
完全な可観測性プラットフォーム。

プロ

ハイブリッドモニタリング

オンプレミス、クラウド、およびハイブリッド環境向けのLogicMonitorのクラウドベースのインフラストラクチャ監視プラットフォームへのフルアクセス。 自動化された展開と構成、インテリジェントなアラート、カスタマイズ可能を開始します。

最適な用途:

最大199台までのデバイスが対象

デバイスは、パフォーマンスデータを照会できるIPアドレスまたはDNS名です。

一括購入特別価格あり

企業

完全な可観測性

オンプレミス、クラウド、およびハイブリッド環境向けのLogicMonitorのクラウドベースのインフラストラクチャ監視プラットフォームへのフルアクセス。 自動化された展開と構成、インテリジェントなアラート、カスタマイズ可能を開始します。

最適な用途:

200台以上のデバイスが対象

デバイスは、パフォーマンスデータを照会できるIPアドレスまたはDNS名です。

一括購入特別価格あり

LogicMonitorの価格に関するFAQ

デバイスとは何ですか?

サーバー、ネットワーク機器、ストレージ機器など、ネットワーク内の機器。 LogicMonitorでは、各デバイスは単一の管理IPアドレス(またはDNS名)で表されます。 デバイスは、クラウドだけでなく複数の物理的な場所にある可能性があります。 LogicMonitorの観点からは、それらがクラウドにあるか、リモートデータセンターにあるか、または上記の任意の組み合わせであるかは関係ありません。 インフラストラクチャの一部である場合は、監視する必要があります。

エージェントレス監視プラットフォームとは何ですか?

あなたにとって、これは迅速で簡単な展開を意味します。 LogicMonitorでは、各クライアントのデバイスにエージェントを手動でインストールする必要はありません。 むしろ、各場所の高可用性サーバーに単一のLogicMonitorコレクター(XNUMX分未満で完了するプロセス)をインストールするだけで、残りのデバイスと自動的に通信できるようになります。

オンプレミス監視に対するSaaSの利点は何ですか?

LogicMonitorは、監視の面倒な作業を行いたいと考えています。 これには、ソフトウェアの更新、ダウンロード、および可用性の懸念からの解放が含まれます。 LogicMonitorのデータ収集は各クライアントのインフラストラクチャ内で行われますが、データの保存、処理、分析など、その他すべては私たちの側で行われます。 結果? コストのかかるメンテナンスや構成のオーバーヘッドなしに、すべてのインフラストラクチャ情報(クラウド、オンプレミス、ハイブリッド)をXNUMX枚のガラス板から表示できます。

アクティブディスカバリーとは何ですか?

新しいインスタンスが検出される定期的なプロセス。 インスタンスは、サーバー内のディスクやスイッチ上のインターフェイスなど、情報を収集できるデバイスの個々のコンポーネントです。 これは自動監視の重要なコンポーネントであり、監視範囲がインフラストラクチャとともに拡大することを保証します。 Active Discoveryは、仮想化スタック上に作成された新しいVMがそれぞれ監視されること、またはストレージシステムに追加された新しいボリュームが使用率と遅延について監視されることを保証します。 Active Discoveryがないと、本番環境に変更を加えるたびに監視インスタンスを更新することを忘れないでください。

ProとEnterpriseの違いは何ですか?

Pro Packageは、クラウド、オンプレミス、およびハイブリッド環境の統合カバレッジのための自動化されたSaaSベースの監視へのフルアクセスを提供します。 これには、2000を超える組み込みの監視統合、テクニカルエンジニアのサポート、Active Discoveryによる自動構成、インテリジェントアラート、カスタマイズ可能なダッシュボードなどが含まれます。

Enterprise Packageは、Proのすべてと最先端のAIOps機能を提供します。 これらのAIベースの機能は、根本原因の分析、予測、動的なしきい値、およびプロアクティブな操作の異常検出を提供します。 LogicMonitorのエンタープライズパッケージは、IT運用の早期警告システムを提供し、問題が発生する前に防止し、インフラストラクチャまたはアプリケーションで問題が発生した場合のトラブルシューティングを合理化します。

APM トレースはスパンで測定されます。 とは
スパン?

スパンとは、開始時刻と終了時刻を持つシステムで完了する個々のトランザクション単位の作業を指します。 これらには、関数、データベース呼び出し、起動スクリプトなどを含めることができます。親子関係を持つ複数のスパンがリンクされて、トレースが構成されます。 スパンは月単位で購入でき、LM APM ライセンスを使用して LogicMonitor ポータルに送信できます。

APM メトリクスはデータポイントで測定されます。 何
プッシュまたは OpenMetric データポイントを構成しますか?

Push および OpenMetric 定義のデータポイントは、監視中に収集される時系列データです。 それぞれの固有のメトリック (応答時間や CPU など) は、LogicMonitor 内の時系列グラフで線として視覚化されるデータポイントです。 すべてのデータポイントは、どの情報が (特定のイベントまたは間隔で) 収集され、保存、処理され、アラートに使用できるかを定義します。 メトリクスにはインスタンス (CPU0、CPU1 など) がある場合があり、個別のデータポイントとして扱われます。 Push および OpenMetrics データポイントは、月単位のブロックで購入し、LM APM ライセンスを使用して LogicMonitor に送信できます。

APM Synthetics は呼び出しで測定されます。
合成呼び出しとは何ですか?

合成呼び出しとは、Selenium スクリプト化された合成テストの個別の実行を指します。 ユーザーは、Synthetic テストを作成してアップロードし、特定のポーリング間隔を設定できます。 合成テストは、複数の場所やブラウザーから同時に実行される可能性があり、追加の呼び出しが作成されます。 これらの合成テストは、指定された合成テストに対応する LogicMonitor で定義された間隔およびサーフェス メトリックで呼び出されます。 Selenium スクリプト化された合成テストは、呼び出しの月単位のブロックとして購入でき、LM APM ライセンスを使用して LogicMonitor に送信できます。

メトリクス、トレース、合成の長さ
データ保持?

メトリックは保存され、LogicMonitor ポータルで 2 年間アクセスできます。トレースは 14 日間保存されますが、特定のトレースに関連付けられたメトリック (期間、エラー率、スループットなど) は保存され、2 年間アクセスできます。 合成呼び出しメトリックも保存され、2 年間アクセスできます。 注: これらの保存期間は、LogicMonitor Enterprise の一部です。 LogicMonitor Pro のお客様は 1 年間保持され、APM ライセンスにアクセスすることもできません。

コミットを超えるとどうなりますか
権利の割り当て?

Spans、Metrics、および Synthetics はすべて使用量ベースであり、顧客は設定されたクォータをコミットする必要があります。 顧客がクォータを超えた場合でも、データを送信してアクセスすることはできますが、1.2 倍のオンデマンド レートで請求されます。