LogicModuleの更新

最終更新日:29年2022月XNUMX日

LogicMonitorは、LogicModuleを継続的に追加、更新、および改善します。 新しいバージョンのLogicModuleは、顧客アカウントに自動的にプッシュされません。 特定のLogicModuleの更新によって履歴データが削除されるリスクがあります。 詳細については、「更新のリスク」を参照してください。

更新のリスク

次の表は、LogicModuleを更新する際の潜在的なリスクを説明しています。

リスク製品説明
履歴データの損失次の場合、データが失われる可能性があります。
  • 更新されたLogicModuleで、データポイントの名前が変更されるか、削除されます。 これを防ぐために、LogicModuleを手動で編集して現在の名前に一致させることができます。
  • Active Discoveryが変更されたため、インスタンスは異なる名前で検出されるようになりました。
  • モジュールが一時的であってもデバイスに適用されなくなるAppliesTo式の変更。 これにより、影響を受けるデバイス上のそのモジュールのすべての履歴データが即座に永続的に失われます。
カスタム変更としきい値の喪失LogicModulesは、LogicModuleテンプレートに加えられたカスタム変更を上書きします。 これには、追加または削除されたデータポイント、変更されたしきい値、グラフの変更、またはポーリング間隔を含めることができます。 ただし、デバイスまたはデバイスグループレベルで設定されたカスタムアラートしきい値は削除されません。

LogicModulesのインポート

  1. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 設定.
  2. LogicModuleのリストから、インポートするタイプをクリックします。
  3. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 追加 > LogicMonitorリポジトリから.
  4. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 OK.

次のダイアログが表示されます。

  1. インポートするLogicModuleを選択します。 ステータスごとに次の点に注意してください。
    • 「新規」:これにより、新しい監視と追加のアラートが発生する可能性があります。
    • 「更新済み–使用中」または「更新済み–未使用」:次のような差分ファイルを使用して、更新されたLogicModuleとアカウントにインストールされているものの違いを表示できます。
  1. (オプション)[差分ファイル]ページから、次のアクションを実行できます。
    • 既存のLogicModuleを新しいウィンドウで開き、Diffファイルで強調表示されている変更で手動で更新します。
    • ストリーミングを停止する場合は上部の 差異を監査済みとしてマークする 変更を確認した後、ボタンをクリックします。 これにより、[ステータス]列が[監査済み–差分を表示]に変更されます。 この監査済みステータスは、コアリポジトリLogicModuleが更新されるまで残ります。
  2. インポートするLogicModuleを選択し、[ セールで節約.

LogicModulesがインポートされた後、成功メッセージが表示されます。

記事上で