サポートセンターホーム


GCP課金の監視

LogicMonitorは、Google Cloud Platform(GCP)のBillingExportを介した請求データの監視をサポートしています。

どのようなデータが監視されていますか?

次のデータソースをインポートして、GCPの請求を監視します。 GCPデータソースのインポートの詳細については、をご覧ください。 GCPデータソースをLogicMonitorアカウントにインポートします。

  • GCP_Billing_CostByOperation_BigQuery –GCPの課金対象オペレーションごとに監視された費用
  • GCP_Billing_CostByProject_BigQuery – GCPプロジェクトごとに監視された費用(リンクされた請求先アカウントに関連)
  • GCP_Billing_CostByService_BigQuery – GCPサービス(App Engine、Compute Engine、CloudSQLなど)ごとに監視された支出。

LogicMonitorでGCP請求モニタリングを有効にする

LogicMonitorでGCPBilling Monitoringを有効にするには、次の手順を実行します。

受験資格:

1. Google CloudPlatformでGCPアカウントを設定します。 見る BigQueryへのクラウド請求データのエクスポートを設定する.
LogicMonitorでGCPプロジェクトを作成するときに使用する秘密鍵を必ず保存してください。

2.GCPプロジェクトをLogicMonitorに追加します。 見る GCP環境をLogicMonitorに追加します。

GCP課金モニタリングの有効化

1。 案内する Google CloudPlatform>請求のエクスポート> BIGQUERYEXPORT。

2。 チェック 使用可能 標準使用コストセクションの下。
請求先アカウントのデータセット名が表示されます。

3.左側のパネルで、 BigQuery データセット名と テーブル名.

4。 案内する LogicMonitor> Exchange> Cloud Integrations> GCPアカウント> Billing そして、入力します。 BigQueryテーブルパス(table.id)

注意:BigQueryテーブルパスの形式は次のとおりです。

<BigQuery Dataset><a period><table name>

例:

BigQueryデータセット: all_billing_data
テーブル名: gcp_billing_exportv1_0198707_EC7E78_A2CDEA

フォーマット:
all_billing_data.gcp_billing_export_v1_0198707_EC7E78_A2CDEA

記事上で