SaaSLiteモニタリング

最終更新日: 21 年 2021 月 XNUMX 日

SaaS Lite は監視を提供します statuspage.io ステータス ページであり、SaaS モニタリングが有効になっているすべてのアカウントに含まれています。 GitHub、Box、Trello など、使用しているサードパーティ ベンダーのステータスに関する LogicMonitor ダッシュボードとアラートを作成できます。

Requirements

インストール SaaS_StatusPageIO_Status 情報元。 詳細については、次を参照してください。 モジュールとパッケージのインストール.

SaaS Lite リソースの追加

  1. LogicMonitorで、次の場所に移動します 資料 をクリックして 追加 [+].
  2. ノーザンダイバー社の リソースを追加する ウィンドウ、選択 クラウドとSaaS.
  3. [クラウドまたは SaaS リソースの追加] ページから、必要なリソースを見つけて選択します。 追加.
  4. SaaS モニタリング ウィザードから、 お名前 及び 商品説明 アカウントのために。 これらのフィールドは、LogicMonitor 環境全体で SaaS リソースがどのように表示されるかを決定します。
  5. 入力します 親グループ このリソースを既存のグループに追加します。 デフォルト値は ルート.
  6. 入力します プロパティ (キーと値のペア) a を入力して お名前 及び . 既存のプロパティのリストから選択することもできます。
  7. 次の項目を選択します。: サービスを追加.
  8. 次の項目を選択します。: リソースを見る LogicMonitor で新しいリソースを表示します。

注意: 追加された SaaS Lite 統合ごとに、新しいリソース グループが作成されます。 詳細については、次を参照してください。 デバイスグループの概要.

記事上で