サポートセンターホーム


コレクターインストーラーのダウンロード

はじめに

LogicMonitorのRESTAPIを使用して、コレクターインストーラーをダウンロードできます。 これにより、Linuxコレクターの場合はバイナリー、Windowsコレクターの場合は実行可能ファイルになります。 コレクターをインストールするために実行します.

注意: セキュリティ上の理由から、ダウンロードしたインストーラーファイルはXNUMX時間後に期限切れになります。

HTTPメソッド:GET

注意: 現在、このリソースでは基本認証はサポートされていません。 トークン認証がサポートされています。 見る 認証要件 詳細情報を見るにはこちらをクリックしてください。

リソースURI: / settings / collectors / {id} / Installers / {platform + architecture}
(ここで、idはコレクターIDであり、 コレクターリソースへのGET呼び出し、およびプラットフォーム+アーキテクチャは、Linux64、Linux32、Win64、またはWin32のいずれかです。 Linuxインストーラーの場合は.binファイルに出力する必要があり、Windowsインストーラーの場合は.exeファイルに出力する必要があることに注意してください)

リクエストパラメータ: オプションで、次のクエリパラメータをリクエストに含めることができます。

プロパティ 製品説明 種類
コレクターバージョンダウンロードするインストーラーのバージョン。 useEAがtrueでない限り、これはデフォルトで最新のGDコレクターになります。文字列/ settings / collectors / 12 / Installers / Linux64?collectorVersion = 22142
コレクターサイズインストールするコレクターのサイズ。 オプションは、nano、small(2GBメモリが必要)、medium(4GBメモリが必要)、large(8GBメモリが必要)です。 コレクターバージョン22.180以降が必要です。 デフォルトはsmallです。文字列/ settings / collectors / 12 / Installers / Linux64?collectorSize = nano
使用EAtrueの場合、最新のEACollectorバージョンが使用されます。 デフォルトはfalseブーリアン/ settings / collectors / 12 / Installers / Linux64?useEA = true

注意: これらは個別にエンコードおよび連結されるため、スクリプトで使用する場合、リソースパスとクエリパラメーターを組み合わせることはできません。 たとえば、正しいリソースパスは次のとおりです。 / settings / collectors / 31 / Installers / Win64、ない / settings / collectors / 31 / Installers / Win64?collectorSize = nano。 スクリプト内の正しいフォーマットについては、次のセクションのスクリプトの例を参照してください。

スクリプトの例

次は、スクリプト(Python)内でHTTPGetを実行する例です。 このスクリプトは、Collector64用の22.142ビットLinuxインストーラーバージョン221のダウンロードを示しています。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='48v2wRzfK94y53sq5EuF'
AccessKey ='H_D9i(f5~B^U36^K6i42=^nS~e75gy382Bf6{)P+'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='GET'
collectorId='6'
collectorVersion='30001'
resourcePath = '/setting/collectors/' + collectorId + '/installers/Linux64'
queryParams = '?collectorVersion=' + collectorVersion
data = ''

#Construct URL
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath + queryParams

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

# Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

# Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.get(url, data=data, headers=headers)

# Print Response status
print('Response Status:',response.status_code)

# Print response body if status code is not 200
if(response.status_code != 200):
    print('Response Body:',response.content)

else:
    file_ = open('LogicMonitorSetup.bin', 'wb')
    file_.write(response.content)
    file_.close()
    print('Collector installer has been downloaded successfully')
Pythonの3

インストール

コレクターを追加する最後のステップは、選択したサーバーでインストールファイルを実行することです。 コレクターが存在するデバイスは、ポート443を介してLogicMonitorサーバーへの発信SSL接続を備えたWindowsまたはLinux(物理または仮想)サーバーである必要があります。

Windows

実行:

LogicMonitorSetup123.exe /q /d:"" /a: /p:

/ d:(オプション)これは、コレクターをインストールするパスです。 デフォルトは/ Program Files / LogicMonitor / Collectorです。/
/ a:
(オプション)これは、Windowsサービスが実行されるアカウントです。 デフォルトはLocalSystemです。 インストーラーにはDomain \ User形式が必要です。 例: / a:「ドメイン\ユーザー」
/ p: (/ aが指定されている場合は必須)これは、指定されたユーザーアカウントに対応する使用するパスワードです。 例: / p: '[メール保護]$$ w0rd '
注意: 特権ユーザーとして実行するコレクターを指定しない場合、コレクターはローカルシステムとしてインストールおよび実行されます。 ローカルシステムには、他のWindowsホストをリモートで監視するための十分な権限がない可能性があります。
/ PROXYHOST: (オプション)プロキシサーバーアドレス例: / PROXYHOST:” proxy.net”
/プロキシポート: (オプション)プロキシサーバーポート
/ PROXYUSER: (オプション)プロキシサーバーに対して認証するユーザー名(存在する場合)
/プロキシパス: (オプション)必要に応じてプロキシサーバーに対して認証するためのパスワード

パラメータを指定する場合は、コロンの後にスペースがないことを確認してください。 
たとえば、 / p: 'L0g1cM0n' 働くでしょう、  / p: 'L0g1cM0n' 動作しないでしょう。 

リナックス

実行:

chmod +x logicmonitorsetup123.bin

その後:

./logicmonitorsetup123.bin [-h] [-n] [-y] [-p user] [-p proxyHost:port] [-U proxyUser] [-P proxyPass]

-h: (オプション)フラグ、それらのデフォルト、およびそれらのオプションのリストを表示します
-n: (オプション)コレクターのバージョン番号を表示する

-y: (オプション)サイレントインストール(質問しないでください)。 デフォルトはfalse

-u ユーザー:(オプション)ユーザーまたはルート。 デフォルトは「logicmonitor」です

-p proxyAddr:port :(オプション)address:portの形式のプロキシサーバー(例:10.0.0.1:8080)

-U proxyUser :(オプション)プロキシサーバーに対して認証するためのユーザー名(存在する場合)

-P proxyPass :(オプション)必要に応じてプロキシサーバーに対して認証するためのパスワード

記事上で