ログアラート条件

最終更新日: 09 年 2023 月 XNUMX 日

ログ アラートは、ログ イベントとログ パイプラインに基づくアラート条件です。 通常、ログ パイプラインはリソースまたはリソース グループに適用され、関連するログ アラート条件によってアラート条件が設定されます (たとえば、ログ メッセージ内のテキストの一致など)。 

ログ アラート条件は、正規表現パターンを使用して取り込まれたログを照合し、LogicMonitor アラートをトリガーして、これらのログ イベントまたは異常が発生したときに通知を送信します。

ログアラートを使用すると、アラート条件を追加して常に知りたいログを追跡したり、検出された異常に関するアラートを作成したりすることで、調査をスピードアップできます。

アラート条件の表示

ソフトウェア設定ページで、下図のように ログ ページで、 パイプラインアラート アイコンを開く アラート条件 アラート条件を確認および管理できるページ。

  • 重大度- アラート条件に設定されたレベル (クリティカル、エラー、警告) を表示します。
  • 表示- アラート条件の設定された表示名を表示します。
  • ログ クエリ- アラートをトリガーするログ イベントに一致する正規表現パターンを表示します。
  • 条件タイプ- 基本アラートやステートフル アラートなど、アラート条件のタイプを表示します。
  • パイプライン- アラート条件が適用されるパイプラインを表示します。
  • 説明- アラート状態の簡単な説明を提供します。
  • 従軍中- アラート条件のオンとオフを切り替えることができます。
  • フィルタ 特定のパイプラインに関連付けられたアラート条件。

アラート条件の追加

[ログ] ページに一覧表示されている任意のログ イベントまたは異常から、または [パイプライン] ページと [パイプライン アラート] ページからアラート条件を直接追加できます。

  • 上のログ イベントまたは異常から ログ ページ: ログ行の先頭にあるアクション メニューを開き、[アラート条件の作成] を選択して、 アラート条件の追加 ダイアログ。
  • ノーザンダイバー社の パイプライン ページ: アラート条件 アイコンまたはカウントを開く アラート条件 ページで、プラス記号を選択してアラート条件を追加します。

注: ログ アラート条件を追加するには、少なくとも XNUMX つのパイプラインが必要です。 詳細については、次を参照してください。 ログ処理パイプライン. アラート条件のログ クエリには、集計関数を含めることはできません。

次のアラート条件を追加できます。

基本的なアラート条件の追加

 アラート条件の追加 ダイアログで、次のように情報を入力します。

  1. タイプを選択する アラートの重大度 条件が満たされたときに生成するレベル (クリティカル、エラー、警告)。
  2. 入力します 表示名 フォルダーとその下に 説明 アラート条件のリストに表示されます。
  3. ドロップダウンリストから パイプライン アラート条件を適用します (事前に入力されていない場合)。
  4. 事前に入力されていない場合は、 ログ クエリ パイプライン内のイベントをフィルターします。 詳細については、を参照してください。 フィルタリングクエリの記述. 矢印を選択して結果をプレビューし、保存する前にクエリを絞り込みます。
  5.  トリガーアラート、アラート条件をアクティブにするには、次の手順を実行します。
    1. 一致するログごとに – 条件に一致するログごとにアラートを生成する場合は、このオプションを選択します。
    2. 内のログが一致した場合のみ – 定義された期間内に特定の数のログが条件に一致した場合にアラートを生成するには、このオプションを選択します。 アラートを生成するには、少なくとも 1 つの一致するログが必要です。 次の時間間隔を選択できます。 10分、30分、1時間、8時間、1日.

重要: アラートが生成された後、次のアラートを生成するために、最初のログの時刻が時間間隔の開始点とみなされ、その時間間隔が完了するまでアラートは生成されません。 たとえば、3 分以内に 10 件の一致するログが発生した後のみを選択すると、条件が一致する 10 件のログが 6 分以内に処理された後にアラートが生成されます。 10 分以内に条件に一致するログが 3 つある場合、一致する 10 つのログの最初のセットに対するアラートが生成されます。 その後、最初のログの時刻が 10 分の時間間隔の開始点とみなされ、XNUMX 分の時間間隔が完了するまでアラートは生成されません。

  1. 定義します アラートのクリア条件で、アラートが持続する時間を入力します。 デフォルトは 60 分です。
  2. トグル 承認後に自動クリア アラートを確認した後でスイッチをオンにすると、アラートがクリアされます。
  3. トグル 従軍中 スイッチをオンにすると、アラート状態がアクティブになります。
  4. 現在地に最も近い Save アイコンをクリックしてアラート条件を追加します。

注:   クリア後 設定すると、指定した時間が経過するとアラートがクリアされます。 承認後に自動クリア トグルはオフです。 アラートは、 承認後に自動クリア トグルがオンになっています。

[アラート条件] ページに戻ると、テーブルで作成したアラートを確認できます。

パイプライン Windows Servers (_resource.group.name="Windows") 「Windows」リソース グループに関連するログのサブセットを対象としています。 アラートは、特定のキーワードまたは値 (イベントコード 1100 およびアプリケーション ログ ファイル) でトリガーされます。 アラート条件のクエリにリソース グループ名を含める必要はありません (ただし、機能します)。

アラートの確認

ログアラート条件が一致すると、トリガーされます 標準のLogicMonitorアラート通知 アラート設定(クリティカル、警告、エラー)に基づいて、構成されたエスカレーションチェーンを経由します。

次の操作も実行できます。

  • でログ アラートを表示します。 ログ グラフで、アラート ログ イベントの横に線として表示されます。
  • でアラートを確認またはクリアします。 アラート リスト。

制限事項

各パイプラインは、90分あたりXNUMXを超えるアラートを持つことはできません。 アラートのレートがこの制限を超えると、アラートは破棄され、処理されません。

注: ログ パイプラインのアラート条件は、ポータルごとに 20 に制限されています。ログ パイプライン アラート条件の数を増やすには、カスタマー サクセス マネージャーにお問い合わせください。

ステートフルなアラート条件の追加

ステートフル アラート条件を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 上のログ イベントまたは異常から ログ ページで、ログ行の先頭にある [アクション] メニューを開いて、[アクション] メニューを選択します。 アラート条件の作成 を開く アラート条件の追加 ダイアログ。
    または、 パイプライン ページで、 アラート条件 アイコンまたはアラート条件カウントを開くには、 アラート条件 ページで、プラス記号を選択してアラート条件を追加します。
  2.  アラート条件名 フィールドに、アラート条件の名前を入力します。
  3. ノーザンダイバー社の アラート条件のタイプ ドロップダウン リスト、選択 ステートフル.
  4. ノーザンダイバー社の アラートの重大度 ドロップダウンで、条件が満たされた場合のアラート重大度レベルのタイプ (重大、エラー、または警告など) を選択します。
  5. アラートの説明を入力します。
  6. トグルを選択します 既存のパイプライン or 新しいパイプライン 既存のパイプラインまたは新しいパイプラインを選択してアラート条件を作成します。

注: 既存のパイプラインを選択すると、そのパイプラインの名前とクエリが表示されます。 [新しいパイプライン] を選択した場合は、パイプラインの名前、説明、およびログ クエリを追加する必要があります。

  1. 事前に入力されていない場合は、 ログ クエリ パイプライン内のイベントをフィルターします。詳細については、「」を参照してください。 フィルタリングクエリの記述.
  2. 矢印を選択して結果をプレビューし、保存する前にクエリを調整します。
  3.  アラート条件 フィールド, アラート条件を追加するには、クエリを入力するか、フィールド内をクリックして既存のクエリを選択します。この条件を使用して、アラートを生成する条件を定義します。

注: ステートフル アラート条件の場合、次のようになります。 アラート条件のトリガー  一致するログごとに このオプションはデフォルトで選択されており、条件に一致するログごとにアラートを生成します。の 内のログが一致した場合のみ このオプションは、ステートフル アラート条件タイプでは使用できません。

  1.  アラートのクリア条件、アラート条件をクリアするための条件を追加するには、次の手順を実行します。
    • クエリを入力してください クリア条件 またはリストから既存のクエリを選択します。この条件を使用して、アラートをクリアする条件を定義します。
    •  クリア後​​は、 アラートが持続する時間を入力します。デフォルトは 60 分です。時間を日、時間、分で選択します。
    • トグル 承認後に自動クリア アラートを確認した後でスイッチをオンにすると、アラートがクリアされます。
  2.  アラートのグループ化基準 表にアラートのグループ化基準を追加するには、次の手順を実行します。
    1. 追加アイコンを選択してアラート基準を追加します。
    2.  アラートのグループ化基準 および 明確なグループ化基準 フィールドで、アラートおよびクリア基準を選択または入力します。
    3. 選択 申し込む.

注:

  • リソースはデフォルトのアラート グループ化基準です。
  • ログ イベント間の正確な相関関係を得るには、アラート グループ化基準フィールドの実際の値が一致する必要があります。
  • 最大 2 つのアラート グループ化基準を追加できます。
  1. トグル 従軍中 スイッチをオンにすると、アラート状態がアクティブになります。
  2. 現在地に最も近い Save アイコンをクリックしてアラート条件を追加します。
記事上で