サポートセンターホーム


F5BIG-IPモニタリング

概要

F5のBIG-IPは、アプリケーションの可用性、アクセス制御、およびセキュリティソリューションを中心に設計されたソフトウェアとハ​​ードウェアをカバーする製品ファミリです。 LogicMonitorのF5BIG-IPパッケージを使用すると、ファン速度、フェイルオーバー状態、仮想サーバーメトリック、RAMキャッシングメトリック、ファイルシステム使用率などを監視できます。

セットアップ要件

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、にリストされているすべてのF5 BIG-IPLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。

注意: データソースに加えて、LogicMonitorポータルにもインポートする必要があるF5用のSNMPSysOIDマップがあります。 このLogicModuleは、F5ホストの識別とタグ付けを担当します。

監視にデバイスを追加する

BIG-IPデバイスを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

デバイスグループの作成

デフォルトでは、LogicMonitorはBIG-IPロードバランサー上の仮想サーバーを検出(したがって監視)しません(CPU、メモリ、ネットワークインターフェイス統計、同期ステータスなどの他のすべてのヘルス特性が検出および監視されます)。 これは、クラスターセットアップ内で、アクティブ/バックアップクラスターのバックアップノードが仮想サーバーの状態を認識していないためです。

BIG-IPクラスター内の仮想サーバーと仮想サーバープールを監視するには、クラスター用に5つのデバイスグループを作成する必要があります。XNUMXつのグループにはクラスター内のすべてのノードが含まれ、もうXNUMXつのグループには現在のアクティブノードのみが含まれます。 。 アクティブノードは、「フローティング」IPアドレス(つまり、FXNUMXの命名法では自己IPアドレス)を使用して識別されます。これは、常にクラスター内のアクティブノードに残ります。

たとえば、次のDNS名がBIG-IPクラスターに存在するとします。

  • bigip-node1.mycompany
  • bigip-node2.mycompany
  • bip.mycompany.com

この例では、 bip.mycompany.com はフローティングIPアドレスであり、他のBIG-IPデバイスと同様にモニタリングに追加する必要があります。 この例を続けると、これらのDNS名は、LogicMonitor内で次のXNUMXつのデバイスグループに編成する必要があります。

デバイスグループ:すべてのBIG-IPノード デバイスグループ:アクティブなBIG-IPノード
bigip-node1.mycompany
bigip-node2.mycompany
bip.mycompany.com

デバイスグループの作成の詳細については、を参照してください。 デバイスグループの追加.

フローティングIPアドレスを含むデバイスグループ(この例では「アクティブBIG-IPノード」グループ)では、「F5Active」の値をに追加する必要があります。 system.categories プロパティ。 この値は、デバイスレベルではなく、グループレベルで必ず追加してください。 これにより、仮想サーバーの監視にのみ関連するデータソースを現在のアクティブノードにのみ適用できるようになります。 プロパティを追加する手順については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

BIG-IPアプライアンスでSNMPを有効にする

LogicMonitorは、SNMPを使用してBIG-IPアプライアンスにメトリックを照会します。 SNMPは、SNMPv1、SNMPv2、およびSNMPv3をサポートするBIG-IPアプライアンスで構成する必要があります。 F5ネットワークを参照してください BIG-IP Access PolicyManagerの構成ガイド SNMPの構成手順については。

SNMP資格情報をLogicMonitorに入力します

LogicMonitorコレクターは、BIG-IPアプライアンスに正常にアクセスするために、適切なSNMP資格情報を提供する必要があります。 これには、LogicMonitorインターフェイス内のリソースのプロパティとしてこれらの資格情報を追加する必要があります。 で説明したように 認証資格情報の定義、設定する必要のあるSNMPプロパティは、使用しているSNMPのバージョンによって異なります。

考慮事項:レガシーF5BIG-IPデータソースからの移行

2019年5月、LogicMonitorはFXNUMXBIG-IPデータソースの新しいセットをリリースしました。 現在、従来のデータソースを使用してBIG-IPを監視している場合、このパッケージに新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 これは、モジュールの上書きを排除するためにデータソース名が変更されたためです。

ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、次に示す従来のF5BIG-IPデータソースを無効にすることをお勧めします。

  • F5_BigIP_SystemFailoverStatus(新しい「F5_BigIP_FailoverStatus」データソースと混同しないでください)
  • F5キャッシュ-
  • F5圧縮-
  • F5Disk-
  • F5Fan-
  • F5HA-
  • F5If-
  • F5Pools-
  • F5パワー-
  • F5システム
  • F5_SSL_VIP_証明書
  • F5Temp-
  • F5_TMM-
  • F5VIP-

注意: All new F5 DataSource names are prefixed with “F5_BigIP”.

データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする

トラブルシューティング

データソースは、存在する場合、エラーメッセージをコンソールに出力します。 これらのエラーは、(データソース/インスタンスの[生データ]タブの)[リソース]ページで確認できます。 データソースはエラーを適切に処理するように設計されており、エラーが発生した場合でも利用可能なデータを取得しようとします。

パッケージ内のLogicModules

F5 BIG-IP用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名

種類

製品説明

F5カテゴリー SNMPSysOIDマップ F5ホストを識別してタグ付けします。
F5キャッシュ データソース RAMキャッシングメトリックを監視します。
F5圧縮 データソース MIMEデータ圧縮メトリックを監視します。
F5フェイルオーバーステータス データソース フェイルオーバー状態とシステムステータスを監視します。
F5ファン データソース ファンの速度と状態を監視します。
F5ファイルシステム データソース ファイルシステムのサイズ/使用率とブロック/ノードの可用性を監視します。
F5高可用性 データソース F5クラスターの高可用性ステータスを監視します。
F5インターフェース データソース ネットワークインターフェイスのインバウンド/アウトバウンドトラフィックを監視します。
F5メモリ データソース メモリ使用率を監視します。
F5プールの状態 データソース プールメンバーのメトリックと状態を監視します。
F5パワー データソース システムの電源状態を監視します。
F5 VIPSSL証明書 データソース SSL証明書の有効期限を監視します。
F5グローバル統計 データソース システム全体の状態とパフォーマンスを監視します。
F5トラフィック管理マイクロカーネル データソース トラフィック管理マイクロカーネル(TMM)メトリックを監視します。
F5温度 データソース システム温度を監視します(摂氏)。
F5VIP統計 データソース 仮想サーバーのメトリックを監視します。
F5プールメンバーの統計 データソース 個々のプールメンバーの全体的なヘルスとパフォーマンスを監視します。

この統合パッケージによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で