サポートセンターホーム


MicrosoftDHCPモニタリング

概要

動的ホスト構成プロトコル(DHCP) はRFC1541(RFC 2131に取って代わられています)で定義された標準プロトコルであり、サーバーがIPアドレスと構成情報をクライアントに動的に配布できるようにします。 LogicMonitorのMicrosoftDHCP監視パッケージは、Windows DHCPサーバーのさまざまな要素を監視し、変更を警告し、場合によっては、IPアドレスの割り当ての履歴を提供します。

注意: このパッケージには、ConfigSources(構成ファイル監視LogicModules)が含まれています。 構成ファイルを監視および警告する機能が現在LogicMonitorプラットフォームで利用できない場合で、詳細を知りたい場合は、カスタマーサクセスマネージャーに連絡してください。 ConfigSourcesの詳細については、を参照してください。 ConfigSourceの作成.

セットアップ要件

依存関係を満たす

  • Windowsコレクターを使用する必要があります。

モニタリングへのリソースの追加

MicrosoftDHCPホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

リソースへのプロパティの割り当て

コレクターが、監視対象のホストでローカル管理者権限を持つドメインアカウントとして実行されている場合は、次のカスタムプロパティを設定する必要はありません。 ただし、リモートホストで資格情報を指定する必要がある場合は、LogicMonitor内のMicrosoftDHCPリソースに次のプロパティを設定する必要があります。

必要な認証の種類の詳細については、を参照してください。 リモートWindowsコンピューターにアクセスするための資格情報.

プロパティ 必須?
wmi.user WMIユーザー名 コレクターがMicrosoftDHCPホストでローカル管理者権限を持つドメインアカウントとして実行されていない場合にのみ必要です
wmi.pass WMIパスワード

LogicMonitorでのプロパティ設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのMicrosoft DHCPLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

パッケージ内のLogicModules

Microsoft DHCP用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 最高のパフォーマンスを得るには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
IPv4スコープ 構成ソース すべてのMicrosoftDHCPIPv4サーバースコープを一覧表示します。
IPv4オプション 構成ソース すべてのMicrosoftDHCPIPv4サーバーオプションを一覧表示します。
IPv4リース 構成ソース すべてのMicrosoftDHCPIPv4サーバーリースを一覧表示します。
DHCPIPv4サーバー データソース WindowsDHCPサーバーのグローバルパフォーマンスメトリックを監視します。
DHCPIPv4スコープ データソース Windows DHCPIPv4スコープのパフォーマンスメトリックを監視します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックにデータポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で