EAコレクター-24.126

EA Collector 24.126は14年2017月XNUMX日にリリースされ、以下が含まれます。

改善点:

  • このコレクターはサポートします 簡単な容量調整! コレクター構成ウィンドウにナビゲートし、ドロップダウンメニューから新しいコレクターサイズ(小、中、または大)を選択するだけです。 「保存して再起動」を選択すると、コレクターの構成ファイルに必要なすべてのパラメーターが自動的に更新されます。 これは コレクターをインストールした後、コレクターの容量を増やします。 コレクターは、サイズが変更されると、「コレクターイベント」ダイアログにイベントを記録します。

  • すべてのデータ収集方法でIPv6をサポートするためのいくつかの改善。
  • tracerouteを含まない(まだ)内部サービスチェック用のIPv6のサポート。
  • SSHの非標準ポート仕様をサポートするために、さらにXNUMXつのExpect.Open関数を追加しました。 
    • Expect.open(ホスト、ポート、ユーザー、パスワード、timeoutinseconds) 
    • Expect.open(ホスト、ポート、ユーザー、パスワード)
  • UIを介して行われた構成変更に健全性チェックを追加しました。 「保存して再起動」を選択すると、コレクターは構成ファイルをチェックして、すべての値が有効であり、問​​題が発生しないことを確認します。 このため、(コレクターデバイス上のファイルを手動で変更するのではなく)すべての構成変更をUIを介して行うことを強くお勧めします。 コレクターは、コレクターのアップグレード、資格情報のローテーション、コレクターの再起動中にエラーを定期的にチェックし、問題が見つかった場合はコレクターイベントをログに記録します。 
  • CollectorのJDKをJDK8、Update131に更新しました。
  • jedis.jarをバージョン2.9.0に更新しました。
  • ApacheHttpClientを4.5.2から4.5.3に更新しました。
  • 内部サービスチェックのためのNTLMプロキシ認証のサポート。
  • デバッグコマンド!detailに、使用できないスケジュールタスクの履歴が表示されるようになりました。
  • !esxdebugコマンドに要求と応答の詳細を追加しました。
  • !wmi、!wmimethod、!winevent、!syswmicデバッグコマンドに「-help」オプションを追加しました(例:「!wmi-help」は、!wmiコマンドの使用に関する詳細と例を返します)。
  • !perfmon、!perfinfo、!typeperfデバッグコマンドに「-help」オプションを追加しました(例:「!perfmon-help」は!perfmonコマンドの使用に関する詳細と例を返します)
  • 内部サービスチェック用にプロキシを構成する機能が追加されました。 この構成は、コレクターのservice.confファイルで設定されます。

バグ修正:

  • Powershellスクリプトで二重円記号が正しく解釈されない問題を修正しました。
  • 場合によっては、通常のスクリプトタスクタイムアウト(通常はコレクターの再起動による)が原因でメモリ不足エラーが発生し、CPUが高くなりました。 
  • ICMPIDが65535/2より大きい場合にデバイスがデータを返さないバグを修正しました。
  • 空の変数を使用してデータソースフィルターを適用すると、そのインスタンスが表示されませんでした。