構成チェック

最終更新日: 25 年 2022 月 XNUMX 日

概要

ConfigSourcesは、構成チェックに基づいてアラートを生成します。 データソースのデータポイントとしきい値と同様に、構成チェックは、構成ファイルの可用性またはファイルの特定のコンテンツを監視し、定義された基準が満たされたときにアラートをトリガーします。 構成チェックにはXNUMXつのタイプがあり、それぞれが構成ファイルを監視するための特定の方法を提供します。
各タイプの構成チェックで使用できるオプションは、ConfigSource定義で選択したファイル形式によって異なります。 監視している構成ファイルに最も適したファイル形式を選択すると、構成チェックを定義するプロセスが簡単になり、エラーが発生しにくくなります。

注意: 構成ファイルを監視および警告する機能が現在LogicMonitorプラットフォームで利用できない場合で、詳細を知りたい場合は、カスタマーサクセスマネージャーに連絡してください。

ファイル形式

任意のテキスト、java-properties、およびUnixのXNUMXつのファイル形式を使用できます。 java-propertiesまたはUnixファイル形式を使用すると、ConfigSourceの設定を容易にする暗黙的なチェックがいくつか提供されます。 デフォルトのファイル形式は任意のテキストです。

注意:ConfigSourceの作成時にファイル形式を選択する必要があります。 また、ConfigSourceを保存した後は、ファイル形式を変更することはできません。

ファイル形式の説明

Unixの:行は、改行文字(\ n)で区切られます。これは、改行文字と改行文字(\ r \ n)の組み合わせを使用して行を区切るDOS形式とは対照的です。 「#」で始まる行はコメントとして扱われます。

Java プロパティ:「。properties」とも呼ばれます。 「#」または「!」で始まる行コメントとして扱われます。 「=」の前のテキストはキー(フィールド)として扱われ、「=」の後に続くテキストは値として扱われます。
以下は、java-properties形式のテキストのサンプルです。

# You are reading the ".properties" entry.
! The exclamation mark can also mark text as comments.
website = https://en.wikipedia.org/
language = English
# The backslash below tells the application to continue reading
# the value onto the next line.
message = Welcome to \
          Wikipedia!
# Add spaces to the key
key\ with\ spaces = This is the value that could be looked up with the key "key with spaces".
# Unicode
tab : \u0009
Javaプロパティ形式の例

ファイル形式による暗黙のチェック

フォーマット 製品説明
任意デフォルトのフォーマット。 暗黙のチェックはありません。 フィールドと値は、正規表現を使用して指定する必要があります。
UNIX「#」で始まる行はコメント行として扱われます。 「変更あり」の構成チェックでは、デフォルトで次の暗黙のルールが適用されます。

  • コメントへの変更は無視されます
  • 余分な空白行とスペースは無視されます
  • フィールドと値は正規表現を使用して指定する必要があります

Java プロパティ「#」または「!」で始まる行コメント行として扱われます。 「変更あり」の構成チェックでは、デフォルトで次の暗黙のルールが適用されます。

  • コメントへの変更は無視されます
  • 余分な空白行とスペースは無視されます
  • フィールド(キー)と値は自動的に認識されます
  • プロパティの順序は無視されます

構成チェックタイプ

構成チェックにはXNUMXつのタイプがあり、それぞれが構成ファイルを監視するための特定の方法を提供します。

チェックタイプ:構成を取得できません

説明: 収集スクリプトが正常に完了しなかった場合にアラートを生成します。

オプション: 生成されるアラートの重大度を選択できます。

コメント: アラートは、収集スクリプトが正常に完了するまでアクティブのままになります。

この構成チェックは、構成ファイルを取得できない場合に警告アラートを生成します。 アラートトリガー間隔を追加して、アラートがトリガーされるタイミングを制御することもできます。 詳細については、を参照してください。 アラートトリガー間隔.

チェックタイプ:変更(差分チェック)

説明: 構成ファイルの内容に変更が検出された場合にアラートを生成します。

オプション: フィルタを追加して、タイムスタンプや空白行の追加または削除などの変更を無視できます。 ただし、ファイル形式がUnixまたはjava-propertiesの場合、一部のフィルターがデフォルトで含まれているため、必要に応じてそれらを削除できます。
設定された期間が経過した後、またはいずれか(どちらか最初に発生したイベント)の確認時にクリアするようにアラートを構成できます。 さらに、生成されるアラートの重大度を選択できます。

コメント: アラートクリアオプションのどちらも有効になっていない場合、収集された構成ファイルが現在のバージョンと同一であるときにアラートがクリアされます。

この構成チェックは、構成で変更が検出された場合に警告アラートを生成し、Unixファイル形式のデフォルトの無視フィルターを生成します。
確認応答時にアラートをクリアするオプションが有効になっています。

チェックタイプ:フィールドがありません

説明: 指定されたフィールドが構成ファイルに存在しない場合にアラートを生成します。

オプション: 生成されるアラートの重大度を選択できます。

コメント: ファイル形式が任意またはUnixに設定されている場合、このチェックはファイルの内容で指定された文字列を検索します。 問題のフィールドを明確に識別するには、正規表現が必要になる場合があります。
ファイル形式がjava-propertiesの場合、チェックは指定された文字列をファイル内のフィールド(キー)名のリストと比較します。
指定されたフィールドが構成ファイルで見つかると、アラートがクリアされます。

この構成チェックは、「Ubuntu17-9ab76122-」というテキストが構成ファイルに存在しない場合に警告アラートを生成します。

チェックタイプ:値

説明: フィールドの値が指定された基準を満たさない場合にアラートを生成します。

オプション: 値の比較演算子を選択するか、値が構成ファイルのあるバージョンから新しいバージョンに変更された場合のアラートを選択できます。
値の変更によってアラートが生成された場合は、設定された期間が経過した後、またはいずれか(最初に発生したイベント)の確認時にアラートをクリアするようにアラートを構成できます。
生成されるアラートの重大度を選択できます。

コメント: ファイル形式が任意またはUnixに設定されている場合、このチェックはファイルの内容で指定された文字列を検索します。 フィールド値を抽出するには、キャプチャグループを含む正規表現が必要です。 ファイル形式がjava-propertiesの場合、チェックは指定された文字列をファイル内のキー値のリストと比較します。
確認されたときにアラートがクリアされない場合、または設定された期間が有効になった後にクリアされた場合、値が指定された基準を満たしたときにアラートがクリアされます。

この構成チェックは、コミュニティ文字列の値が変更された場合に重大なアラートを生成します。
コミュニティ文字列の値を持つ正規表現の使用は、キャプチャグループとして指定されます。

チェックタイプ:Groovyスクリプト

説明:

Groovyスクリプトが1を返した場合にアラートを生成します。構成チェックは、contains、matches、sizeなどの標準のGroovy文字列メソッドを提供する組み込みのテキスト変数「config」を介して構成ファイルの内容を受け取ります。 詳細については、を参照してください。 Docs.groovy-lang.org.

注意:Groovyスクリプトの構成チェックには、Collectorバージョン25.200以降が必要です。

オプション: 生成されるアラートの重大度を選択できます。

コメント: アラートを生成する必要があるかどうかを判断するためのすべてのロジックは、スクリプトに含まれています。 チェック自体は、スクリプトによって返される値を確認するだけです。1はアラートをトリガーし、0はトリガーしません。 スクリプトが0を返すと、アラートがクリアされます。

この構成チェックでは、Groovyスクリプトを使用してsystem.hostnameデバイスプロパティの値を取得し、この値が構成ファイルに存在するかどうかを確認します。 そうでない場合は、エラーアラートが生成されます。

記事上で