カスタム モジュールの作成

最終更新日: 08 年 2024 月 XNUMX 日

LogicMonitor で独自のカスタム モジュールを作成できます。 新しいモジュールは、My Modules Toolbox にアクセスして作成します。このツールボックスでは、任意の LogicModule タイプに基づいて新しいモジュールを作成できます。 新しいモジュールが作成されると、My Module Toolbox で使用または編集できるようになります。

注: 現在の LogicMonitor リリースでは、My Module Toolbox から PropertySource、AppliesTo Function、または SNMP SysOID マップの新しいモジュールを作成できます。 他の LogicModule タイプについては、[設定] ページに移動します。

カスタム モジュールの作成

  1. LogicMonitor のナビゲーション メニューから、 モジュール.
  2. マイ モジュール ツールボックス選択 Add .
  3.  Add ウィンドウで、作成する LogicModule のタイプを選択します。
  4. エディター フィールドは、作成するモジュールのタイプによって異なります。 詳細については、特定のモジュールのドキュメントを確認してください。
  5.  アクセス グループ設定で、必要に応じてアクセス グループを割り当てます。
    詳細については、を参照してください。 モジュールのアクセスグループ.
  6. 選択 Save 編集が終わったら。
  7. 選択 コミット バージョン.
  8. 説明を入力してください バージョンメモに登場します。 テクニカルノート モジュールのセクション。 
  9. (オプション) 有効にします このバージョンを公開する モジュールを Exchange に追加します。

注: モジュールを Exchange に追加すると、モジュールからアクセス グループ情報が削除されます。

  1. 選択 コミット バージョン.

カスタマイズされたモジュールの機能

モジュールに変更を加える

エディタを使用してモジュールに変更を加えると、モジュールは次のようにマークされます。 カスタマイズ .

変更を元に戻して元のモジュールと一致させることができます。ただし、モジュールは引き続き次のようにマークされます。 カスタマイズ

ファイルからモジュールをインポートする

ファイルからモジュールをインポートする場合、モジュールは常に次のようにマークされます。 カスタマイズ

My Module Toolbox のローカル モジュールと完全に一致するモジュールのファイルをインポートすることはできません。完全に一致するものをインポートしようとすると、「モジュールはすでにアカウントに存在します」というエラー メッセージが表示されます。

リポジトリからのモジュールのインポート

対象アカウントカスタマイズ済みとしてマークされています
core.logicmonitor.com ではありませんYES
core.logicmonitor.comいいえ
記事上で