LogicMonitor v3 SDK

最終更新日: 12 年 2024 月 XNUMX 日

注: プラットフォーム v3 リリースでリリースされた更新された Python および GO v198 SDK ファイルは、v198 の実稼働環境へのデプロイが完了した後に使用できるようになります。ご質問がある場合は、LogicMonitor カスタマー サクセス マネージャーにお問い合わせください。

LogicMonitor は、REST API v3 の Python および GO SDK をサポートしています。これらの SDK を使用すると、v3 API と効率的に対話し、API ベースの統合とワークフロー プロセスを構築できます。

注:

  • Python SDK の場合、REQUEST パラメータにはキャメルケースまたはアンダースコアを含めることができます。
  • パラメーターが本文内にカプセル化されている場合、アンダースコアとキャメルケースの両方がサポートされます。
  • パラメーターが本文内にカプセル化されており、ユーザーが生の JSON を REQUEST パラメーターとして渡している場合は、キャメルケースのみがサポートされます。 ただし、RESPONSE パラメータには常にアンダースコアが含まれます。 たとえば、REQUEST パラメータで testLocation または test_location を使用できます。 ただし、RESPONSE パラメータは常に test_location になります。
  • フィールドパラメータはキャメルケースのみをサポートします。

SDK のダウンロード

pip 経由で Python SDK をダウンロードできます。

pip install logicmonitor-sdk

または、圧縮された tar ファイルをダウンロードすることもできます。 Python および Go SDK。 SDK は、LogicMonitor の GitHub からも入手できます。

SDKの認証

GO および Python SDK を使用する前に、自分自身を認証する必要があります。認証には、LMv1Auth または Bearer トークンのいずれかを使用できます。

Bearer Token を使用した GO SDK の認証

config でサポートされているメソッドは SetBearerToken() です。デフォルトでは、 ゼロ ベアラートークンとして設定されます。認証するにはベアラー トークンを入力する必要があります。


bearerToken := “BEARER_TOKEN_VALUE”
config.SetBearerToken(&bearerToken)

Bearer Token を使用した Python SDK の認証

Bearer トークンを使用して自分自身を認証するには、次の詳細を入力します。

configuration.auth_type = 'ベアラー'

configuration.bearer_token = 'BEARER_TOKEN_VALUE'

SDK の使用

Python および GO SDK は、Swagger Codegen を使用して自動生成されます。 SDK の追加の例を含む詳細なドキュメントが利用可能です (茶事の話はこちらをチェック).

記事上で