サポートセンターホーム


LogicMonitorポータル全体でのGlob式の使用

概要

アカウント全体の多くのフィールドがglob式をサポートしています。 glob式をサポートするフィールドには、通常、アスタリスクが付いています。

globを使用して、LogicModulesでフィルターを作成することもできます。 アラートページ、レポートなどで。

注意:

  • Globは常に大文字と小文字を区別しません
  • 括弧()またはパイプ文字を含むリソースおよびグループ名| 複雑なグロブ式を壊す可能性があります。 次のように、\文字を使用してこれらの文字をエスケープできます: 'Resources \(Production \)'

グロブ構文

以下の表は、glob式をフォーマットする方法を示しています。 これらを組み合わせて、より複雑な式を作成できます。

表現製品説明
!(a | b | c)ネガティブパターンマッチを指定します!(a)は、名前に文字列「a」がないすべてのエンティティに一致します。 !(a | b | c)は、名前にa、b、またはcがないすべてのエンティティに一致します。

 

逆に、!(* a *)は、名前に文字列 'a'が含まれていないすべてのエンティティに一致します。 !(* a * | * b * | * c *)は、名前にa、b、またはcが含まれていないすべてのエンティティに一致します。

(a | b | c)指定されたパターンのXNUMXつ以上のオカレンスに一致します(a | b | c)は、名前にa、b、またはcが含まれるすべてのエンティティに一致します。
?任意のXNUMX文字に一致します製品? prod1、prod2、prod3、prodA、prodBなどに一致します。
*任意の数の文字に一致します*はすべてに一致し、*。javaはserver.javaおよびserver2.javaに一致します。
[abc]セットa、b、またはc内の任意の文字に一致します*。[ch]はabc.cおよびabc.hと一致します
[^ abc]セットa、b、またはcにない任意の文字に一致しますprod [^ abc]は、prodD、prodE、およびprodFと一致します
[az]aからzまでの範囲の任意の文字に一致しますprod [xz]は、prodX、prodY、およびprodZと一致します
\w任意の英数字またはアンダースコアに一致します 
\sスペースまたはタブに一致します 
\dXNUMX進数に一致します 

  • サーバー1と10を除くすべてのサーバー2から4を含めます。 (server1|server3|server5|server6|server7|server8|server9|server10) OR server!(2|4)
  • グループProduction / Serversの下のサーバーを除き、グループProductionおよびProductionの下の子グループのメンバーであるすべてのサーバーを含めます。 Production/!(Servers)
  • –で始まるグループとグループサーバーを除くすべてのグループを含めます。 !(-*|Servers)
  • prod-01-LAと一致しないprodで始まるすべてのリソースを含めます。 prod!(-01-LA*)
  • '29'を含まないprodで始まるすべてのリソースを含めます。 prod!(*29*)
  • すべてのトップレベルグループを含めます。 !(*/*)
  • グループProductionの下のすべてのグループを含めますが、グループProductionの下のグループのサブグループを除外します。 Production/!(*/*)
  • 本番/ネットワーク/サーバーの下のサーバーを除き、本番グループの下のすべてのサーバーと本番の下の子グループを含めます。 Production/!(Network/Servers)

Glob式を使用したグループの指定

リソースグループは、次のようにglob式(アラートルールなど)を使用して指定できます。

上記の組み合わせはすべてのページまたはセクションで機能するとは限らないため、サブグループを除外する際の制限はほとんどありません。 詳細については、サポートにお問い合わせください。

 

表現 製品説明 次のリソースと一致します: 次のリソースと一致しません:
グループ/サブグループ1 * group / subgroup1および任意の子サブグループ内の任意のレベルのリソースに一致します。 グループ/サブグループ1
グループ/サブグループ1 /グループ2
グループ/サブグループ1 /グループ2 /グループ3
グループ/サブグループ2
グループ/サブグループ2 /任意のグループ
グループ/サブグループ1 グループ/サブグループ1内のリソースのみに一致します。 group / subgroup1の子サブグループ内のリソースと一致しません。 グループ/サブグループ1 グループ/サブグループ1 /グループ2
グループ/サブグループ1 /グループ2 /グループ3
グループ/サブグループ1 / * 子サブグループ内のリソースのみに一致します。 グループ/サブグループ1内のリソースと一致しません。 グループ/サブグループ1 /グループ2
グループ/サブグループ1 /グループ2 /グループ3
グループヘッド
グループ/サブグループ1
group1 /!(subgroup2) subgroup1を除くgroup2の任意のサブグループ内のリソースに一致します。 group1 / subgroup4
group1 / subgroup1
group1 / subgroup3
group1
group1 / subgroup2
* group1 * 名前にgroup1が含まれるグループ(および子サブグループ)内のリソースを照合します。 group1 / subgroup3
グループ/サブグループ1 /グループ2
グループ/サブグループ2 /別のサブグループ100
グループ/サブグループ2
* / group1 * 名前が* / group1で始まるグループ内のリソースに一致します(上位グループのサブグループです)。 group1という名前のトップレベルグループと一致しません。 グループ/グループ1
グループ/グループ1 /グループ2
グループ/サブグループ2 /グループ100
group1 / subgroup3
グループ/サブグループ1

記事上で