サポートセンターホーム


エスカレーションチェーン

概要

トリガーされたアラートがアラートルールと一致すると、エスカレーション間隔が割り当てられ、エスカレーションチェーンにディスパッチされます。 エスカレーションはXNUMXつ以上の段階で構成され、LogicMonitorにアラートを通知する必要があるユーザー(またはサードパーティアプリケーション)とその順序を通知します。 エスカレーションチェーンの後の段階は、アラートがまだ有効であり、前の段階の受信者がアラートを確認または抑制していない場合にのみ機能します。 アラート通知を受信する組織内の機能グループごとにチェーンを作成する必要があります(オンコールエンジニア、ネットワークチーム、データベースチームなど)。 作成されると、エスカレーションチェーンはアラートルールから割り当てられます。 アラートルール.

注意: アラートがアラートルールに一致する可能性がありますが、それでもルールの指定されたエスカレーションチェーンに転送されない可能性があります。 このシナリオは、ターゲットアラートノイズを低減するのに役立つLogicMonitorのAIOps機能のXNUMXつを介してアラート通知抑制が有効になっている場合に発生します。 詳細については、を参照してください。 データポイントの動的しきい値の有効化 影響により 根本原因分析の有効化 それぞれ。

エスカレーションチェーンの追加

から新しいエスカレーションチェーンを作成できます 設定| エスカレーションチェーン| 追加。 次に示す(そして説明する)ように、エスカレーションチェーン用に構成する設定がいくつかあります。

お名前

エスカレーションチェーンの名前。

製品説明

エスカレーションチェーンの説明。

レート制限を有効にする

チェック レート制限を有効にする 指定した期間中にこのエスカレーションチェーン内のステージに送信できるアラートの最大数を設定する場合のオプション。

チェーンの初期段階に配信されるアラートの数がレート制限を超えると、その段階に割り当てられた個人にスロットルメッセージが送信されます。 メッセージは、アラートの数がスロットリングレベルを超えたことを示しています。 この時点から、アラートはチェーンの構成に従って後続のステージにエスカレートされます。 ただし、スロットルメッセージはエスカレーションされず、引き続き第XNUMX段階に送信されます。 アラートのクリアと確認の通知は、エスカレーションの段階に関係なく、関係するすべての関係者に送信されます。

レート制限期間(分)

以下で指定されているアラート通知の数が指定されている期間(分単位) レート制限アラート フィールドを配信できます。

レート制限アラート

レート制限期間中に配信できるアラート通知の最大数。 再送信されたアラート通知は、この数にカウントされることに注意してください。

時間ベースのチェーンを作成する

もし 時間ベースのチェーンを作成する オプションがチェックされている場合、アラートがトリガーされる日時に応じて変化するエスカレーションチェーンを構成できます。 次に示すように、時間ベースのエスカレーションチェーンはXNUMXつ以上のサブチェーンで構成されます。 各サブチェーンは、曜日と時間の組み合わせと、その有効時間に対応するステージとステージ受信者で構成されます。 この機能を使用すると、アラートがトリガーされた日時に応じて、アラート通知をさまざまな受信者にルーティングできます。 をクリックすると、新しいサブチェーンが追加されます。 + サブチェーンの見出しの右側に表示されるアイコン。

アラートが時間ベースのエスカレーションチェーンにルーティングされるたびに、サブチェーンが現在の日時と一致する有効な時刻になるまで、サブチェーンが順番に処理されます。 一致するサブチェーンがない場合、アラート どこにもルーティングされません。 サブチェーンが選択されると、アラートは、通常のチェーンの場合と同じように、サブチェーンの指定されたステージとステージ受信者を介してエスカレートします。

インターンシップ

すべてのエスカレーションチェーン(またはサブチェーン)に対して、XNUMXつ以上のステージを構成できます。 ステージは、アラート通知がルーティングされるXNUMX人以上の受信者で構成されます。 ステージXNUMXの受信者に最初に通知され、追加のステージが存在する場合、アラートが確認応答またはクリアされない場合、アラートは後続のステージにエスカレートし続けます。 エスカレーション間隔、アラートルールで定義されています。

新しいステージ、および定義上、その受信者は、をクリックすることで追加されます。 + ステージの見出しの右側に表示されるアイコン。 この方法で、ステージを追加し続けることができます。

注意: ステージは、受信者なしで構成できます。 空のステージは、最初のステージとして最も一般的に使用され、すべてのアラート通知のタイムリーな配信に影響を与えることなく、特定のDataSource、EventSourceなどのアラート通知を遅らせるのに役立ちます。 空のステージは、エスカレーション間隔の期間中、通知を遅らせます(対応するで定義されているように) アラートルール)、その時点で次のステージがトリガーされます。

受信者

ステージの受信者は、個々のユーザー、アラート統合、受信者グループ、または任意の電子メールの任意の組み合わせにすることができます。 次に、各タイプの受信者について説明します。

注意: 権限のレベルによって、から受信者を割り当てるときに選択できるユーザー/受信者グループが決まります。 ユーザーを追加する フィールド。

ユーザーアカウント

ユーザーアカウントを受信者として指定する場合、ユーザーアカウントに保存されている電子メールアドレス、SMS電子メールアドレス、または電話番号のいずれかに通知を配信することを選択できます。 ユーザーアカウントの詳細については、を参照してください。 ユーザー.

受信者グループ

受信者グループは、同じ受信者のセットにさまざまな種類のアラートを通知する必要がある場合に、時間を節約するショートカットとして機能します。 受信者グループは、ユーザーアカウント、任意の電子メールアドレス、さらには他の受信者グループで構成できます。 詳細については、を参照してください。 受信者グループ.

アラートの統合

LogicMonitorアカウントで定義されているアラート統合にアラート通知を配信することもできます。 これにより、アラート通知の配信をサードパーティのチケットまたはチームコラボレーションアプリケーションに直接送信できます。 アラート統合を選択するには、最初にユーザーアカウントを指定してから、ユーザーアカウントの連絡方法から統合の名前を選択する必要があります。

技術的にはどのユーザーアカウントを選択するかは重要ではありませんが(統合のリスト全体は、選択したユーザーに関係なく常に表示されます)、LogicMonitorでは、統合に関連付ける専用のユーザーアカウントを作成することをお勧めします。 アラート統合の詳細については、を参照してください。 アラート統合の概要.

任意のメール

メディア 任意のメール フィールドに、既存のユーザーアカウントまたは受信者グループに関連付けられていないXNUMXつ以上の電子メールアドレスを入力できます。 複数のメールアドレスはスペースで区切ります。

注意: 任意の電子メールアドレスで配布リストを表すことができますが、配布リスト自体が外部アドレス(Exchange電子メールサーバーに関連することがわかっている)を許可するように構成されていることを確認する必要があります。

CC

このフィールドにリストされている受信者は、エスカレーションチェーンのすべてのステージに送信されるすべての通知を受け取ります。 複数のCC受信者はスペースで区切る必要があります。

エスカレーションチェーンの例

例1

次のスクリーンショットに示されているエスカレーションチェーンは、チケットシステム、チャットルーム、およびビルの電子メールにアラート通知を送信します。

アラートをこのチェーンにルーティングするアラートルールで定義されたエスカレーション間隔内にアラートが確認またはクリアされない場合、アラートはエスカレーションされ、電子メール通知がBill andManagementに送信されます。 アラートが再びエスカレートすると、音声アラート通知がビルに送信されます。 CCフィールドにメールが指定されているので、 [メール保護] アラートの20つの段階すべてについてメールで送信されます。 第20ステージ後のエスカレーション間隔期間中、アラートがアクティブで未確認のままである場合、エスカレーション間隔で指定された期間に通知が第XNUMXステージの受信者に繰り返し送信されます(たとえば、エスカレーション間隔がXNUMX分である場合、ビルはアラートがクリアされるか確認されるまで、XNUMX分ごとに音声アラート)。

エスカレーションチェーンは、アラート通知を20分間で10アラート通知に制限するように構成されています。 再送されたアラート通知は、レート制限カウンターをインクリメントすることに注意してください。

例2

次のスクリーンショットに示されているエスカレーションチェーンは、XNUMXつのサブチェーンで構成される時間ベースのチェーンを示しています。

月曜日から金曜日の午前8時から午後5時の間にアラートがトリガーされた場合、この時間ベースのエスカレーションチェーンはSMSアラート通知をビルに送信します。 アラートをこのチェーンにルーティングするアラートルールで定義されたエスカレーション間隔内にアラートが確認またはクリアされない場合、アラートはエスカレートし、ステージがXNUMXつしかないため、SMSアラート通知をBillに再送信します。

月曜日から金曜日の午後5時から午前8時の間にアラートがトリガーされた場合、この時間ベースのエスカレーションチェーンはチャットルームにメッセージを投稿します。 アラートをこのチェーンにルーティングするアラートルールで定義されたエスカレーション間隔内にアラートが確認またはクリアされない場合、アラートはエスカレートし、ステージがXNUMXつしかないため、同じチャットルームにメッセージを再投稿します。

土曜日または日曜日のいずれかの時点でアラートがトリガーされると、この時間ベースのエスカレーションチェーンはチャットルームにメッセージを投稿します。 アラートをこのチェーンにルーティングするアラートルールで定義されたエスカレーション間隔内にアラートが確認またはクリアされない場合、アラートはエスカレートし、ステージがXNUMXつしかないため、同じチャットルームにメッセージを再投稿します。

例3

次のスクリーンショットに示されているエスカレーションチェーンは、アラート通知をに送信します [メール保護], だけ エスカレーション間隔が経過した後。

このエスカレーションチェーンの最初のステージには、受信者が割り当てられていません(つまり、空のステージです)。 空のステージは、エスカレーション間隔の間、アラート通知を遅らせるのに役立ちます。 この場合、このチェーンにルーティングするアラートルールのエスカレーション間隔が15分に設定されていると仮定すると、 [メール保護] 15分が経過するまで通知を受信せず、その15分以内にアラートが確認またはクリアされなかった場合に限ります。 アラートが第XNUMXステージ全体でアクティブで未確認のままである場合、アラートは再びエスカレートしますが、第XNUMXステージがないため、通知はに再送信されます。 [メール保護]

このエスカレーションチェーンにはレート制限が設定されていないため、無制限の数のアラート通知をにルーティングできます。 [メール保護] アラートが第XNUMX段階にエスカレートしたら。 (空の最初のステージではアラートは配信されないことに注意してください。)

記事上で