サポートセンターホーム


クラウドサービス制限使用率の監視

クラウドリソースの状態とパフォーマンスを監視することに加えて、信頼できるサービスとしてクラウドプロバイダーを監視することをお勧めします。 これは、可用性やサービス制限の使用率など、リソースの可用性やパフォーマンスに影響を与える可能性のあるアカウントレベルのメトリックを監視することを意味します。

AWSとAzureによって課せられるサービスとリージョン固有の制限に達すると、アプリケーションをスケーリングする能力に影響を与える可能性があります。 たとえば、EC2サービス制限に達すると、AutoScalingグループがアプリケーションの負荷をサポートするようにスケーリングできなくなる可能性があります。 LogicMonitorのAWSおよびAzureService Limit DataSourceのスイートを使用すると、サービス制限をすぐに監視できるだけでなく、LogicMonitorに組み込まれているしきい値を利用して、妥当な使用率を超えたときにアラートを受け取ることができます。 これらのデータソースのデータ収集は、LogicMonitorが管理するCloudCollectorを介して行われます。

LogicMonitorには現在、サービス制限を監視するための次のデータソースがあります。

  • AWS_EC2_ServiceLimits(リージョンごとの制限)
  • AWS_SES_ServiceLimits
  • AWS_AutoScaling_ServiceLimits
  • Azure_VM_ServiceLimits
  • Azure_Storage_ServiceLimits
  • Azure_Network_ServiceLimits
  • AWS_ClassicELB_ServiceLimits
  • AWS_EC2_TrustedAdvisorServiceLimits(インスタンスタイプごとの制限)

これらの各データソースは、リージョンをインスタンスとして(Azureのサブスクリプションごとに)検出し、制限、使用状況、および使用率を監視します。