モジュールの概要

最終更新日: 14 年 2024 月 XNUMX 日

モジュールは、監視対象のリソースからのデータに LogicMonitor がアクセス、収集、アラート、構成する方法を定義するテンプレートです。 LogicMonitor は、新しいモジュールのリリースにより、これらの監視機能を継続的に拡張します。 Modules は、モジュールおよびモジュール パッケージの LogicMonitor の集中型ライブラリです。

選択 モジュール LogicMonitor ナビゲーション サイドバーから My Module Toolbox を表示します。

マイ モジュール ツールボックス

My Module Toolbox はローカル環境であり、インストールしたすべてのモジュールが含まれています。 My Module Toolbox を使用すると、インストールされているモジュールを表示、フィルタリング、および更新できます。選択したモジュールのグループに対して一括アクションを実行することもできます。

注: My Module Toolbox は、Installed Modules (LM Exchange) を置き換えます。

モジュールステータス

My Module Toolbox は、インストールされているモジュールのリストを提供します。 [ステータス] 列では、次のインジケータが使用されます。

Status:Description
インストールモジュールの最新バージョンがインストールされます。

アップデイトインストールされたモジュールの新しいバージョンが利用可能です。

更新をスキップインストールされたモジュールの新しいバージョンが利用可能ですが、更新を無視するオプションがあります。 更新がスキップされた場合、別の更新が利用可能になるまで、このオプションは再び表示されません。 

カスタマイズツールボックス内の LogicModule がそのモジュールの元のものと異なる場合、モジュールは「カスタマイズされた」とみなされます。

注: インストール済みのモジュールをステータスでフィルタリングできます。 フィルタの詳細については、モジュールのフィルタリングを参照してください。

LogicMonitor は、インストールされているモジュールのステータスを表示するだけでなく、各モジュールの使用ステータスも表示します。 このステータスにより、モジュールが LogicMonitor ポータルに監視対象インスタンスを作成したかどうかを判断できます。 この情報を使用して、どのモジュールを更新する必要があるかを判断することもできます。

ツールボックス アクション

XNUMX つ以上のモジュール (チェックボックス) を選択すると、[アクション] ドロップダウン リストが表示されます。

[アクション] ドロップダウン リストには、次のオプションが含まれています。

Action Description
アップデイト選択したモジュールの最新バージョンを Exchange からインストールします。
更新をスキップ選択したモジュールの更新を無視します。
削除選択したモジュールを My Module Toolbox から削除します。

ツールボックスの詳細

モジュール テーブルの行を選択して、モジュールに関する詳細情報を含むパネルを表示します。 

詳細パネルのタブ

詳細パネルには、選択したモジュールに関する追加情報が表示され、次のタブに編成されています。

タブDescription
インフォ概要情報と説明。
に適用されますAppliesTo スクリプトを、テストまたはコピーのオプションとともに表示します。
Active Directoryスケジュールと方法を含む基本的な Active Discovery 情報。 詳細については、次を参照してください。 アクティブディスカバリーとは.
コレクション収集方法、スケジュール、および引数。
データポイント関連するデータポイントの名前と説明。 詳細については、次を参照してください。 データポイントの概要.
グラフ、概要グラフモジュールに関連付けられたグラフを表示します。
ローカルヒストリー作成者、タイムスタンプ、変更の説明など、モジュールのバージョンの履歴。

注: タブは、モジュール構成によって異なる場合があります。

ツールボックスの詳細オプション

詳細パネルには、インストール済みモジュールを編集および削除するためのオプションが含まれています。 

オプションは次のとおりです。

オプションDescription
編集モジュールを編集用に開きます。 詳細については、モジュールの編集を参照してください。

インストール取り付け状態表示灯。 オプション アップデイト or 更新をスキップ 存在する可能性があります。

削除モジュールを My Module Toolbox から削除します。

応募者と

Exchange は、インストール可能なモジュールとパッケージのリストです。 Exchange を使用して、モジュールの検索、新しいモジュールのインストール、または既存のモジュールとパッケージのアップグレードを行います。 選択する 応募者と My Module Toolbox から Exchange を開きます。

注: Exchange パッケージは、LogicModule のグループです。 パッケージは、特定のテクノロジを正常に監視するために必要なすべてのモジュールを提供し、モジュールの効率的なインポートを可能にします。

交換アクション

XNUMX つまたは複数のモジュール (チェックボックス) を選択すると、   メニューには、実行できる一括アクションが表示されます。

一括アクション/ステータスDescription
インストールを開始するインストール ボタンは、現在インストールしていない新しい LogicModule をインストールできる場合に表示されます。

アップデイト現在ローカルにインストールされている LogicModule の新しいバージョンが利用可能になると、[更新] ボタンが表示されます。

更新をスキップ[更新をスキップ]ボタンを使用すると、更新を無視できます。 別のアップデートが利用可能になるまで、このオプションは表示されません。 

注: パッケージのモジュールがインストールされておらず、インストールまたは更新に使用できる場合は、すべてのアクションを実行できます。

交換の詳細

モジュール テーブルの行を選択して、パッケージまたはモジュールに関する情報を表示する詳細パネルを開きます。 詳細パネルからアップデートをインストールすることもできます。 パッケージを選択すると、詳細パネルにパッケージに含まれるモジュールが表示されます。

注: Exchange でモジュールを編集することはできません。

モジュールのフィルタリング

デフォルトでは、インストールされているすべてのモジュールが My Module Toolbox に表示されます。 フィルタリング オプションを使用すると、モジュール タイプ、モジュール ステータス、更新ステータス、作成者、およびグループで検索できます。

フィルタリングオプション

これらのフィルタリング オプションは、My Module Toolbox および Exchange で使用できます。

フィルターオプションDescription
フィルターモジュール 検索バーを使用して、モジュールの説明のキーワードに基づいてモジュールのリストをフィルタリングします。

保存されたビュー検索するモジュールのテーブルをフィルター処理した後、フィルターのセットをビューとして保存して、後で再度実行することができます。 保存すると、ビューがツールバーに表示されます。

LogicModule タイプアイコンをクリックして、タイプに基づいてモジュールを検索します。 デフォルトでは、ModuleToolboxは次のように表示します。 すべて モジュールの種類。 詳細については、次を参照してください。 LogicModuleの概要.

パッケージExchange のみにあるこのオプションを使用すると、モジュール パッケージを検索できます。

フィルタを追加フィルターを追加 フィルタリング オプションのリストを表示します。 詳細については、フィルターの追加を参照してください。

フィルタを追加

フィルターの追加機能は、モジュールまたはパッケージのパラメーターに基づくフィルター オプションを提供します。 マイ モジュール ツールボックスの [フィルターの追加] オプションは、Exchange のものとは異なります。

フィルタを追加オプション
マイ モジュール ツールボックス
応募者と

フィルター オプションの追加

オプションDescription
カスタマイズモジュールのオリジナルからカスタマイズされたモジュールを表示します。
スキップされた更新以前の更新をスキップしたモジュールを表示します。 これにより、モジュールのリストを確認し、利用可能な最新バージョンに更新できます。
著者によって作成されたモジュールのフィルター このアカウント またはすべて。 
グループグループに追加されたモジュールをフィルタリングします。
Status:ステータスに基づいてモジュールをフィルタリングします。
サポート提供されるサポートの種類 (コミュニティ、非推奨、または公式) に基づいてモジュールをフィルター処理します。 コミュニティおよび非推奨の LogicModule は、テクニカル サポートの対象外です。 
タグモジュールに割り当てられたタグに基づいてモジュールをフィルタリングします。 タグを検索したり、フィルターにタグを追加することを選択したり、すべてを選択したりできます。 デフォルトはすべてです。
透明性パブリックなモジュールとパッケージをフィルターします。パブリック モジュールには、コミュニティで利用できるすべてのモジュールが含まれます。

コミュニティ

LogicMonitor ユーザー コミュニティのメンバーは、Exchange でモジュールとパッケージを作成して公開できます。コミュニティ メンバーによって共有されたスクリプトを含む LogicModule は、一般公開される前にセキュリティ レビューを受けます。このレビュー中に、モジュールは LogicMonitor によって精査され、その操作が実行されるコレクタのセキュリティや整合性に影響を与えないことが確認されます。 

記事上で