サポートセンターホーム


7.静的データポイントのしきい値の調整

意味のないLogicMonitorアラート通知を受け取りすぎると、最終的には重要なアラートを無視する可能性があります。 一方、重要なアラートを受信しないと、サービスのダウンタイムや停止につながる可能性があります。 これらの望ましくない状況の両方を回避するための鍵は、固有の環境に合わせてデータポイントのしきい値を調整することです。

LogicMonitorは、公開されたドキュメントとKPI、業界のベストプラクティス、調査、長年の経験、および顧客からのフィードバックに基づいてデフォルトの静的しきい値を設定することにより、多くの作業を行います。 これは、LogicMonitorのデータソースを介して監視するリソースの大部分について、アラートが箱から出してすぐにトリガーされることを意味します。

ただし、すべてのユースケースに適合するデータポイントのしきい値を設定することは不可能です。 ノイズを発生させることなくアラートの実装が十分であることを確認するために、使用しているデータソースのデフォルトのデータポイントしきい値を継続的に調整できます。 これはチューニングしきい値と呼ばれ、詳細については データポイントの静的しきい値の調整.

注意: アラートノイズに影響を与える可能性のあるその他のデータポイント設定(静的データポイントしきい値に加えて)には、動的しきい値、アラートトリガー間隔(つまり、アラートをトリガーするためにしきい値を超える必要がある連続ポーリングサイクル数)、アラートクリア間隔(つまり、多くの連続するポーリングサイクルのデータポイント値は、アラートがクリアされる前にしきい値を下回っている必要があります)、データなしのアラート動作(つまり、予期されるデータがない場合にアラートがトリガーされますか?) で説明したように データポイントの概要、これらの設定は、グローバルデータソース定義から構成されます。

デモ

次のデモンストレーションは、グローバルレベルとインスタンスレベルで静的しきい値を調整する方法を示しています。 このデモンストレーションは古いバージョンのLogicMonitorプラットフォームを特徴としていますが、提供されている一般的な情報がしきい値の調整を理解するのに非常に役立つ場合があります。

次のステップ:

環境に最適になるようにデータポイントのしきい値を調整したら、次のことを行う必要があります。 ユーザーと役割を追加する そして次に進む アラートルーティングを構成する 問題が発生したときに適切な人に確実に通知するため。

記事上で