サポートセンターホーム


SAPHANAモニタリング

概要

LogicMonitorのSAPHANA監視パッケージは、SAP JDBCパッケージを利用して、SAPシステムのHANAデータベースのステータスを監視および警告します。

互換性

LogicmonitorのSAPHANAパッケージは、バージョン2.0のSAPHANAオンプレミスサーバーとバージョン4.0のSAPHANAクラウドを使用して開発されました。 古いバージョンでも動作する可能性があります。 HANA以外のデータベースを使用したSAPのインストールは、このパッケージではサポートされていません。

SAPがHANAの新しいバージョンをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

以下の手順に従って、SAPシステムでHANAデータベースの監視を設定します。

必須条件

  • LogicmonitorCollectorバージョン30.000以降が必要です。
  • コレクターにインストールされたSAPHANA JDBCJar。
  • (推奨)オンプレミスインストールの場合、SNMPを使用してSAPHANAが使用するLinuxインストールを監視します。

コレクターにSAPJDBCをインストールする

LogicMonitorは、SAPJDBCコネクタを使用してSAPHANAからデータを取得します。 SAP JDBCは.jarファイルであり、コレクターにインストールする必要があります。

  • このスイートは、JDBCドライバーのバージョン2.8.14でテストされましたが、他のバージョンでも機能する可能性があります。 を参照してください SAPJDBCのMavenリポジトリ.
  • この.jarファイルをコレクターに追加する手順については、を参照してください。 Groovyライブラリの追加.

モニタリングへのリソースの追加

SAP HANAリソースがまだ追加されていない場合は、監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

  • SAP HANA Cloudインストールの場合、ホスト名としてクラウドエンドポイントを使用します。 クラウドエンドポイントの例は次のとおりです。5f670e4e-bdda-455d-9bee-f24284290121.hana.trial-us10.hanacloud.ondemand.com
  • オンプレミスインストールの場合、ホスト名にSAPサービスのDNS名を使用することをお勧めします。 それ以外の場合は、IPv4アドレスも機能します。
  • (オプション)Linuxインストールの場合、SNMPを有効にして各Linuxデバイスを監視します。

SAPHANAのクレデンシャルを取得する

Logicmonitorには、データにアクセスするためのSAPHANAユーザーとパスワードが必要です。 このユーザーは、特定のシステムテーブルへの「読み取り専用」アクセスが必要です。 SAP SQLコンソールを使用してユーザーを作成し、ユーザーにテーブル/ビューへのアクセスを許可します。

次の構成を、ユーザーの作成と権限の設定のガイドとして使用してください。 SAPのインストールには、異なる構成が必要になる場合があります。

  • 「パスワードを入力してください」というフレーズをLM_Userのパスワードに置き換えます。
  • 別のユーザー名を使用するには、LM_USERを選択したユーザー名に置き換えます。
CREATE RESTRICTED USER LM2_USER PASSWORD "Enter Your Password" NO FORCE_FIRST_PASSWORD_CHANGE;
ALTER USER LM_USER ENABLE CLIENT CONNECT;

GRANT CATALOG READ TO LM_USER;
GRANT SELECT ON _SYS_STATISTICS.STATISTICS_CURRENT_ALERTS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_BACKUP_CATALOG TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_BLOCKED_TRANSACTIONS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_CACHES TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_CONNECTION_STATISTICS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_CONNECTIONS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_DATABASE TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_DATABASES TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_DATABASE_HISTORY TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_DISKS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_EXPENSIVE_STATEMENTS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_GARBAGE_COLLECTION_STATISTICS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_HOST_INFORMATION TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_HOST_RESOURCE_UTILIZATION TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_JOB_PROGRESS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_LANDSCAPE_HOST_CONFIGURATION TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_LICENSE TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_MEMORY TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_RECORD_LOCKS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_SERVICE_MEMORY TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_SERVICE_STATISTICS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_SERVICE_THREADS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_SERVICES TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_SHARED_MEMORY TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_SYSTEM_OVERVIEW TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_TABLE_VIRTUAL_FILES TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_TRANSACTIONS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_VOLUME_IO_STATISTICS TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_VOLUME_SIZES TO LM_USER;
GRANT SELECT ON SYS.M_VOLUMES TO LM_USER;

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のSAPHANAリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ 製品説明
hana.user HANAユーザー名。
hana.pass HANAパスワード。
SNMPクレデンシャル (オプション)SNMPクレデンシャルを確立するために必要なプロパティは、使用されているSNMPバージョンによって異なります。 見る 認証資格情報の定義.
hana.port (オプション)HANAがアクセスするTCPポート。 デフォルトは39013です。必要な数のポートをコンマ区切りで入力します。
hana.dbname (オプション)HANAデータベース名。 インスタンスを手動で設定する場合にのみ必要です。 複数のdbnameが必要な場合は、コンマを使用して名前を区切ります。
hana.dbname.url (オプション)hana.dbnameが構成されている場合は、dbnameごとにURLが必要です。 URL形式は次のとおりです。 jdbc:sap//hostname:port

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリからすべてのSAPHANALogicModuleをインポートします。 見る パッケージ内のLogicModules.

これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。 すべてのセットアップ要件が完了すると、LogicModuleがインポートされるとデータ収集が開始されます。

考慮事項

  • 複数のデータベースインスタンスには複数のポートが必要です。 各データベースはTCPポートから検出されます。
  • データベースが複数のホストを使用している場合、ホストは自動的に検出されます。 HANAのプライマリエンドポイントがリソースのホスト名であることを確認してください。

トラブルシューティング

  • 「SAPHANAトラブルシューティング」データソースは、構成と権限の問題をキャプチャします。 データが期待どおりに返されない場合は、リソースツリーでこのデータソースに移動し、エラーの存在を確認します(エラーはリソースツリーにインスタンスとして表示されます)。 さらに、トラブルシューティングデータソースによってキャプチャされたエラーはすべてアラートの詳細に含まれます。
  • このパッケージのモジュールは、データ収集スクリプトに埋め込まれたデバッグモードで設計されています。 問題が発生した場合は、変数debugを「true」に設定してデバッグモードをオンにし、コレクターデバッグ機能でスクリプトをテストするときに出力でより多くの情報を取得します。 Collector Debug Facilityでのスクリプトのテストの詳細については、を参照してください。 スクリプトのトラブルシューティング.

パッケージ内のLogicModules

SAP HANA用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
addCategory_SAP_HANA プロパティソース SAP HANAのローカルインスタンスの場合はカテゴリ「HANA」を追加し、クラウドインスタンスの場合は「HANA_Cloud」を追加します。
HANAバックアップ時代 データソース 各バックアップ時間の最後のバックアップの終了からの秒単位の時間。
HANAデータベースの可用性 データソース シングルまたはマルチテナント環境でのHANAサービスの可用性を監視します。 コレクターがHANAに接続できない場合にも警告します。 これは、接続に関する主要なアラートモジュールです。
HANAディスク使用量 データソース シングルまたはマルチテナント環境でのHANAのディスク使用量を監視します。
HANAホストのメモリ使用率 データソース SAPデータベースによって報告されたSAPデータベースホストのメモリ使用率の統計。 SAPインスタンス上の複数のホストをチェックし、ホストごとにグループ化します。
データベースインスタンス別のHANAメモリ データソース データベースおよび各データベースで実行されているプロセスによるメモリ使用量の内訳。 一部のプロセスは複数のデータベースに割り当てられており、XNUMX回表示されます。 マルチテナント環境のプロセスがアラートステータスに達すると、アラートが重複する可能性があります。
HANAサービスステータス データソース SAPデータベースによって報告されたSAPデータベースサービスのステータス。
HANA TableSize On Disk(仮想ファイル) データソース これにより、ディスクレベルのすべての仮想ファイルコンテナの物理サイズの合計が返されます。これは、ディスクレベルのカタログオブジェクトの合計サイズを表します。 これが観察したデータボリュームの使用率から大幅に逸脱している場合は、データベーステーブルとインデックス以外のデータボリュームを使用しているオブジェクトがあります。 仮想ファイルコンテナの合計が、データボリュームのOSレベルで観察されたディスク使用率と一致しない場合は、さらにチェックする必要があります。
HANAトップ10アクティブ接続 データソース いくつかの接続情報を含む上位10の接続。 最後の収集期間に発生した接続の数を確認します。 過去15分間の接続数を調べてインスタンスを作成し、5分ごとにポーリングして接続数と転送されたデータ量を確認します。
SAPトラブルシューター データソース SAPデータベースの既知の問題をチェックします。 接続文字列とテーブルの可用性をチェックして、構成の問題を明らかにします。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で