サポートセンターホーム


LogicModulesの概要

LogicModulesの概要

LogicModuleは、監視するリソースからのデータにLogicMonitorがアクセス、収集、アラート、および構成する方法を定義するテンプレートです。 LogicModule定義は、から表示、編集、および作成できます。 設定> LogicModules。 LogicModuleには8つのタイプがあります。

データソース

データソースは、どの数値時系列データを収集するか、どのように収集するか、どの値をグラフ化してアラートをトリガーするかを定義します。 LogicMonitorには、XNUMXを超える事前構成済みのデータソースが付属しており、リリースごとに新しいデータソースが追加され、インフラストラクチャ内のデバイスの監視を即座に開始できます。

詳細については、当社をご覧ください データソースサポート記事のセット.

イベントソース

EventSourcesは、IPMIイベントログイベント、SNMPトラップ、Windowsイベントログ、Syslogイベントなど、数値以外のイベントベースのデータの監視およびアラートアクティビティを定義します。 EventSourceには次のXNUMXつのタイプがあります。

  1. コレクターが受信した非同期イベントメッセージを監視するEventSources
  2. 特定のイベントの存在についてイベントログまたはログファイルをアクティブに監視するEventSources

EventSourcesの詳細については、 EventSourceサポート記事のセット トピックに関する。

構成ソース

ConfigSourcesは、埋め込まれたGroovyまたはPowerShellスクリプトを使用して、リソースの構成ファイルへの変更にアクセス、収集、およびアラートを出します。 詳細については、 ConfigSourceサポート記事のセット.

プロパティソース

PropertySourcesは、埋め込まれたGroovyまたはPowerShellスクリプトを使用してデバイスプロパティをプログラムで構成する手段を提供します。 PropertySourcesを使用して、任意のプロパティと値をデバイスに割り当てることができます。 自動化されたプロパティの割り当ては、在庫の追跡とレポート、トラブルシューティング、動的なグループ化などの目的に使用できます。

詳細については、を参照してください。 プロパティソースの作成.

トポロジーソース

TopologySourcesは、LogicMonitorのトポロジマッピング機能を有効にします。 LogicMonitorによって事前に構築されたTopologySourcesは、レイヤー2検出プロトコル(LLDPやCDPなど)を利用して、ネットワーク内の多数の監視対象デバイス間の論理関係を定義するために使用される情報を収集します。

TopologySourcesがトポロジマッピングを容易にする方法の詳細については、を参照してください。 TopologySourceの概要 影響により トポロジマッピングの概要.

ジョブモニター

JobMonitorsは、WindowsおよびLinux / Unixシステムでバッチジョブを監視して、ジョブが時間どおりに開始され、期待どおりに完了し、適切な終了コードで終了することを確認します。 提供されているラッパースクリプトを使用してジョブの監視を有効にし、バッチジョブを実行します。 ラッパースクリプトは、ジョブの実行に関する情報をコレクターに送信します。

詳細については、当社をご覧ください JobMonitorサポート記事のセット.

AppliesTo関数

AppliesTo関数は、LogicModuleをデバイスに適用し、動的グループのメンバーシップの基準を指定し、ダッシュボードウィジェットを構成し、LogicMonitorプラットフォーム全体でその他のさまざまな機能を実行するために使用されます。

詳細については、を参照してください。 AppliesTo関数.

SNMPSysOIDマップ

SNMP SysOIDマップは、SNMPに応答するデバイスを分類するために使用されます。 SysOIDマップは、正規表現としてフォーマットされた完全または部分的なsysOIDと、そのsysOIDに関連付けられたXNUMXつ以上のカテゴリのXNUMXつの部分で構成されます。 SNMPに応答するデバイスが監視用に追加されると、そのSysOIDがSNMPSysOIDマップのエントリと照合されます。 一致するものが見つかると、対応するカテゴリがに追加されます system.categories デバイスのプロパティ。

詳細については、を参照してください。 SNMPSysOIDマップ.

モジュールスニペット

モジュールスニペットは、関数、クラス、およびデータを含むことができる再利用可能なコードの断片です。 スニペットは、新しいLogicModuleによって使用され、コレクターのデータのフォーマットやトポロジの生成などの一般的な機能を実装したり、APIとの対話などの他のデバイス固有のコードを実装したりします。

スニペットのサポートには、コレクターバージョン30.000以降が必要です。 現在、お客様は自分でスニペットを作成またはデプロイすることはできません。

記事上で