CitrixVADモニタリング

最終更新日: 13 年 2022 月 XNUMX 日

LogicMonitorのCitrixVirtualApps and Desktops(VAD)監視パッケージは、Citrix VAD OData4 APIを利用して、アプリケーションとデスクトップのステータス、およびさまざまなヘルスとパフォーマンスのメトリックのWMI通信を監視およびアラートします。

互換性

Citrix VAD OData4ベースのモジュールには、Citrix(VAD)Virtual AppsandDesktopsバージョン7.15.1912LTSR以降が必要です。

Citrixが新しいバージョンの仮想アプリとデスクトップをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

  • NTLMベースの認証が必要であり、Windows2019以降のリソースで有効にする必要がある場合があります。
  • WMIを有効にする必要があります。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops(VAD)OData4 APIは、コレクターからアクセスできる必要があります。

モニタリングにリソースを追加する

  • Citrix(VAD)仮想アプリおよびデスクトップホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.
  • システムカテゴリCitrixBrokerActiveをファームごとにXNUMXつのホストに追加します。

CitrixブローカーはCitrixファーム全体からデータを収集するため、このスイートの一部のデータソースは、ファームごとにXNUMXつのDDCに対してのみアクティブにする必要があります。 ファーム内の単一のリソースにsystem.categoryCitrixBrokerActiveを追加して、CitrixBrokerActiveカテゴリを必要とする次のモジュールを介した監視を有効にします。

データソースCitrixBrokerActiveが必要ですか?
Citrix_VAD_ApplicationsUsageあり
Citrix_VAD_ConnectionFailureSummaryあり
Citrix_VAD_DeliveryGroupsいいえ
Citrix_VAD_LoadIndexMetricsあり
Citrix_VAD_MachineHotfixLogsあり
Citrix_VAD_MachineSummaryあり
Citrix_VAD_Servicesいいえ
Citrix_VAD_SessionActivitySummariesいいえ
Citrix_VAD_Troubleshooterいいえ

資格情報を取得する

LogicMonitorは、Citrix(VAD)Virtual AppsandDesktopsリソースのデータに正常にアクセスするために適切なクレデンシャルを提供する必要があります。 これらの資格情報は、次の最小権限が割り当てられているアカウントに属している必要があります。

仕事の内容製品説明
読み取り専用管理者少なくとも読み取り専用の管理者アカウントが必要です

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のCitrix(VAD)仮想アプリおよびデスクトップリソースで設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
Citrix.VAD.UserREST APIのユーザー名は、値XenApp.userが存在する場合はそれを上書きします。 XenApp.userは、Citrix.VAD.Userがプロパティとして設定されていない場合にのみフォールバックとして使用されます。 これは通常、ドメイン環境ではDOMAIN\usernameに設定する必要があります。
Citrix.VAD.PassREST APIパスワードは、存在する場合、XenApp.passの値を上書きします。 XenApp.passは、Citrixの場合にのみフォールバックとして使用されます。
システム カテゴリ「CitrixBrokerActive」をファームごとにXNUMXつのリソースに追加します(この値は、system.categoryプロパティのカテゴリとして手動で追加する必要があります。
Citrix.VAD.SecureHostname(オプション)使用されるssl証明書のホスト名がsystem.hostnameの値と異なる場合。
Citrix.VAD.HTTPS(オプション)httpsアクセスが構成されている場合、これによりプロトコルが有効になります。
CitrixMonitorServiceV4addCategory_CitrixMonitorServiceV4によって追加されました。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、すべてのCitrix(VAD)仮想アプリおよびデスクトップLogicModulesをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。 LogicModulesがインポートされると、データ収集が自動的に開始されます。

考慮事項と警告

  • Citrix_XenApp_UserExperienceおよびCitrix_XenApp_HypervisorConnectionsはWMIベースであり、(VAD)仮想アプリおよびデスクトップホスト上のこのモジュールスイートで使用できます。 二重監視および二重アラートを防ぐために、Citrix_XenApp_UserExperienceおよびCitrix_XenApp_HypervisorConnections以外のCitrix_XenAppモジュールをCitrix(VAD)仮想アプリおよびデスクトップ(VAD)リソースで使用しないでください。
  • Citrix_VAD_ServicesはCitrix_XenApp_Servicesを廃止し、古いXenApp環境でも置き換える必要があります。
  • 従来のデータソースWinCitrixServices-は廃止され、Citrix_VAD_Servicesに置き換えられました。 Citrix_VAD_Servicesは、addCategory_CitrixMonitorServiceV2またはaddCategory_CitrixMonitorServiceV4モジュールがリソースにカテゴリを適用すると、サポートされているバージョンのXenAppと、サポートされているバージョンの仮想アプリおよびデスクトップで機能します。

トラブルシューティング

  • 一部のアプリケーションとデスクトップの使用は一時的なものであるため、一部のインスタンスはデータを返さないか、そのインスタンスのリソースによってデータが出力されていない場合は-1を返すことがあります。
  • CitrixBrokerActiveが設定され、ファームの監視が開始されると、リソースのCPU使用率が高くなります。
  • このCitrixVirtualApps and Desktops(VAD)モジュールのスイートには、トラブルシューティングに役立つCitrix_VAD_Troubleshooterモジュールが含まれています。

レガシーLogicModulesからの移行

2022年7.15.1912月、LogicMonitorはCitrix(VAD)仮想アプリおよびデスクトップモジュールの新しいスイートをリリースしました。 これらのモジュールは、Citrix(VAD)Virtual Apps and Desktops4LTSR以降を実行しているリソースで動作します。 新しいデータソースのほとんどは、OData2 API、PowerShell、およびWMIを介してAPIにデータを照会します。 一方、以前のスイートは主にODataXNUMX API、PowerShell、およびWMIに依存していました。

  1. このスイートのすべてのモジュールをインポートします。
  2. まだ設定されていない場合:リソースのカテゴリをCitrixBrokerActiveに設定することにより、ブローカーサービスからのデータのソースとしてファームごとにXNUMXつのDDCリソースを選択します
  3. 一部のXenAppモジュールの適用を解除します(Citrix Virtual Apps and Desktops 7.15.1912 LTSR以降を実行しているリソースのみを監視する環境の場合)
  • Citrix_XenApp_UserExperienceおよびCitrix_XenApp_HypervisorConnectionsを除き、他のすべてのCitrix_XenApppモジュールをCitrix(VAD)Virtual Apps and Desktops 7.15.1912 LTSR以降を実行しているリソースに適用しないでください。これにより、二重監視および二重アラートによるパフォーマンス負荷の増加を回避できます。 Citrix_XenAppおよびCitrix_VADモジュールを7.15.1912LTSR以降のリソースに適用すると、両方のデータソースセットがアクティブであり、リソースがCitrixMonitorServiceV2カテゴリを保持している限り、重複データを収集して重複アラートを受信できます。
  • 混合(7.15.1912未満のXenApp / Citrix Virtual Apps and Desktops 7.15.1912以降)環境では、CitrixがXenAppリソースをサポートしている限り、XenAppモジュールを引き続きサポートします。
  • 履歴データを保持する必要がない場合は、CitrixMonitorServiceV2カテゴリがPropertySourceによって適用された後の二重監視を回避するために、XenApp監視から除外するリソースからCitrixMonitorServiceV4カテゴリを削除できます。
  1. XenAppを実行しているポータルを実行していない場合:Citrix_XenApp_UserExperienceおよびCitrix_XenApp_HypervisorConnectionsを除き、新しいデータソースのセットをインポートして環境で意図したとおりに機能していることを確認した後、残りのCitrix_XenAppデータソースを無効にすることをお勧めします。
  • データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

パッケージ内のLogicModules

Citrix(VAD)仮想アプリおよびデスクトップ用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名種類製品説明
Citrix_VAD_ApplicationUsageデータソース7日、30日、XNUMX日の使用期間、起動数、インスタンス数など、仮想アプリとデスクトップのアプリケーション使用量を監視します。
Citrix_VAD_ConnectionFailureSummaryデータソース使用可能なライセンスなし、使用可能な容量なし、クライアント接続障害、および構成エラー数を含む接続障害の要約カウント。
Citrix_VAD_DeliveryGroupsデータソースアプリケーションおよびデスクトップインスタンスの配信グループ情報。 また、各配信グループの障害ログの要約データを収集します。
Citrix_VAD_LoadIndexMetricsデータソースサーバーのCPU、メモリ、ディスク、ロードインデックスデータ。
Citrix_VAD_MachineHotfixLogsデータソースマシンごとに利用可能であるが適用されていない修正プログラム、および適用されているが削除された修正プログラムを検索します。
Citrix_VAD_MachineSummaryデータソースCPU、メモリ、セッション、動作状態、障害傾向のカテゴリ数などのマシンデータを監視します。 マシン障害の傾向の個々のカテゴリ数には、リソースの可用性、ライセンス障害、接続タイムアウト、セッション制限など、および合計障害数が含まれます。 また、XNUMX時間ごとに公開されるIOPSとレイテンシーのマシンメトリックデータを監視します。
Citrix_VAD_Servicesデータソース状態、開始モード、ステータス、終了コード、サービス固有のエラーコードなど、WMIを介してCitrixサービスの状態を追跡します。
Citrix_VAD_SessionActivitySummariesデータソースログオンパフォーマンスとセッションアクティビティの概要
Citrix_VAD_TroubleshooterデータソースCitrix Virtual Apps andDesktopsAPI接続の問題のトラブルシューティングを行います。
Citrix_XenApp_Hypervisor接続データソースハイパーバイザー接続の状態を確認します。
Citrix_XenApp_UserExperienceデータソースWMIを介してXenApp/XenDesktopセッションエクスペリエンスを監視します。
addCategory_Citrix_LicensingプロパティソースサーバーがCitrixライセンスを実行している場合は、適切なsystem.categoriesを設定します。
addCategory_CitrixEUEMプロパティソースCitrix_EUEM WMIクラスの存在を確認し、「CitrixEUEM」システムカテゴリを設定します。
addCategory_Citrix_LicensingプロパティソースサーバーがCitrixライセンスを実行している場合は、適切なsystem.categoriesを設定します。
addCategory_CitrixMonitorServiceV4プロパティソースCitrix Monitor Servicesをチェックし、適切なシステムカテゴリを設定します。
addCategory_CitrixMonitorServiceV2プロパティソースCitrix Monitor Servicesをチェックし、適切なシステムカテゴリを設定します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で