Kubernetes モニタリングのサポート マトリックス

最終更新日: 22 年 2023 月 XNUMX 日

LogicMonitor は、常に最新の 60 つのバージョンの Kubernetes を正式にサポートしており、正式リリースから XNUMX 日以内に新しいバージョンのサポートを提供することを目指しています。 LogicMonitor は、LM コンテナのインストール用に次のプラットフォームをサポートします。

  • AMD64 アーキテクチャ上の Linux
  • 次の検証済みコンテナプラットフォームでのAmazonElasticContainer Service(ECS):
    • アマゾンファーゲート
    • Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)
    • Amazon ボトルロケット OS
  • アマゾンウェブサービス(AWS)のElastic Kubernetes Service(EKS)
  • MicrosoftAzureのAzureKubernetesService(AKS)
  • GoogleCloudのGoogleKubernetesEngine(GKE)
  • Red Hat OpenShift コンテナ プラットフォーム
  • Amazon EKS Anywhere プラットフォーム

LogicMonitor の Kubernetes バージョン サポート ポリシーは、主要なクラウド プロバイダーの Kubernetes サービスのポリシーと一致しています。 EKS (AWS)AKS (アズール)GKE(GCP)、 OpenShift (レッドハット). さらに、さまざまな Kubernetes バージョンに対する Kubernetes コミュニティのサポートにも準拠しています。 これにより、これら XNUMX つのクラウド サービスとコミュニティによって支えられているすべての Kubernetes バージョンのサポートを提供することになります。 アップストリーム Kubernetes リリースの LM コンテナー サポートの次の現在のカレンダーは、これらのプロバイダーと Kubernetes コミュニティからの継続的なサポートを反映するために定期的に更新されます。

Kubernetesバージョン上流のリリース日LM コンテナのサポート終了
1.28
(推奨)
2020年11月12日October 2024
1.272020年4月8日2024年六月
1.262018年12月27日2024年六月
1.252020年 8月12日2024年XNUMX月
1.242019年5月29日2024年 XNUMX月

次の表に、サポートされている OpenShift のバージョンを示します。

OpenShift バージョン一般提供LM コンテナのサポート終了
4.12
(推奨)
17 年 1 月 2023 日2020年3月5日
4.112020年 8月12日10年 2023月日
4.102020年3月5日2018年7月19日

次の表は、サポートされている Kubernetes と Helm のバージョンと、互換性のある LM Container Chart、Argus、および Collectorset-Controller のバージョンを示しています。

LMコンテナチャート

Kubernetesバージョン兜バージョンLMコンテナチャート
1.28
(推奨)
36.0.0以降
1.2733.5.0以降
1.2633.5.0以降
1.2533.5.0以降
1.2431.0.0以降

Argus と Collectorset-Controller

Kubernetesバージョンヘルメット
アーガス
コレクターセット-コントローラーバージョン
1.28
(推奨)
3v7v3
1.273v7v3
1.263v7v3
1.253v6、v7v2、v3
1.243v6、v7v2、v3

注: メジャーバージョン番号(v3など)でイメージタグを参照すると、マイナーバージョン番号とバグ修正バージョン番号がインクリメントされたバージョンと一致すると同時に、正確なバージョンを指定することもできます。 前の表では、バージョンはメジャーバージョン番号に従って参照されています。使用可能なすべてのイメージタグを表示するには、を参照してください。 Dockerhub.

サポートされているリソース

監視には、次のリソースがサポートされています。

LMコンテナチャート

サポートされているリソースの表には、各リソースの次の詳細が含まれています。

  • LMコンテナチャートのバージョン- サポートされている最小の LM コンテナ チャートのバージョンを表示します。
  • APIサーバーによるメトリクス収集- リソースがリソース検出に Kubernetes API サーバーを使用し、現在のメトリクス データをスクレイピングするためにリソースのメトリクス エンドポイントを使用するかどうかを表示します。
  • KSM によるメトリクスの収集- リソースがメトリクス データのスクレイピングに KSM を使用するかどうかを表示します。
  • トポロジー- リソースがトポロジをサポートしているかどうかを表示します。
  • コンフォグソース- リソースが configSource をサポートしているかどうかを表示します。
サポートされているリソースLMコンテナチャートのバージョンAPIサーバーによるメトリクス収集KSM によるメトリック収集トポロジー構成ソース
Kubernetes など4.4.0以降はい
Kubernetesコントローラーマネージャー4.2.0以降はい
Kubernetes イングレス 4.2.0以降はい
NGNIX イングレス コントローラー 4.2.0以降はい
Kubernetes API サーバー4.0.0以降はい
Kubernetes スケジューラ3.5.0以降はい
ヘルムチャートのリリース3.2.0以降はい
職種3.1.0以降はいはい
役割のバインディング3.1.0以降はいはい
カスタムリソース定義(CRD)3.1.0以降はいはい
ストレージクラス3.0.0以降はいはい
優先クラス3.0.0以降はいはい
サービスアカウント3.0.0以降はいはい
クラスターロール3.0.0以降はいはい
ClusterRole バインディング3.0.0以降はい
限界範囲2.0.0以降はい
リソース割り当て2.0.0以降はい
ネットワークポリシー2.0.0以降はい
シークレット1.2.0以降はい
構成マップ1.1.0以降はい
ポッド破壊の予算1.1.0以降はい
ステートフルセット1.0.0以降はいはい
レプリカセット1.0.0以降はいはい
デーモンセット1.0.0以降はいはい
永続ボリューム1.0.0以降はいはい
永続的なボリューム要求1.0.0以降はいはい
エンドポイント1.0.0以降はいはい
Jobs > Create New Job1.0.0以降はいはい
cronジョブ1.0.0以降はいはい
HPA1.0.0以降はい
ポッド1.0.0以降はいはい
Nodes1.0.0以降はいはい
サービス1.0.0以降はいはい
デプロイメント1.0.0以降はいはい

アーガス

サポートされているリソースの表には、各リソースの次の詳細が含まれています。

  • アーガスバージョン- サポートされている最小の Argus バージョンを表示します。
  • ヘルム チャートのバージョン- サポートされている Helm チャートの最小バージョンを表示します。
  • APIサーバーによるメトリクス収集- リソースがリソース検出に Kubernetes API サーバーを使用し、現在のメトリクス データをスクレイピングするためにリソースのメトリクス エンドポイントを使用するかどうかを表示します。
  • KSM によるメトリクスの収集- リソースがリソース検出に KSM を使用し、現在のメトリクス データをスクレイピングするためにリソースのメトリクス エンドポイントを使用するかどうかを表示します。
  • トポロジー- リソースがトポロジをサポートしているかどうかを表示します。
  • コンフォグソース- リソースが ConfigSource をサポートしているかどうかを表示します。
サポートされているリソースアーガスバージョンヘルム チャートのバージョンAPIサーバーによるメトリクス収集KSM によるメトリック収集トポロジー構成ソース
ステートフルセットv7アーガス
2.2.0
はいはい
レプリカセットv7アーガス
2.2.0
はいはい
デーモンセットv7アーガス
2.2.0
はいはい
永続ボリュームv7アーガス
2.2.0
はいはい
永続的なボリューム要求v7アーガス
2.2.0
はいはい
エンドポイントv7アーガス
2.2.0
はいはい
Jobs > Create New Jobv7アーガス
2.2.0
はいはい
cronジョブv7アーガス
2.2.0
はいはい
HPAV5以降アーガス
0.18.0、
アーガス
1.2.0
はい
ポッドV3以降アーガス
0.13.0、
アーガス
0.15.0
はいはい
NodesV3以降アーガス
0.13.0、
アーガス
0.15.0
はいはい
サービスV3以降アーガス
0.13.0、
アーガス
0.15.0
はいはい
デプロイメントV3以降アーガス
0.13.0、
アーガス
0.15.0
はいはい
記事上で