サポートセンターホーム


LogicMonitorのKubernetesモニタリングについて

概要

LogicMonitorのKubernetesMonitoring Integrationにより、Kubernetesクラスターとその中で実行されているコンテナー化されたアプリケーションを包括的に監視できます。

互換性

LogicMonitorは、いつでも最新の60つのバージョンのKubernetesを公式にサポートし、公式リリースからXNUMX日以内に新しいバージョンのサポートを提供することを目指しています。 さらに、LogicMonitorは、AWSボトルロケットOSでのLM Container KubernetesMonitoringの実行を公式にサポートしています。 https://aws.amazon.com/bottlerocket/.

次の表は、サポートされているKubernetesとHelmのバージョンと、互換性のあるArgusおよびCollectorset-Controllerのバージョンを示しています。

Kubernetes
バージョン
ヘルメット
バージョン
アーガス
バージョン
コレクターセット-コントローラーバージョン
1.213v3、v4、v5v2
1.203v3、v4v2
1.193v3、v4v2
1.183v3、v4v2
1.173v3、v4v2
1.163v3、v4v2
1.152v2、最新v1、最新

注意: メジャーバージョン番号(v3など)でイメージタグを参照すると、マイナーバージョン番号とバグ修正バージョン番号がインクリメントされたバージョンと一致すると同時に、正確なバージョンを指定することもできます。 上記の表では、バージョンはメジャーバージョン番号に従って参照されていますが、参照する必要があります DockerHub 利用可能なすべての画像タグ。

依存関係

統合は、それぞれがクラスター内でポッドとして実行されるXNUMXつの軽量アプリケーションに依存しています。

  • 検出のためにクラスターで実行されているアプリケーションArgus。 Argusは、LogicMonitorのAPIを使用して、ノード、ポッド、およびサービスを監視に追加します。
  • Collectorset-データ収集のためにXNUMXつ以上のDockerizedLogicMonitorコレクターを管理するコントローラー。 Kubernetes ClusterリソースがLogicMonitorに追加されると、データ収集が自動的に開始されます。 Kubernetes APIを介して、ノード、ポッド、コンテナ、サービスのデータが収集されます。 さらに、標準のコンテナ化されたアプリケーション(Redis、MySQLなど)が自動的に検出および監視されます。

注意: LogicMonitorのKubernetesモニタリング統合は、と呼ばれるアドオン機能です。 LMコンテナ。 開始するには、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)に連絡する必要がある場合があります。

始めに

開始するには、XNUMXつのオプションがあります。

  • 次の項目を選択します。: 追加| Kubernetesクラスター LogicMonitor内の[リソース]ページから、簡単なセットアップウィザードに従います(推奨)。 詳細については、を参照してください。 Kubernetesクラスターをモニタリングに追加する.
  • 保湿ケアを行うことで、水分と油分のバランスを整えていきましょう。 これらの命令 LogicMonitor UIの外部で、プログラムで開始します。

記事上で