サポートセンターホーム


コレクターのフェイルオーバーとフェイルバック

概要

すべてのコレクター(自動バランスコレクターグループのメンバーではない)には、フェールオーバーコレクターを割り当てる必要があります。 フェールオーバーコレクターは、コレクターを単一障害点として排除し、コレクターがダウンした場合でも監視を継続できるようにします。

コレクターがダウンしていると宣言された場合(LogicMonitorのサーバーからXNUMX分間応答がない場合、コレクターがダウンしていると宣言されます)、ダウンしたコレクターによって監視されているすべてのデバイスは、フェイルオーバーコレクターが指定されていると仮定して自動的にフェイルオーバーします。 ダウンしたコレクターがオンラインに戻ると、フェールバックは自動的に(コレクターで自動フェイルバックが有効になっている場合)、または手動で実行できます。

注意: LogicMonitorは、このサポート記事全体で説明されているXNUMX対XNUMXのコレクターフェイルオーバー/フェイルバック方法をサポートするだけでなく、自動バランスコレクターグループ(ABCG)のコンテキスト内でフェイルオーバー/フェイルバックもサポートします。 ABCGのコレクターは、デバイスの負荷を共有し、動的フェイルオーバーをサポートします。 ABCGの詳細については、を参照してください。 自動バランスコレクターグループ.

フェールオーバーコレクターの指定

フェールオーバーコレクターはダウンコレクターのすべての監視を引き継ぐため、XNUMXつのコレクター(元の優先コレクターとフェールオーバーコレクター)が適切に一致していることを確認することが重要です。 つまり、フェールオーバーコレクターは、元のコレクターと同じデータ収集機能と構成を備えている必要があります。 たとえば、両方のコレクターは、モニターホストへのアクセスを制限するファイアウォールの例外としてリストする必要があります。 両方のコレクターは、特定のsnmpd.conf、ntp.conf、または監視アクセスを制限する可能性のあるその他の構成設定で許可されている必要があります。 また、両方のコレクターが同じオペレーティングシステム(LinuxやWindowsなど)上にある必要があります。

このため、LogicMonitorでは、フェールオーバーコレクターをペアで構成することをお勧めします(つまり、コレクターAはコレクターBにフェイルオーバーし、コレクターBはコレクターAにフェイルオーバーします)。 この推奨事項が示すように、フェールオーバーコレクターには、独自の監視タスクのセットを割り当てることもできます。

フェールオーバーコレクターを指定するには:

  1. フェールオーバーコレクターを指定しているコレクターと同じデバイスのセットを監視できる別のサーバーにあるコレクターをインストール/識別します。
  2. 元のコレクターの[コレクターの管理]ダイアログから( 設定| コレクター| 管理する)、からフェイルオーバーコレクターを選択します フェイルオーバーコレクター フィールドのドロップダウンメニュー。
  3. フェールオーバーコレクターを指定すると、次のXNUMXつのオプションが表示されます。
    • 再び使用可能になったら、PreferredCollectorの使用を再開します。 チェックしたままにすると、コレクターへの自動フェールバックが有効になります。 元のコレクターへの自動フェールバック このサポート記事のセクション。 チェックを外すと、フェールバックを手動で開始する必要があります。 元のコレクターへの手動フェールバック このサポート記事のセクション。
    • 除外するフェイルオーバーアクションから。 チェックしたままにすると(推奨)、コレクターデバイスはフェイルオーバーから除外されます。 コレクターは自分自身を監視するため、コレクターのメトリックを保持するため、これが最も望ましいと思われます。

コレクターのフェイルオーバー

コレクターがダウンしていると宣言された場合、ダウンしているコレクターによって監視されているすべてのデバイスは、XNUMXつが指定されていると想定して、フェイルオーバーコレクターに自動的にフェイルオーバーします。

注意: コレクターはダウンしていると宣言されているため、LogicMonitorのサーバーがコレクターからXNUMX分間応答しないと、フェイルオーバーに入ります。 (フェイルオーバーを開始するための時間枠は、複数の複雑なプロセスによって管理されており、ケースごとにタイミングがわずかに異なる場合があります。)

注意: コレクターがSDTにある場合でも、コレクターのフェイルオーバーイベントが通知されます。

コレクターのフェールバック

ダウンしたコレクターがオンラインに戻ると、フェールバックは自動的に(コレクターで自動フェイルバックが有効になっている場合)、または手動で実行できます。

元のコレクターへの自動フェールバック

元のコレクターへのデバイスの自動フェールバックを有効にするには、コレクターの[コレクターの管理]ダイアログに移動します(設定| コレクター| 管理) チェックして 再び利用可能になったら、PreferredCollectorの使用を再開します オプション。 で説明されているように フェールオーバーコレクターの指定 このサポート記事のセクションでは、このオプションは、フェールバックコレクターがで指定されている場合にのみ使用できます。 フェイルオーバーコレクター フィールド。

注意: LogicMonitorは、コレクターが機能を再開して自動フェイルバックを開始した後、XNUMX分間待機します。 (フェイルオーバーを開始するための時間枠は、複数の複雑なプロセスによって管理されており、ケースごとにタイミングがわずかに異なる場合があります。)

元のコレクターへの手動フェールバック

コレクターの自動フェールバックを有効にしないことを選択した場合は、デバイスがオンラインに戻ったら、デバイスを元のコレクターに手動で再割り当てする必要があります。 これは、に移動して行うことができます 設定| コレクター| リソース ダウンした元のコレクターまたはフェイルオーバーコレクターのいずれかから。

元のコレクターからの手動フェールバック
元のコレクターのリソースリストから手動でフェイルバックする場合、すべてのデバイスを元のコレクターに割り当てるか、フェイルオーバーコレクターに永続的に割り当てるかを選択できます。

フェイルオーバーコレクターからの手動フェイルバック
フェールオーバーコレクターから手動でフェイルバックする場合、デバイスのすべてまたはサブセットを元の優先コレクターにフェイルバックしたり、デバイスのすべてまたはサブセットを新しい優先コレクターに割り当てたりできるため、柔軟性が少し向上します。 。 コレクターのデバイスを新しい優先コレクターに割り当てる機能は、いつでも実行できます。 フェイルオーバーイベントの余波に限定されません。

 

 

記事上で