サポートセンターホーム


統合ログ

概要

LogicMonitorのアラートをサードパーティのコラボレーションツール(チャットツール、チケットシステムなど)と統合する場合、統合ログを使用して、すべての統合呼び出しの発信ペイロードと応答ペイロードを可視化できます。 に移動して利用可能 設定| 統合| ログ 統合ログは、非常に役立つトラブルシューティングツールです。

注意: カスタム電子メール配信統合に関連するアクティビティは、統合ログにキャプチャされません。

統合ログのフィルタリングと並べ替え

[ログ]タブには、行われたすべての統合呼び出しの概要が表示されます。 表示されるログをフィルタリングおよびソートして、関連性を最適化できます。

統合ログのフィルタリング

[ログ]タブの上部には、表示されるログを絞り込むために組み合わせて使用​​できるいくつかのフィルターがあります。 次に、各フィルターの機能の概要を説明します。

  • 統合。 狭いログは、XNUMXつ以上の特定の統合インスタンスに関連するログに表示されます。 このフィルターフィールドに値を入力すると、LogicMonitorは一致する統合名を表示します。
  • 配信結果。 このフィルタのラジオボタンを使用して、統合呼び出しのステータス(成功または失敗)でログをフィルタリングします。
  • 時間範囲。 このフィルターを使用して、過去24時間分の統合ログ(デフォルト)を表示したり、事前定義された時間範囲のリスト(たとえば、過去XNUMX時間、先週、先月など)から選択したり、非常に特定の時間範囲をカスタマイズしたりできます。分。

統合ログの並べ替え

統合ログは、時間、アラートID、統合インスタンス名、外部チケットIDなど、いくつかの基準に従って並べ替えることができます。 ログを並べ替えるには、並べ替えをサポートする列ヘッダーをクリックするだけです(昇順の場合はXNUMX回、降順の場合はXNUMX回クリックします)。

個別の統合ログの拡張

個々の統合ログをクリックすると、行が展開され、ペイロード、HTTP応答、ヘッダー、配信の再試行回数、エラーメッセージ(該当する場合)など、統合呼び出しの詳細が表示されます。

この詳細ビューから、ポップアップウィンドウでペイロードまたはHTTP応答をさらに開いて注意深く確認したり、ペイロード、HTTP応答、またはヘッダーのテキストをコピーしたりできます。

記事上で