CiscoAPICモニタリング

最終更新日: 17 年 2023 月 XNUMX 日

Cisco Application Policy Infrastructure Controller(Cisco APIC)は、CiscoACIソリューションの主要なアーキテクチャコンポーネントです。 これは、Cisco ACIファブリック、ポリシー施行、およびヘルスモニタリングの自動化と管理の統合ポイントです。

LogicMonitorのCiscoAPICパッケージを使用すると、コントローラのコンピューティングハイパーバイザーステータス、ファブリックポッド/ノードの状態、インターフェイスパフォーマンス、システムCPUなどを監視できます。
​,war

互換性

LogicMonitorのCiscoAPICパッケージは以下と互換性があります:

  • リリース 3.2 ~ 6.0

セットアップ要件

  • LogicMonitor_Collector_Snippetsデータソースをインポートして、コレクターがこの監視スイートのコードをサポートしていることを確認するか、EACollector32.100以降に更新します。

LogicModulesをインポートする

  1. LogicMonitor_Collector_Snippetsデータソースをインポートして、コレクターがこの監視スイートのコードをサポートしていることを確認するか、EACollector32.100以降に更新します。
  2. にリストされているすべての Cisco APIC LogicModules をインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。

監視にデバイスを追加する

  1. CiscoAPICコントローラをモニタリングに追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

Credentials

LogicMonitorは、Cisco APIC REST APIに正常にアクセスするために、適切なクレデンシャルを提供する必要があります。 これらの認証情報は、次の最小権限が割り当てられているAPIユーザーアカウントに属している必要があります。

職種説明
読み取り専用のジョブの設定方法については、 Cisco APIC RESTAPIコンフィギュレーションガイド.

REST API ユーザー アカウントを作成したら、LogicMonitor 内の Cisco APIC リソースで次のプロパティを設定します。 プロパティの設定の詳細については、次を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
apic.api.userCisco APIC REST API のユーザー名。
apic.api.passCisco APIC REST API パスワード。
apic.api.ポートCisco APIC REST API ポート。 このプロパティが定義されていない場合、デフォルトは 443 です。

パッケージ内のLogicModules

Cisco APIC用のLogicMonitorのパッケージには、次のLogicModuleが含まれています。 これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名種類説明
addCategory_Cisco_APICプロパティソースprocEntityクラス(プロセスがシステムで実行されている場合は常に返される必要があります)を使用して、Cisco APICへの接続が可能かどうかを判断し、対応するシステムカテゴリを追加します。
Cisco APIC テナントデータソースAPIC API を介してテナントに関する情報を取得します。
CiscoAPICストレージデータソースAPIC API を介してストレージ情報を取得します。
CiscoAPICはコンテナを処理しますデータソースAPICで実行されているプロセスコンテナのステータス情報。
CiscoAPICメモリデータソースAPIC からのシステム メモリ情報。
CiscoAPICインターフェイスデータソースAPIC API を介してインターフェイス パフォーマンスに関する情報を取得します。
CiscoAPICハイパーバイザーデータソースファブリック内にデプロイされたコンピューティングハイパーバイザーのステータス情報。
Cisco APIC ファンデータソースAPIC からのシステム ファン情報。
CiscoAPICファブリックポッドヘルスデータソースAPIC API を介してファブリック ポッドの正常性に関する情報を取得します。
CiscoAPICファブリックノードの状態データソースAPIC API を介してファブリック ノードの正常性に関する情報を取得します。
Cisco APIC エンドポイント グループデータソースAPIC API を介してエンドポイント グループに関する情報を取得します。
Cisco APIC クラスタ ステータスデータソースAPIC API を介してクラスタに関する情報を取得します。
Cisco APIC キャパシティデータソースAPIC API を介して APIC 容量に関する情報を取得します。
Cisco APIC CPUデータソースAPIC からのシステム CPU 情報。
Cisco APIC ブリッジ ドメインデータソースAPIC API を介してブリッジ ドメインに関する情報を取得します。
Cisco APIC BGPデータソースAPIC API を介して BGP ピアリングに関する情報を取得します。
Cisco APIC アプリケーション プロファイルデータソースAPIC API を介してアプリケーション プロファイルに関する情報を取得します。

この統合パッケージによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で