サポートセンターホーム


EAコレクター-26.100

01.15.18に公開

EA Collector 26.100は16年2018月XNUMX日にリリースされ、以下が含まれます。

改善点:

  • スクリプト化されたデータ収集とアクティブディスカバリーの安定性が向上しました。
  • v100では、WindowsCollectorインストーラーがセキュリティ強化のために署名されます。 
  • 以前は、コレクターがESXサーバーの更新中にESXデータを要求した場合、コレクターが再起動されるまで「データなし」と報告していました。 これは、コレクターが再起動せずに回復できるように改善されました。
  • SNMPv3の3-DESのサポートが追加されました。
  • サポートの追加 MySQLおよびSQLServer用のTLS1.1 /1.2。
  • 場合によっては、ユーザーは「データなし」アラートを受信せずにESXデータにギャップが見られました。 これは、タスクが停止し、コレクターがホストとの接続を継続的に確立しようとするためです。 コレクターは、3回以上ESXホストに接続できない場合、データなしを報告するようになりました。
  • まれに、WindowsでSNMPが有効になっている場合、コレクターはSNMPを使用してsystem.ips(IPアドレス)を決定および設定します。 これは改善され、代わりにWMIが使用されるようになりました。
  • 'Poll Now'出力が非常に長い場合、切り捨てられ、わかりやすい警告メッセージでそのように示されます。

バグ修正:

  • logicmonitor-watchdog.control.logファイルが急速に大きくなり、場合によってはコレクターがクラッシュするバグを修正しました。
  • SNMP v1 / v2のsnmp.walkメソッドがSNMPv3で使用されないようにするためのバージョンチェックが追加されました。 間違った方法を使用すると、コレクターはエラーを返します。 参考までに、メソッドは次のとおりです。
    • v1 / v2:Snmp.walk(host、[community]、[version]、tree_oid、[timeout]、port)
    • v3:Snmp.walk(host、tree_oid、[options]、[timeout])