サポートセンターホーム


分散トレースの概要

注意: LM APMは、限られた数のお客様にご利用いただけます。 詳細については、CSMにお問い合わせください。

アプリケーショントレースは、識別に役立ちます コラボレー アプリケーションで問題が発生しているのは、アプリケーションの実行時に、リクエストにかかった時間、リクエストがやり取りしたコンポーネント、各ステップで導入されたレイテンシなどの情報をログに記録できるためです。

たとえば、今日、アプリケーションの応答時間が長いというアラートをLogicMonitorで受け取る場合があります。 しかし、アプリケーションのどの特定のコンポーネントが高い応答時間のせいですか? それは遅いデータベースクエリですか? 応答しないサービス? アプリケーショントレースにアクセスできると、これらの質問に答えるのに役立ちます。 

LogicMonitorの分散トレースはOpenTelemetryベースの統合であり、インストルメント化されたアプリケーションからトレースデータを転送し、環境内の分散サービスを流れるエンドツーエンドの要求を監視できます。

これらのトレースはに表示されます トレースページ 関連するメトリックとコンテキストログと一緒に。 アプリケーションのメトリック、トレース、およびログにすべてXNUMXつのビューで一緒にアクセスできると、すぐに理解するのに役立ちます 起こっている、 それが起こっている、そして コラボレー これが発生しているため、トラブルシューティングをより迅速に行い、アプリケーションのパフォーマンスをさらに最適化できます。

分散トレース入門

LogicMonitorの分散トレースを開始するには、最初に少なくともXNUMXつのアプリケーションをインストルメント化して、アプリケーショントレースデータをスパン(操作)としてLogicMonitor OpenTelemetryCollectorに転送する必要があります。 LogicMonitorがアプリケーションのトレースデータを受信すると、[トレース]ページを使用してメトリックと操作を表示および調査できるようになります。

[トレース]ページ。待機時間のグラフと操作の表が表示されます。

LogicMonitorへのトレースの送信

アプリケーショントレースをLogicMonitorに送信するには、次のXNUMXつの手順が必要です。

1. LogicMonitor OpenTelemetryCollectorをデプロイします アプリケーションホスト上で、アプリケーションのトレースデータをLogicMonitorに転送します。 OpenTelemetryCollectorは次の方法で追加できます。 Exchange> OpenTelemetryコレクター>追加。 見る OpenTelemetryコレクターのインストール.

2. OpenTelemetry準拠のトレースを送信するようにアプリケーションをインストルメント化する。 これは、自動インストルメンテーション用のOpenTelemetryクライアントライブラリ(推奨)を使用するか、手動インストルメンテーション用のOpenTelemetryAPIおよびSDKを使用して実行できます。 次の表に、アプリケーションインストルメンテーションの言語固有のガイドラインを示します。

言語を設定する 製品説明
Java 自動インストルメンテーション命令は、LogicMonitor内で[トレース]> [オンボーディング]> [Java]> [自動インストルメンテーション]から利用できます。 見る Javaアプリケーションのインストルメンテーション
Python 自動インストルメンテーション命令は、LogicMonitor内で[トレース]> [オンボーディング]> [Python]> [自動インストルメンテーション]から利用できます。 見る Pythonアプリケーションのインストルメント
。NET LogicMonitorには、.NETアプリケーションをインストルメント化するためのアプリ内ガイドエクスペリエンスはまだありません。 あなたは参照することができます .NETの公式OpenTelemetryドキュメント アプリケーションとドキュメントをインストルメント化する インストルメントされたアプリケーションからのトレースの転送.
Go LogicMonitorには、Goアプリケーションをインストルメント化するためのアプリ内ガイドエクスペリエンスはまだありません。 あなたは参照することができます Goの公式OpenTelemetryドキュメント アプリケーションとドキュメントをインストルメント化する インストルメントされたアプリケーションからのトレースの転送.
PHP LogicMonitorには、PHPアプリケーションをインストルメント化するためのアプリ内ガイドエクスペリエンスはまだありません。 あなたは参照することができます PHPの公式OpenTelemetryドキュメント アプリケーションとドキュメントをインストルメント化する インストルメントされたアプリケーションからのトレースの転送.
Ruby LogicMonitorには、Rubyアプリケーションをインストルメント化するためのアプリ内ガイドエクスペリエンスはまだありません。 あなたは参照することができます インストルメントされたアプリケーションからのトレースの転送.
Javascript / Node.js LogicMonitorには、Javascriptアプリケーションをインストルメント化するためのアプリ内ガイドエクスペリエンスはまだありません。 あなたは参照することができます Javascriptの公式OpenTelemetryドキュメント アプリケーションとドキュメントをインストルメント化する インストルメントされたアプリケーションからのトレースの転送.
C + + LogicMonitorには、C ++アプリケーションをインストルメント化するためのアプリ内ガイドエクスペリエンスはまだありません。 あなたは参照することができます C ++の公式OpenTelemetryドキュメント アプリケーションとドキュメントをインストルメント化する インストルメントされたアプリケーションからのトレースの転送.

LogicMonitorでのトレースの表示

LogicMonitorのコレクターの少なくともXNUMXつを環境にインストールし、トレースを送信および転送するようにインストルメント化されたアプリケーションをインストールすると、これらのトレースと、LogicMonitor内でそれらを構成する操作を表示および操作できるようになります。

1. 操作は既存のリソースにマップされます または、新しいリソースがまだ存在しない場合は、自動的に作成されます。 トレースメトリックがリソースレベルで表示され始めるのがわかります。 最良の結果を得るには、適切なモジュール(LMクラウド、LMコンテナー、および従来のコンピューティングベースのインフラストラクチャ)を介して、アプリケーションの基盤となるインフラストラクチャを監視することをお勧めします。 見る リソースのトレースの表示.

2. サービスは自動的に作成されます 基盤となるリソースをグループ化し、サービスレベルの運用メトリックを表示します。 見る サービスのトレースの表示.

3. サービス操作とエンドツーエンドのトレースは、[トレース]ページからアクセスできるようになります LogicMonitorで、最適化の領域として遅い操作をプロアクティブに識別し、問題をより迅速にトラブルシューティングできるようにします。 見る トレースページの使用.

記事上で