サポートセンターホーム


SLAレポート

概要

SLAレポートは、レポートに含まれるリソースまたはWebサイトに対して許容可能なサービスレベルが維持された時間の割合を計算します。 許容可能なサービスレベルは、レポートの構成で定義されます。

SLAレポートはどのように計算されますか?

SLAレポートに含まれる個々のWebサイトまたはリソースごとに、ベースラインの計算は非常に簡単です。 これは、SLAの対象となる時間と比較した、リソースまたはWebサイトが実際に許容可能なサービスレベルに達した時間です。

ただし、Webサイトまたはリソースの個々のSLA値が、レポートによって監視されている他のWebサイトまたはリソースのSLA値と集計される場合があります。 これは、(a)複数のWebサイトまたはリソースが単一のメトリックとして選択されている場合、または(b)SLAレポートが監視対象のすべてのWebサイトまたはリソースに対して全体的な単一のSLA要約値を提供している場合です。 このような場合、Webサイト全体またはリソース全体のパフォーマンスを測定しているかどうかに応じて、XNUMXつの計算オプションを使用できる可能性があります。

Webサイト全体のパフォーマンスの測定

WebサイトのSLAレポートを実行する場合、集約されたSLA値は、個々のWebサイトによって許容可能なサービスレベルが維持された時間の割合を平均することによって計算されます。 たとえば、SLAレポートがXNUMX日の期間における次のXNUMXつのWebサイトの可用性を測定しているとします。

  • ウェブサイトA:午前8時から9時まで利用できません。 95.83% (23/24時間)
  • ウェブサイトB:午前9時から10時まで利用できません。 95.83% (23/24時間利用可能);
  • ウェブサイトC:利用不可なし。 100% (24/24時間)
  • ウェブサイトD:午前8時30分から9時30分までご利用いただけません。 95.83% (23/24時間)

WebサイトA、B、C、およびDの全体的な合計SLA値は96.87%であり、これは個々の可用性の平均です。

リソース全体のパフォーマンスの測定

リソースのSLAレポートを実行する場合、集約されたSLA値を決定するために使用できるXNUMXつの計算方法があります。 方法のXNUMXつは、前のセクションで説明した方法です(つまり、許容可能なサービスレベルが個々のリソースによって維持された時間の割合を平均化する)。

もうXNUMXつの計算方法は、すべてのリソースが存在する時間の割合を測定します 同時に 許容可能なサービスレベルの個々のしきい値を満たしました。 たとえば、SLAレポートがXNUMX日の期間にわたって次のXNUMXつのリソースのパフォーマンスしきい値を測定しているとします。

  • リソースA:午前8時から9時まで、許容可能なサービスレベルの定義されたしきい値を下回りました
  • リソースB:午前9時から午前10時まで、許容可能なサービスレベルの定義されたしきい値を下回りました
  • リソースC:XNUMX日中許容可能なサービスレベルのしきい値に達しました
  • リソースD:午前8時30分から9時30分まで、許容可能なサービスレベルの定義されたしきい値を下回りました

これらのメトリックに基づくと、少なくとも8つのリソースが標準以下のレベルで実行されていた合計時間枠は午前10時から91.67時であり、全体のSLA値は96.87%と評価されます。 これらのXNUMXつのリソースが他の計算方法の平均アプローチを使用して計算された場合、全体的なSLA値はXNUMX%になります。

SLAレポートの構成

SLAレポートを構成するには、[ レポート| 追加| レポート| SLAレポート。 さまざまなレポート設定を構成できるレポートダイアログが表示されます。

すべてのレポートタイプに共通の設定の構成

レポートダイアログにある最初のXNUMXつの設定(役職, 製品説明, グループ, フォーマット)、最終設定(スケジュールに従ってこのレポートを生成する)、すべてのレポートタイプに共通です。 これらのグローバルレポート設定の詳細については、を参照してください。 レポートの作成と管理.

SLAレポート設定の構成

次に表示および説明するレポート構成ダイアログの[SLAレポート設定]領域で、SLAレポートに固有の設定を指定します。

SLAソース

  SLAソース オプションで、レポートが一連のリソースまたはWebサイトのSLAを監視するかどうかを示します。

SLA期間

この見出しの下の構成を使用して、SLAが有効である期間(曜日と時間)を示します。 を選択 一日中 SLAが選択した日の24時間すべてに及ぶ場合のオプション。 SLAが全体の日数をカバーしていない場合は、 時間範囲 SLAがまたがる毎日の中で、XNUMX分までの時間枠を示すオプション。

注意: このセクションは、レポートの時間範囲ではなく、実際のSLAの時間範囲を反映する必要があります。 レポートの時間範囲は、次の構成で決定されます。

時間範囲

カーソルをクリックして 時間範囲 このレポートのデータがプルされる事前定義済みまたはカスタムの期間を設定するために使用できるオプションを表示するフィールド。

監視されていない時間(データなし)

注意: このフィールドは、以前に「リソース」をオプションとして選択した場合にのみ使用できます。 SLAソース フィールド。

世界 監視されていない時間(データなし) フィールドを使用すると、リソースのデータが報告されなかった時間がSLA計算にどのような影響を与えるかを確認できます。 このフィールドのドロップダウンメニューから選択できるオプションはXNUMXつあります。

  • 無視します(可能な合計時間から減算します)。 このオプションでは、SLA計算に監視されていない時間が含まれていません。 たとえば、レポートの時間範囲が100時間にまたがり、そのうち95時間のデータが欠落している場合、レポートは合計XNUMX時間の時間範囲に基づいてSLA値を計算します。
  • 違反としてカウントします(稼働時間から差し引きます)。 このオプションは、監視されていない時間をSLAに対する違反と見なします。 たとえば、レポートの時間範囲が100時間にまたがり、そのうち15時間はSLAしきい値を満たさないパフォーマンスを表し、20時間はデータを受信して​​いないことを表す場合、レポートはSLA違反時間を80時間として計算します。全体的なSLA値はXNUMX%です。
  • 利用可能としてカウントします(稼働時間に追加します)。 このオプションは、監視されていない時間をSLA要件を満たしていると見なします。 たとえば、レポートの時間範囲が100時間にまたがり、そのうち15時間がSLAしきい値を満たしていないパフォーマンスを表し、そのうち15時間がデータを受信して​​いないことを表す場合、レポートはSLA違反時間を85時間として計算します。 XNUMX%のSLA値で。

計算方法

注意: このフィールドは、以前に「リソース」をオプションとして選択した場合にのみ使用できます。 SLAソース フィールド。

詳細は SLAレポートはどのように計算されますか? このサポート記事のセクションでは、複数のリソース間でSLA値を集計するときに使用できるXNUMXつの計算方法があります。 ザ・ 利用可能なすべてのリソースの割合 オプションは、リソースが許容可能なサービスレベルの個々のしきい値を同時に満たした時間の割合を測定します。 インクルード すべてのSLAメトリックの平均 オプションは、許容可能なサービスレベルが個々のリソースによって維持された時間の割合を平均します。

SLAレポートに含まれるリソースまたはWebサイトの指定

この領域に表示される構成は、「リソース」または「Webサイト」のどちらを選択したかによって異なります。 SLAリソース フィールド。

リソースとそのメトリックの指定

ストリーミングを停止する場合は上部の + データポイントテーブルの右上にあるアイコンで、このレポートによって追跡されるデータポイントを識別します(満たす必要のある対応するSLAしきい値とともに)。 展開されるダイアログから、次のフィールドとオプションを構成します。

  1. 使用 グループ, リソース, データソース, インスタンス, データポイント フィールドを組み合わせて、単一のメトリックを追加します。 複数のメトリックを追加できますが、一度にXNUMXつずつ構成して保存する必要があります。

    注意: 単一のメトリックが複数のリソースに適用される場合、レポートは、で選択された計算方法を使用して、そのメトリックのSLA値を集約します。 計算方法 フィールド。

  2. データポイントごとに、 データソースのSLAしきい値 ドロップダウンオペレータメニューとそのすぐ右側のフィールドを使用します。 このレポートのしきい値を決定するために、このデータポイントに対してすでに確立されているグローバルしきい値(警告、エラー、およびクリティカル)を参照する場合は、[ 現在のグローバルしきい値を表示する(参照用) それらを表示するためのハイパーリンク。
  3. チェック SDT期間を除外する チェックボックスをオンにすると、SLA計算からスケジュールされたダウンタイム(SDT)が削除されます。 SDTの除外は、リソースまたはグループレベルで設定できます。 除外がリソースレベルで設定されている場合、リソースレベルで設定されたSDTのみがSLA計算から除外されます。 この場合、これらのリソースのグループレベルで設定されたSDTは除外されません。 除外がグループレベルで設定されている場合、グループレベルで設定されたSDTのみがSLA計算から除外されます。 たとえば、毎週水曜日の午後8時から9時までグループにSDTが設定されているとします。 グループ内のリソースの5つには、毎週木曜日の午後6時から5時までのSDTが追加で設定されています。 このオプションがリソースレベルに設定されている場合、木曜日の午後6時から午後8時のSDTは除外されます。 このオプションがグループレベルに設定されている場合、水曜日の午後9時からXNUMX時のSDT期間は除外されます。

チェック 可用性が100%未満のリソースのみを表示する レポートの表示出力から100%のSLA値を達成したリソースを除外するオプション。これにより、改善の領域により集中できます。 このオプションは、レポートの表示にのみ影響し、計算には影響しません。

チェック SLAサマリーの表示(合計%) SLAレポートの出力に、監視対象のすべてのWebサイトまたはリソースの全体的な単一のSLAサマリー値を含める場合。 この要約値は、で選択された方法を使用して計算されます。 計算方法 フィールド。

ウェブサイトの指定

ストリーミングを停止する場合は上部の + このレポートで追跡されるWebサイトを識別するために、Webサイトテーブルの右上にあるアイコン。 使用 グループ 影響により Website フィールドを組み合わせて、ウェブサイトの指標を追加します。 複数のメトリックを追加できますが、一度にXNUMXつずつ構成して保存する必要があります。

チェック SDT期間を除外する チェックボックスをオンにすると、SLA計算からスケジュールされたダウンタイム(SDT)が削除されます。

コラム

レポートから除外する列のチェックを外します。 列を並べ替えるには、列名の左端にあるアイコンをつかみ、列を新しい位置にドラッグアンドドロップします。

記事上で