サポートセンターホーム


CiscoUCSモニタリング

概要

Cisco UCS(Unified Computing System)は、コンピューティングハードウェア、仮想化サポート、スイッチングファブリック、および管理ソフトウェアで構成されるデータセンター製品ラインです。 LogicMonitorは、UCS Manager XMLAPIを介してシステムのメトリックを収集します。 UCS Manager XML APIを介して公開されたメトリックを確認するには、次のAPIドキュメントを参照してください。 http://<your UCS Manager IP address>/docs.

LogicMonitorのCiscoUCSスイートは、Ciscoが提供するXNUMXつの管理ツールであるCisco UCS Manager(UCSM)またはCisco Integrated Management Controller(CIMC)を介したCiscoUCS環境の監視をサポートします。 UCSM環境では、完全な監視範囲を確保するために、付随するファブリックインターコネクト(FI)をLMに追加する必要があります。 UCS Managerは仮想IPアドレスに関連付けられており、管理データベースはセカンダリファブリックインターコネクトに複製されるため、単一のインターコネクトに障害が発生してもデータ収集に影響はありません。 CIMCデバイスは、UCSMで使用されているものと一貫性のあるXMLAPIを備えたアンマネージドスタンドアロンサーバーです。

互換性

2021年XNUMX月の時点で、LogicMonitorのCisco UCSパッケージは、Cisco UCS Manager XMLAPIの現在のすべてのバージョンと互換性があることが確認されています。 シスコがこのAPIの新しいバージョンをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

LogicMonitor環境でCiscoUCS Monitoringを設定するには、次の手順が必要です。

必須条件

モニタリングにリソースを追加する

UCSデバイスがCIMCを使用して管理されている場合は、CIMCサーバーを監視に追加するだけで済みます。 ただし、UCSM環境では、完全な監視を行うために、LogicMonitorインターフェイス内から監視に次のXNUMXつのリソースを追加する必要があります。

  • UCSマネージャー
  • ファブリックインターコネクト(2)

監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

UCSManagerの資格情報を取得する

LogicMonitorは、UCS ManagerAPIにアクセスするときに資格情報を提供する必要があります。 これらの資格情報は、読み取り専用の役割が割り当てられているAPIユーザーアカウントに属している必要があります。

セキュリティ上の理由から、他の使用可能なロールの大部分はAPIを使用して構成を変更できるため、ユーザーアカウントに読み取り専用を超える特権を持たないことを強くお勧めします。 UCSユーザーアカウントの作成の詳細については、を参照してください。 Cisco UCS ManagerGUIコンフィギュレーションガイド.

リソースにプロパティを割り当てる

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のCiscoUCSリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
ucs_api.mgmt_host UCSManagerのIPアドレスまたはFQDN。

注:CIMCデバイスの場合、これは必須ではなく、このプロパティーが設定されていない場合はsystem.hostnameが使用されます。
ucs_api.user UCSManagerのユーザー名。
ucs_api.pass UCSManagerのパスワード。
ucs_api.port (オプション)UCS ManagerAPIへのアクセスに使用されるポート。 指定しない場合、デフォルトは443です。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリからすべてのCiscoUCSLogicModuleをインポートします。 のリストを参照してください パッケージ内のLogicModules。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、PropertySourceは適切な値を自動的にに割り当てます。 system.categories CiscoUCSリソースのプロパティ。 これにより、データソースが自動的に関連付けられ、データ収集が開始されます。

考慮事項

  • Cisco UCSMデバイスは、高いセッション数に敏感です。 ベストプラクティスとして、LogicMonitorは、他のアプリケーションでは使用されない監視専用のAPIユーザーを用意することをお勧めします。 LogicMonitorは、セッション数がデフォルトの最大制限に近づいたときにユーザーに通知するために、セッション数の組み込みアラートも提供します。 必要に応じて、最大同時セッションをシスコ側で再構成でき(詳細については、シスコのドキュメントを参照)、LogicMonitorのこのアラートしきい値をカスタマイズできます。
  • CIMCデバイスは、APIでCiscoUCS管理情報モデルのサブセットを使用します。 このため、UCSMデバイスとCIMCデバイスの両方に適用される一部のデータソースは、CIMCデバイスに提供するデータが少なくなります。 これらはCIMCデバイスでは「データなし」と表示され、テクニカルノートまたはデータポイントの説明に記載されています。

トラブルシューティング

  • このパッケージのモジュールは、アクティブな検出およびデータ収集スクリプトに埋め込まれたデバッグモードで設計されています。 問題が発生した場合は、変数debugを「true」に設定してデバッグモードをオンにし、コレクターデバッグ機能でスクリプトをテストするときに出力でより多くの情報を取得します。 Collector Debug Facilityでのスクリプトのテストの詳細については、を参照してください。 スクリプトのトラブルシューティング 詳細はこちら
  • このパッケージのモジュールも、アクティブな検出およびデータ収集スクリプトに埋め込まれたログモードで設計されています。 これは、断続的な問題など、スクリプトの手動実行を診断するのが難しい可能性があるデータ収集サイクルで発生する問題を明らかにするのに役立ちます。 問題が発生した場合は、変数logを「true」に設定してログモードをオンにします。 見る コレクターロギング 詳細はこちら
  • このスイートは、Cisco_UCS_SessionsDataSourceを介して管理されるデバイスごとにXNUMXつのAPIセッションを使用します。 認証の問題が発生した場合は、最初にこのモジュールがインポートされ、正しく機能していることを確認してください。

パッケージ内のLogicModules

Cisco UCS用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。 この表には、各モジュールと互換性のあるUCSデバイスタイプのリファレンスも記載されています。

表示名 種類 製品説明 デバイスの種類
addCategory_Cisco_UCS プロパティソース Cisco UCS Manager(「CiscoUCSManager」)、Fabric Interconnect(「CiscoUCSFabricInterconnect」)、およびIntegrated Management Controller(「CiscoIMC」)に適切なシステムカテゴリを設定します。 UCSM、FI、CIMC
addERI_Cisco_UCS プロパティソース DNおよびMACアドレスを含む、トポロジマッピング用のUCSマネージャおよびFabricInterconnectsのデバイス外部リソースID(ERI)を設定します。 UCSM、FI
Cisco_UCS_トポロジー トポロジーソース UCS ManagerAPIからのデータに基づいてUCSトポロジを生成します。 UCSM、FI
UCSセッション データソース CiscoUCSデバイスでの同時ユーザーセッションの数。 UCSM、FI、CIMC
UCSブレードサーバー データソース CiscoUCSブレードサーバのパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM、CIMC
UCSブレードサーバーコンポーネント データソース CiscoUCSブレードサーバのステータスと温度のメトリックを監視します。 UCSM、CIMC
UCSラックサーバー データソース CiscoUCSラックサーバのパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM、CIMC
UCSラックサーバーコンポーネント データソース CiscoUCSラックサーバのステータスと温度のメトリックを監視します。 UCSM、CIMC
UCSファン データソース CiscoUCSハードウェアのファンモジュールのパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM、CIMC
UCS障害 データソース UCS障害テーブルから障害を表示します。 UCSM、CIMC
UCSPSU データソース CiscoUCSハードウェアのPSUパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM、CIMC
UCSディスク データソース IMCサーバ上のCiscoUCSディスクのパフォーマンスメトリックを監視します。 CIMC
UCSディスク データソース CiscoUCSディスクのパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM
UCSシャーシ データソース CiscoUCSシャーシのステータスメトリックを監視します。 UCSM
UCSシャーシスロット データソース UCSシャーシのスロットメトリック。 UCSM
UCSシャーシポート データソース CiscoUCSシャーシポートのパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM
UCSファブリックエクステンダー データソース UCSファブリックエクステンダーのシステムおよびポートの要約メトリック。 UCSM
UCSFEXポート データソース Cisco UCS FabricExtenderポートとポートチャネルのステータスとエラーメトリックを監視します。 UCSM
UCSIOカード データソース IOカードのステータスと環境メトリックを監視します。 UCSM
UCSSANポートチャネル データソース Cisco UCSSANポートチャネルのパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM
UCSサーバーインターフェイス データソース CiscoUCSサーバインターフェイスのステータスおよびパフォーマンスメトリックを監視します。 UCSM
UCSサービスプロファイル データソース UCSサービスプロファイルの状態メトリックを監視します。 UCSM
UCS VLAN データソース Cisco UCSVLANステータスメトリックを監視します。 UCSM
UCSVSAN データソース Cisco UCSVSANステータスメトリックを監視します。 UCSM
UCSファブリックインターコネクト データソース UCSファブリックインターコネクトのシステムおよびポートの概要メトリック。 FI
UCSファブリックインターコネクトストレージパーティション データソース CiscoUCSファブリックインターコネクトストレージパーティションの使用状況メトリックを監視します。 FI
UCSポート データソース CiscoUCSファブリックインターコネクトポートのパフォーマンスメトリックを監視します。 FI

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

レガシーCiscoUCSデータソースからの移行

SNMPベースのCiscoUCS LogicModuleは、2020年XNUMX月に非推奨になりました。このセクションでは、新しいAPIベースのCiscoUCSデータソースに移行する方法について詳しく説明します。

新しいデータソースはUCSManager APIにデータを照会しますが、以前のスイートはSNMP収集方法に依存していました。 APIを介してメトリックを収集すると、次のような多くの利点があります。

  • より多くのデータへのアクセス
  • ネットワークおよび相互接続リソースの使用量が少なくなり、データソースがより頻繁にデータを収集できるようになります
  • セットアップと構成が簡単

次の表に、非推奨のSNMPモジュールを示し、それらの機能を新しいAPIモジュールにマップします。

SNMPモジュールAPIモジュール
Cisco_UCS_ComponentHealthさまざまな
Cisco_UCS_ComponentTemperaturesさまざまな
Cisco_UCS_電力消費 Cisco_UCS_FabricExtender
Cisco_UCS_RackServers
Cisco_UCS_BladeServers
Cisco_UCS_ServiceProfileStatus Cisco_UCS_ServiceProfiles
Cisco_UCS_VlanHealthCisco_UCS_VLAN
Cisco_UCS_VsanHealthCisco_UCS_vSAN
Cisco_UCS_StorageItemsCisco_UCS_FIStoragePartitions
Cisco_UCS_EthernetInterfacesCisco_UCS_ServerInterfaces
Cisco_UCS_FanSpeedCisco_UCS_ファン
Cisco_UCS_FaultTableCisco_UCS_障害
Cisco_UCS_ServiceProfileServerHealthCisco_UCS_RackServers
Cisco_UCS_BladeServers
Cisco_UCS_VnicEthernetInterfaceHealthCisco_UCS_ServerInterfaces
Cisco_UCS_VnicTrafficCisco_UCS_ServerInterfaces

現在、これらのレガシーデータソースのいずれかを使用してCisco UCSデバイスを監視している場合、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 これは、モジュールの上書きを排除するためにデータソース名が変更されたためです。

ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、新しいデータソースのセットをインポートし、環境で意図したとおりに機能していることを確認した後、上記のデータソースを無効にすることをお勧めします。

データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

記事上で