サポートセンターホーム


Windowsコレクターのトラブルシューティング

Windowsコレクターの一般的な問題のトラブルシューティングに役立つヒントをまとめました。

エラー1069

Windowsコレクターで発生する一般的なエラー:

Error 1069: The service did not start due to a logon failure.

WindowsでLogicMonitorCollectorサービスを実行するために使用されるアカウントには、ホストマシンのローカルセキュリティポリシーに対する「サービスとしてログオン」権限が必要です。

ローカルセキュリティポリシーを更新するには:

1.ローカル管理者としてコレクターホストにログオンします。

2. CMD、PowerShell、またはRunからsecpol.mscを起動します。

3. [ローカルポリシー]を展開し、[ユーザー権利の割り当て]をクリックします。

4. [サービスとしてログオン]を右クリックし、[プロパティ]を選択します。

5. [ユーザーまたはグループの追加]をクリックして、LogicMonitorコレクターサービスを実行するアカウントを追加します。

6. [ユーザーまたはグループの選択]ダイアログで、ユーザーアカウントを見つけて、[OK]をクリックします。

7. [サービスとしてログオン]プロパティウィンドウで、[OK]をクリックして変更を保存します。

これらの変更を行うことができない場合(たとえば、オプションがグレー表示されているか使用できない場合)、ホストでローカルセキュリティポリシー設定を実施しているものを調べる必要がある場合があります。これは、ローカルまたはドメインのグループポリシー設定または別の構成管理ツール。

Windows監視シナリオ

Windowsでの一般的な監視シナリオでは、WMIとPerfmonを使用します。 WMIまたはPerfmonの監視に関連する問題がある場合は、次のリソースを参照してください。

記事上で