サポートセンターホーム


LogicMonitorでのJobMonitor定義の作成

概要

WindowsおよびLinux / UnixシステムのJobMonitorを監視して、ジョブが時間どおりに開始され、期待どおりに完了し、適切な終了コードで終了することを確認できます。

JobMonitorの作成

JobMonitor定義は、[設定]メニューから表示/編集できます(設定| LogicModules | JobMonitors)。 DataSourceやEventSourcesなどの他のタイプのLogicModuleとは異なり、ポータルは事前定義されたJobMonitorを使用してインストールされません。 ただし、次のいずれかの方法を使用してJobMonitorを作成できます。

  • JobMonitorを手動で作成する
  • 他の人が手動で作成したJobMonitorを(ファイル(XML)で)インポートする
  • LogicMonitorのユーザーベースの他のメンバーによって公開されたLogicMonitorのパブリックリポジトリからJobMonitor定義をインポートします。



JobMonitorの追加方法に関係なく、次に説明するように、すべてのJobMonitor定義の構成は同じです。

お名前

メディア お名前 フィールドに、JobMonitorの名前を入力します。

重要: JobMonitorは、LogicMonitorがホストシステムでジョブラッパーを識別するために、ジョブラッパーに厳密に従って名前を付ける必要があります。

JobMonitorの名前には、LogicMonitorのデータポイント式の構文で使用される演算子と比較関数を含めることはできません。 複雑なデータポイント.

製品説明

ジョブのオプションの有益な説明。

検索キーワード

JobMonitorに、検索を容易にするキーワード(名前、目的、スコープなどに関連する)をタグ付けします。

テクニカルノート

このフィールドには、JobMonitorに関連するテクニカルノートを含めることができます。

に適用されます

世界 に適用されます フィールドは、LogicMonitorのAppliesToスクリプトを入力として受け入れ、このJobMonitorに関連付けられるリソースを決定します。 このフィールドの使用に関する詳細情報(ウィザードおよびテスト機能を含む)、およびAppliesToスクリプト構文の概要については、を参照してください。 AppliesToスクリプティングの概要.

可能な最長実行時間(分)

JobMonitorがアラートをトリガーするまでに実行できる最大分数。 JobMonitorにかかる時間がわからない場合は、このフィールドを0に設定します。

グループ

グループは、JobMonitorがデバイスツリーの下に表示する表示グループです。 新しいグループを入力するか、既存のグループを選択するか、グループ化しない場合は空白のままにします。

ジョブが時間どおりに開始されない場合に警告する

このオプションをオンにすると、さらにXNUMXつのフィールド(cronスケジュール, 最大相対時間間隔エラー(分), 警告レベル)が動的に表示されます。 次に説明するように、これらXNUMXつのフィールドを組み合わせて、ジョブが時間どおりに開始されなかった場合にアラートが発生する条件とその重大度を決定します。 このオプションがチェックされていない場合、監視はJobMonitorの実行時と終了コードに対してのみ行われます。

cronスケジュール

世界 cronスケジュール フィールドは、Cron式を使用して、ジョブがいつ開始されるかを指定します。 cron式の記述については、を参照してください。 cron式の作成を支援する.

最大相対時間間隔エラー(分)

世界 最大相対時間間隔エラー(最小> フィールドには、アラートがトリガーされる前にJobMonitorの開始時刻を遅らせることができる分数が含まれます。

注意: ここで確立された間隔は、入力された間隔よりも短くする必要があります 有効間隔(分) フィールド。 そうでない場合、アラートはアクティブではなくなります(つまり、有効になります)。 最大相対時間間隔エラー(分) 時間に達し、アラートはトリガーされません。

警告レベル

世界 警告レベル フィールドは、スケジュールされたときにジョブが開始されない場合、予想よりも長く実行される場合、または予期しないコードで終了する場合にトリガーされるアラートの重大度を示します。

有効間隔(分)

このJobMonitorに対してトリガーされたアラートが自動クリアされる前に、アクティブのままである必要がある分数。

注意: もし ジョブが時間どおりに開始されない場合に警告する オプションが選択されている場合、ここで確立される間隔は、に入力された間隔よりも長くなければなりません。 最大相対時間間隔エラー(分) フィールド。 そうでない場合、アラートはアクティブではなくなります(つまり、効果的ではありません)。 最大相対時間間隔エラー(分) 時間に達し、アラートはトリガーされません。

アラートの件名

このフィールドに入力すると、このJobMonitorのアラート通知に表示されるデフォルトのJobMonitorアラートサブジェクトが上書きされます。  

アラートメッセージ

このフィールドに入力すると、 デフォルトのJobMonitorアラートメッセージ これは、このJobMonitorのアラート通知に表示されます。 通常、このJobMonitorに固有のアラートメッセージを提供することをお勧めします(このフィールドを空白のままにして、デフォルトのJobMonitorアラートメッセージに依存するのではありません)。 トークンを使用してこのフィールドをカスタマイズできます。トークンは、アラート通知が受信者にルーティングされるときに適切なコンテンツに置き換えられます。 使用可能なJobMonitorトークンのリストについては、を参照してください。 LogicModuleアラートメッセージで使用可能なトークン.

JobMonitorが無効になっている場合、そのすべてのアクティブなアラートは、JobMonitorが無効にされた時刻を反映する「ClearedOn」時刻で更新されることに注意してください。

記事上で