サポートセンターホーム


電子メールまたはSMS電子メールによるアラート通知への応答

概要

LogicMonitorには、電子メールを介してアラート通知を配信する機能があります。 この(および他の)アラート配信方法の機能の詳細については、を参照してください。 アラート配信方法.

電子メール/ SMS電子メールの応答コマンド

電子メールまたはSMS電子メールでアラート通知を受信する場合、XNUMXつの利用可能な応答方法があります。

  • 電子メール内のリンクをクリックして、LogicMonitorでアラートを開いて応答することができます。 アラートをSDTに入れたり、確認したり、エスカレーションしたりできるページが表示されます。
  • または、このサポート記事で説明されているように、アラートメールに返信することでアラートに返信できます。

注意: (ネイティブSMSではなく)SMSゲートウェイへの電子メールを介して受信したSMSアラートメッセージへの返信は、件名が維持されている場合にのみ配信されます。 これは運送業者の制限です。 返信時に電話で件名が削除された場合、返信はLogicMonitorに配信されません。 これは、一部のAndroidフォンの既知の問題です。 この問題が発生している場合は、メールアプリを介してアラートに返信するか、ネイティブSMSを介してアラートを配信してください。

次の応答コマンドは、電子メールまたはSMS電子メール応答の本文で使用できます。

応答コマンド

商品の説明

ACK [オプションのコメント] このコマンドは、オプションでコメントを含めて、アラートを確認します。 エスカレーションは停止され、ACK(および付随するコメント(存在する場合))が関連するエスカレーションチェーンのCCリストに送信されます。 それを調べているACK
次の このコマンドは、エスカレーション間隔が経過するのを待たずに、アラートをエスカレーションチェーンの次のステージに即座にエスカレーションします。 次の
SDT [オプションのコメント] このコマンドは、トリガーされたインスタンスを、指定された期間、スケジュールされたダウンタイム(SDT)に配置します。 リソース上の他の同様の種類のインスタンスのアラート通知は引き続きルーティングされます。 SDT応答は、アラートがすでにエスカレーションされている他のユーザーに送信されます。 期間の値は時間を表し、25時間未満のダウンタイム(たとえば、.15 = XNUMX分)を示す小数にすることができます。 SDT .75
SDTデータソース[オプションのコメント] このコマンドは、トリガーとなるデータソースを、指定された期間、スケジュールされたダウンタイム(SDT)に配置します。 SDTが有効な間は、特定のリソースのデータソースによって管理されるすべてのインスタンスのアラート通知はルーティングされません。 SDT期間の値は時間を表し、25時間未満のダウンタイム(たとえば、.15 = XNUMX分)を示す小数部にすることができます。 SDTデータソース2
SDTホスト[オプションのコメント] リソース全体のダウンタイムをX時間スケジュールします。 値Xは、SDTを25時間未満にスケジュールするための小数にすることができます(たとえば、SDTホスト.15 = XNUMX分SDT)。 これにより、SDTの有効期限が切れるまで、リソースに対してトリガーされたすべてのアラートの通知ルーティングが無効になります。 SDTホスト.5
SDTサービス[オプションのコメント] WebサイトのすべてのチェックポイントのダウンタイムをX時間スケジュールします。 値Xは、SDTを25時間未満にスケジュールするための小数にすることができます(たとえば、SDTホスト.15 = XNUMX分SDT)。 SDTサービス1

注意: 一部のメールサーバーは、返信メッセージに改行文字(「\ r \ n」や「\ n」など)を導入することにより、応答の形式を変更する場合があります。 LogicMonitorは応答の最初の行のみを考慮するため、この追加されたフォーマットにより、メッセージが切り捨てられる可能性があります(コメントの長さとメールサーバーの動作によって異なります)。

記事上で