サポートセンターホーム


Ansible統合

概要

公式のLogicMonitorAnsible統合は、REST APIベースの統合であり、繰り返しインストールを可能にし、誤警報を排除します。

繰り返しインストール。 Ansibleがデバイスをプロビジョニングしてソフトウェアをデプロイするとき、LogicMonitorは監視するインフラストラクチャの変更と同期し続けます。 これにより、必要な監視なしにサービスが展開されないことが保証され、システムまたはアプリケーション環境がQAからステージング、本番に昇格すると、監視が自動的に適応します。 LogicMonitor Ansible統合により、新しいリソースのプロビジョニングがより効率的になり、コレクターの更新と自動バランスコレクターグループの使用の構成がサポートされます。

誤警報を排除します。 新しいバージョンのソフトウェアを展開するためのプレイブックは、変更が行われる前にスケジュールされたダウンタイムを開始することにより、LogicMonitorのアラートルーティングを制御できます。 LogicMonitorは引き続きすべてのデバイスのステータスを監視しますが、スケジュールされたダウンタイム中に検出されたアラートをエスカレーションしないため、アラートの過負荷を防ぎます。 Ansibleを介してこれを制御すると、再現性が確保され、プロセスが簡素化され、手動操作が削減されます。 Ansibleを使用すると、アプリケーションインフラストラクチャ全体でローリング更新を実行し、現在操作されているサーバーの監視のみをオフにすることもできます。

必須条件

  • Ansibleバージョン2.10以降。
  • Pythonバージョン2.7以降。
  • Python リクエスト モジュールバージョン2.24.0以降。
  • 既存のLogicMonitorアカウント。
  • LogicMonitorAPIトークン 認証用。

インストール

LogicMonitorコレクションはからインストールできます アンシブル銀河、 とともに ansible-galaxy CLI:

ansible-galaxy collection install logicmonitor.integration

統合をに含めることもできます requirements.yml 次の形式を使用したファイル:

collections:
  - name: logicmonitor.integration

インストールコマンドは次のとおりです。

ansible-galaxy collection install -r requirements.yml

必要なPythonライブラリ

LogicMonitorコレクションには Pythonリクエストモジュール バージョン2.24.0以降。 Pythonモジュールの依存関係はansible-galaxyによってインストールされません。 pipを使用して手動でインストールできます。

pip install requests

または:

pip install -r requirements.txt

 

プレイブック

LogicMonitorコレクションのモジュールを使用するには、使用する完全な名前空間、コレクション名、およびモジュール名を参照します。

- name: Using LogicMonitor Collection
  hosts: localhost
  tasks:
    - logicmonitor.integration.lm_collector:
        action: sdt
        company: lm
        access_id: "id123"
        access_key: "key123"
        description: localhost

または、完全な名前空間とコレクション名をに追加できます collections 素子:

- name: Using LogicMonitor Collection
  hosts: localhost
  collections:
    - logicmonitor.integration
  tasks:
    - lm_collector:
        action: sdt
        company: lm
        access_id: "id123"
        access_key: "key123"
        description: localhost

モジュール

モジュール名 製品説明
logicmonitor.integration.lm_info コレクター、デバイス、デバイスグループなどのLogicMonitorオブジェクトに関する情報を収集します。
logicmonitor.integration.lm_collector 追加、更新、削除、sdtなどのLogicMonitorコレクターを管理します。
logicmonitor.integration.lm_collector_group 追加、更新、削除などのLogicMonitorコレクターグループを管理します。
logicmonitor.integration.lm_device 追加、更新、削除、sdtなどのLogicMonitorデバイスを管理します。
logicmonitor.integration.lm_device_group 追加、更新、削除、sdtなどのLogicMonitorデバイスグループを管理します。
logicmonitor.integration.lm_datasource sdtなどのLogicMonitorデバイスのデータソースを管理します。

プレイブックの実行

Ansible Collectionが適切にインストールおよび構成されたら、プレイブックを実行できます。 たとえば、次のコマンドを使用してexample.ymlというプレイブックを実行するには(example.ymlが現在の作業ディレクトリにあると仮定します)。

ansible-playbook example.yml

追加できます -vvv プレイブック実行コマンドに移動して、詳細なログを表示します。

注意: すべてのプレイブックには access_id 影響により access_key フィールド。LogicMonitorポータルで作成され、Postmanリクエストを行うときに使用されるAPIトークンです。

記事上で