サポートセンターホーム


Windows Serverフェールオーバークラスター(SQL Server上)の監視

概要

LogicMonitorは、冗長なSQLアラートをトリガーすることなく、Windows Serverフェールオーバークラスター(WSFC)とSQLを監視できます。 WSFCは、仮想IP(VIP)アドレスと仮想ネットワーク名(VNN)から実行されます。 これらのアドレスには物理的なハードウェアはありません。

LogicMonitorのSQLServerモニタリングは、 Microsoft SQLServerパッケージは、主にSQLデータベースクエリを使用して内部SQL監視テーブルをポーリングします。 WSFC監視を組み合わせて実行すると、LogicMonitorはWSFCを介してアクティブなSQLServerノードを監視します。 フェイルオーバーにより、監視がアクティブノードに自動的に切り替わります。 ハードウェア監視は、ノードの変更を警告します。 クラスターの監視を確認する良い方法は、アプリケーションレベルの監視がクラスターVNN(またはVIP)で処理され、ハードウェアの監視がクラスターノードで行われることです。

互換性

2020年2012月の時点で、LogicMonitorのWSFCパッケージは、PowerShellバージョン5以降を実行しているWindows ServerXNUMX以降で実行されているクラスターと互換性があることがわかっています。 Microsoftが新しいバージョンのWindowsServerとSQLServerをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

注意: WSFCを使用したSQLServerの構成には多くの可能性があるため、LogicMonitorはすべての環境ですぐに使用できる互換性を提供できない場合があります。 ほとんどの環境では、手動で構成する必要があります。

注意: スタンドアロンSQLマシンとしても使用されるクラスター内のSQLノードは、手動で構成する必要があり、冗長なアラートをトリガーする場合があります。

セットアップ要件

依存関係

  • WMI。 LogicMonitorは、自動化されたSQL名付きインスタンスの検出とSQLサービス(ブラウザー、レポートサービス、エージェントなど)の検出にWMIプロトコルを使用します。
  • Microsoft SQLServerの監視。 このWSFC監視パッケージは、 Microsoft SQLServerパッケージ。 正常に動作させるには、SQL ServerLogicModulesの最新バージョンを実行している必要があります。

モニタリングへのリソースの追加

WSFCを監視に追加します。 完全修飾ドメイン名(FQDN)をとして入力します IPアドレス/ DNS名。 オプションでVIPアドレスを使用できますが、可能であればFQDNを使用することをお勧めします。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を提供する

LogicMonitorは、WSFCに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供できる必要があります。 これらの資格情報は、に概説されている最小限のSQLServerアクセス​​許可を持つユーザーアカウントに属している必要があります。 Microsoft SQLServerの監視.

WSFCへのプロパティの割り当て

SQL Serverに割り当てられているのと同じプロパティが、クラスターVNN / VIPにも存在する必要があります。 見る Microsoft SQLServerの監視 これらのプロパティの設定に関する詳細情報と手順については、

必要なSQLServerプロパティのセットに加えて、VNNで設定する必要のある追加のプロパティがいくつかあります。 LogicMonitorは、必要なすべてのプロパティを自動検出するように努めています。 ただし、手動でプロパティを構成する必要がある場合があります。 このため、次にリストされているプロパティの多くには、自動バージョン(「auto。」が前に付いています)と手動バージョンの両方があります。 両方のバージョンが設定されている場合、手動で割り当てられたプロパティは、自動的に割り当てられたプロパティを上書きします。

プロパティの割り当ての詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ名 製品説明
system.categories LogicMonitorは、「WSFC_VNN」の値をクラスターVNNに割り当て、「WSFC_Node」の値をフェールオーバークラスターノードに割り当てます。 「SQL_Node」は、SQLクラスター内のノードに割り当てられます。
auto.wsfc.SQLInstanceNames

or

wsfc.SQLInstanceNames
VNN / VIPに割り当てられたこのプロパティは、このWSFCによって処理されるSQLインスタンスのコンマ区切りの文字列を伝達します。 クラスターのインスタンス名は、クラスター化されていないSQLServerのインスタンス名とは異なります。 SQL Serverがクラスターで使用されている場合、このプロパティはオーバーライドされます mssql.sql_server_instances. DSLAB \ Instance1、DSLAB \ Instance2
auto.wsfc.active_node

or

wsfc.active_node
VNN / VIPに割り当てられたこのプロパティは、クラスター上の現在アクティブなノードの名前を保持します。 このプロパティは、ActiveDiscoveryが実行されたときにのみ更新されます。 ClusterNode1.dslab.lm
auto.wsfc.name

or

wsfc.name
VNN / VIPに割り当てられたこのプロパティは、ドメインなしのクラスターの名前を保持します。 PowerShellコマンドで役立ちます。 クラスタVNN
auto.wsfc.ip

or

wsfc.ip
VNN / VIPに割り当てられたこのプロパティは、クラスターの仮想IPアドレスを伝達します。 現在、IPV4アドレスのみをサポートしています。 10.19.23.102
auto.wsfc.fqdn

or

wsfc.fqdn
VNN / VIPに割り当てられたこのプロパティは、クラスターのFQDNを保持します。 ClusterVNN.dslab.lm
auto.wsfc.nodes

or

wsfc.nodes
VNN / VIPに割り当てられたこのプロパティは、このクラスターに割り当てられたすべてのノードの名前のコンマ区切りの文字列を保持します。 ClusterNode1、ClusterNode2、ClusterNode3。

WSFC監視と組み合わせてSQLServer監視を実行する場合

を使用してWSFCでSQLServerを既に監視している場合 Microsoft SQLServerパッケージ、WSFCモニタリングをアクティブ化すると、最初は冗長なデータ収集とクラスターノードのアラートが発生します。 これは、すべてのノードが以前に割り当てられていたためです。 system.categories。 SQLServerの監視を容易にするための「MSSQL」のプロパティ。 ただし、クラスター監視構成では、VNN / VIPのみに「MSSQL」を指定する必要があります。

最終的には、「MSSQL」を削除する必要があります system.categories すべてのクラスターノードからのプロパティの指定。ただし、このプロパティを削除するとSQL Serverデータソースの関連付けが解除され、ノードのすべての履歴SQLServerコレクションデータが失われるため、注意が必要です。

このため、すべてが期待どおりに機能していることを確認し、データを構築するために、SQL Serverデータソースをクラスターノードに一定期間関連付けたままにすることをお勧めします(Microsoft SQL Serverデータソースのアラートは無効になっています)。 VNN / VIPの履歴。 次に、快適になったら、「MSSQL」を手動で削除できます system.categories クラスタノードからのプロパティ指定。

パッケージ内のLogicModules

WSFC用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

お名前 種類 製品説明
addCategory_WindowsFailoverCluster プロパティソース 検出されたクラスターの場合、「WSFC_VNN」または「WSFC_Node」のいずれかをに割り当てます。 system.categories クラスタのVNNとそのノードを区別するためのプロパティ。
Microsoft_SQLServer_FailoverClusterNodeStatus データソース WSFC上のSQLServerノードを監視します。 ステータスと現在のアクティブノードを報告します。 ノードがダウンしている場合に警告します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で