サポートセンターホーム


外部アラート

概要

アラート通知は通常、LogicMonitorのデータセンター内のサーバーから直接送信されます。 しかし、 外部アラート、コレクターは、トリガーされたアラートをLogicMonitorからプルし、SNMPトラップ、Syslogメッセージ、またはカスタムスクリプトを介して配信するように構成されています。

外部アラートは、標準のアラート配信とは独立して処理されます。 つまり、標準のアラートルールとそのエスカレーションチェーンを介して構成されたアラート通知は、個別に(およびそれに加えて)配信されます。

注意: コレクターごとに構成できる外部アラート定義はXNUMXつだけです。

外部アラートの作成

外部アラートを作成するには、に移動します 設定| アラート設定| 外部アラート| 追加。 次に説明するように、[外部アラートの追加]ダイアログが表示され、外部アラートを作成するために構成する必要のあるいくつかの設定が含まれています。

グループ

ノーザンダイバー社の グループ フィールドに、XNUMXつ以上のデバイスグループを指定して、外部アラートが適用されるリソースを制限します。 このフィールドでは、明示的なグループ名またはglob式を使用できます。

コレクタ

ノーザンダイバー社の コレクタ フィールドで、指定したグループのアラートを処理するコレクターを指定します。 コレクターごとに構成できる外部アラート定義はXNUMXつだけです。 必要に応じて、外部アラート専用のコレクターを追加して、ファイアウォールルールや外部アラート環境に固有のその他の障害(チケット管理システムへのアクセスなど)を克服できます。

配信メカニズム

ノーザンダイバー社の 配信メカニズム フィールドのドロップダウンメニューで、コレクターが指定されたグループに含まれるリソースの外部アラートを配信するために使用する方法(つまり、「SNMPトラップ」、「Syslog」、または「スクリプト」)を選択します。 選択した方法に応じて、さまざまな構成が表示されます。

SNMPトラップ配信

配信メカニズムとして「SNMPトラップ」が選択されている場合、コレクターは、指定されたグループ内のリソースによってトリガーされたアラートごとに、SNMPトラップサーバーにSNMPトラップを送信します。 SNMPトラップは1024バイト未満である必要があるため、メッセージが切り捨てられる場合があります。

SNMPトラップサーバー

メディア SNMPトラップサーバー フィールドに、SNMPトラップの送信先のサーバーを入力します。 コレクターから送信されたSNMPトラップは、1.3.6.1.4.1.39832のLogicMonitorエンタープライズOIDを伝送します。

SNMPコミュニティ

メディア SNMPコミュニティ フィールドに、指定されたサーバーにSNMPトラップを送信するときにコレクター認証に必要なコミュニティストリングを入力します。

SNMPバージョン

ノーザンダイバー社の SNMPバージョン フィールドのドロップダウンメニューで、コレクタがSNMPトラップを送信するときに使用するSNMPのバージョンを選択します。

Syslog配信

配信メカニズムとして「Syslog」が選択されている場合、コレクターは、指定されたグループ内のリソースによってトリガーされたアラートごとに、指定されたSyslogサーバーにSyslogメッセージを送信します。

メディア Syslogサーバー フィールドで、プレースホルダーループバックIPアドレスをSyslogサーバーのIPアドレスで上書きします。

スクリプト配信

配信メカニズムとして「スクリプト」が選択されている場合、コレクターは、指定されたグループ内のリソースによってトリガーされたアラートごとにスクリプトを実行します。

スクリプト

外部アラートスクリプトは、コレクターのディレクトリに保存する必要があります(つまり、 \ agent \ lib \)。 これが当てはまると仮定すると、スクリプトの名前をに入力するだけです。 スクリプト フィールド。 代替フォルダーを使用する場合は、必ずフルパスを使用してスクリプトを指定し、コレクターに適切なアクセス許可があることを確認してください。

スクリプトコマンドライン

メディア スクリプトコマンドライン フィールドに、スクリプトに渡す引数またはパラメータを入力します。 サポートされているLogicModuleトークンはどれでもスクリプトパラメーターとして使用できますが、すべてのLogicModuleアラートタイプに共通のトークンを使用することをお勧めします。 これが不可能な場合は、特定の引数が存在する場合と存在しない場合で機能するようにスクリプトを作成する必要があります。引数はアラートの種類によって異なります。 使用可能なトークンの詳細については、を参照してください。 LogicModuleアラートメッセージで使用可能なトークン.

外部アラートの管理

作成した外部アラートは、[外部アラート]ページから管理できます。 に移動して利用可能 設定| アラート設定| 外部アラート、このページでは、既存の外部アラートの詳細を表示、並べ替え、編集、および削除できます。

記事上で