HPEニンブルモニタリング

最終更新日: 17 年 2023 月 XNUMX 日

概要

LogicMonitorのHPENimble監視パッケージは、SSHとSNMPを利用して、ディスク、ボリューム、アレイ、および一般的なシステムヘルスに関連するさまざまなメトリックを監視します。

互換性

2020年XNUMX月の時点で、LogicMonitorのHPENimbleパッケージは以下と互換性があることがわかっています。

  • Nimble OS5.2以前のバージョン

セットアップ要件

依存関係を満たす

このパッケージの一部のLogicModuleは、データ収集にSNMPを使用し、その他はSSHを使用します。

  軽快なボリューム使用 & 軽快なグローバル統計 データソース:

  • デバイスでSNMPを有効にする必要があります

他のすべてのLogicModuleの場合:

モニタリングへのリソースの追加

HPENimbleホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

リソースへのプロパティの割り当て

LogicMonitorは、HPE Nimbleリソースに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの資格情報は、LogicMonitor内のNimbleリソースのカスタムプロパティとして入力されます。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
nim.user軽快なSSHユーザー名
ニムパス軽快なSSHパスワード

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのHPE NimbleLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

考慮事項/警告

ディスクメトリックを監視するデータソースの場合(Nimble_HDD_ディスク, Nimble_SSD_ディスク)、500つのディスクがデータを取得するのに約XNUMXmsかかります。 ディスクの数をXNUMXで割った数が秒単位の収集間隔よりも大きい場合は、収集間隔を増やす必要がある場合があります。 データソースの収集間隔の更新の詳細については、を参照してください。 データソースの作成.

パッケージ内のLogicModules

HPE Nimble用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 説明
addCategory_NimbleSSHプロパティソースNimbleデバイスを検出するためのカテゴリを追加します。
Nimble_Array_PropertiesプロパティソースNimbleアレイ(スタンドアロンまたはグループ内)を検出し、シリアル、OSバージョン、モデルなど、それぞれのさまざまなプロパティを設定します。
ボリューム使用量データソースSNMPを介した軽快なボリューム使用。
ボリュームレイテンシデータソースSSH経由の軽快なボリュームレイテンシメトリック。
SSDディスクデータソースNimble SSDのドライブ状態と残りの再割り当てセクターの割合を取得します。 バッチスクリプトを使用して、SSH接続の数を削減します。
HDDディスクデータソースNimbleHDDのドライブ状態と未修正のr / wエラーを取得します。 バッチスクリプトデータ収集方法を使用して、SSH接続の数を削減します。
グローバル統計データソースアレイ全体のスナップショットとボリュームの使用量、IO、およびSNMPを介した遅延。
CPU負荷データソースSSH経由のNimbleアレイの負荷平均。
アレイ情報データソースSSH経由のニンブルアレイに関する一般情報。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で