サポートセンターホーム


SNMPアクティブディスカバリー

SNMP Active Discoveryメソッドは、SNMPオブジェクトを検出してグループ化するために使用されます。 他のすべてのActiveDiscoveryメソッドと同様に、フィルタリングもサポートしています。 SNMP Active Discoveryは、指定されたSNMP OIDをウォークし、MIBツリーのそのブランチの下にあるすべてのオブジェクトをワイルドカード値として返します(共通ベースOIDなし)。 返されるエイリアスは、選択したディスカバリタイプによって異なります。

SNMPアクティブ検出が実行されると、最初にSNMPv3が試行され、次にSNMPv2とSNMPv1、次にv2c、次にv1が試行されることに注意してください。 潜在的なバージョン変更を確認する手段として、すべてのSNMPバージョンが試行されます。 SNMPv3を使用する場合、何も構成されていなければ、デフォルトのユーザーは「logicmonitor」になります。 

パラメーター

SNMP ActiveDiscoveryのパラメータは次のとおりです。

  • ディスカバリータイプ: の一つ ""、"ワイルドカード"または "調べる"。 詳細については、以下のセクションを参照してください。
  • SNMP OID: その下にあるすべてのオブジェクトを検出するためにウォークされるベースSNMPオブジェクト識別子。 このOIDの下を歩いて見つかったすべてのオブジェクトは、フィルターを通過したと仮定して、インスタンスとして返されます。
  • 説明OID (任意): 空でない場合、このOIDによって返される値は、検出されたインスタンスに追加され、インスタンスの説明として返されます。 これは、たとえば、スイッチのインターフェイスの説明を返す場合に役立ちます。

価値発見

どこ ディスカバリータイプ=”値”、検出された各インスタンスの名前またはエイリアスは、OIDツリーの各リーフによって報告された値です。

たとえば、特定のシステムでインターフェイスOID .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1をウォークすると、次のようになります。

 IF-MIB :: ifName.2 = STRING:eth0 IF-MIB :: ifName.3 = STRING:eth1 IF-MIB :: ifName.4 = STRING:bond0 

snmpインターフェース監視データソースのActiveDiscoveryセクションを使用する:

 

これにより、次のインスタンス名とワイルドカード値を持つ3つのインスタンスが返されます。

名前ワイルドカード値eth0 eth2 1 bond3 0 


ワイルドカードディスカバリー

どこ ディスカバリータイプ=”ワイルドカード”、 検出された各インスタンスの名前/エイリアスは、OIDツリーの各リーフの一意のインデックスです。つまり、名前はワイルドカード値と同じです。 タイプがワイルドカードに設定されていることを除いて、上の画像と同じActiveDiscoveryセクションを使用します。

ワイルドカードディスカバリー

これにより、次のインスタンス名とワイルドカード値を持つ3つのインスタンスが返されます。

名前ワイルドカード値2 2 3 3 4 


ルックアップディスカバリー

どこ 検出タイプはルックアップです 別のパラメーターが必要です–ルックアップOID。 各インスタンスに対して返される名前は、インスタンスのプライマリOIDによって返される値をルックアップOIDに照会することによって返される結果です。 オブジェクトがXNUMX番目のOIDに存在しない場合、最初のOIDのインデックスが返されます。

たとえば、Ciscoルーターでは、1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.2をウォークすると、すべてのCPUの物理インデックスが返されます。

2 => 3001 1 => 3013

次に、返されたインデックスを使用してentPhysicalName(.1.3.6.1.2.1.47.1.1.1.1.7)テーブルにクエリを実行し、各CPUの説明的な名前を取得できます。 したがって、1.3.6.1.2.1.47.1.1.1.1.7.3013のSNMPクエリは「ルーティングプロセッサ5のCPU」を返し、1.3.6.1.2.1.47.1.1.1.1.7.3001のSNMPクエリは「CPUスイッチングプロセッサ5インチ。 Active Discoveryセクションが次のように構成されている場合:


次に、次の2つのインスタンスが返されます。

名前ワイルドカード値ルーティングプロセッサのCPU5スイッチングプロセッサのCPU1


SNMPActiveDiscoveryでのフィルタリング

SNMP Active Discoveryは、柔軟なインスタンスフィルタリングをサポートしています。 複数のフィルターを追加して、さまざまなオブジェクトを除外することができます。

最初のSNMPOIDウォークによって返される各Valueオブジェクトは、フィルターセクションのOIDに追加されます。 結果のSNMPオブジェクトが取得され、適用されたテストに対してテストされた場合。

たとえば、以下のフィルターは、OID.1.3.6.1.2.1.2.2.1.2から返されるすべてのインターフェースをウォークします。 (インターフェイスの説明を返します。)

SNMP OIDのウォークが値が.1、.2、および.3の1.3.6.1.2.1.2.2.1.2.1つのインターフェイスを返す場合(つまり、インターフェイスの説明は、1.3.6.1.2.1.2.2.1.2.2、.1.3.6.1.2.1.2.2.1.2.3でSNMPGETを実行することで利用できます。 .XNUMXおよび.XNUMX)、これらのインターフェイスはフィルターに対してテストされます。

最初のインターフェース、つまり.1値を持つインターフェースを例にとると、インターフェースは次の場合にのみActiveDiscoveryによって報告されます。

  • .1.3.6.1.2.1.2.2.1.8.1(フィルターと値)のSNMP GETは、値1を返します(インターフェースが操作上稼働していることを意味します)。
  • .1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.1(フィルターと値)のSNMP GETは、文字列「Nu」(通常、監視を必要としないNullインターフェイスを示します)を含まない文字列を返します。

オブジェクトがActiveDiscoveryによってレポートされるためには、すべてのフィルターを渡す必要があることに注意してください。

SNMPインスタンスレベルプロパティ(ILP)

インスタンスレベルのプロパティ 豊富なインスタンスレベルの情報と、監視のより詳細な制御の両方を提供します。

情報元

ILPなしでインスタンスが検出されました

ILPで検出されたインスタンス

snmpIf-(ネットワークインターフェース)

インターフェース名:eno33554960

名前:eno33554960

 

Macアドレス: 00:0c:29:ac:00:f2

 

ステータス:1(アップ)

 

MTU: 1500

 

タイプ、速度、物理アドレス、最終変更などについてもレポートできます。

 

 

SNMPILPの設定

SNMPデータソースでアクティブディスカバリーを有効にすると、「インスタンスレベルのプロパティの抽出」フィールドが表示されます。 このオプションを選択します。

SNMPインスタンスから抽出するプロパティを定義するように求められます。 これを行うには、次の情報を提供する必要があります。

  1. SNMP OID: プロパティを取得するインスタンスのOID。 トークン## WILDVALUE ##をOIDに追加できます。 これにより、ウォークされるキーと値のペアのキーが入力されます。
  2. プロパティ名: 取得するプロパティの名前。 インスタンスレベルのプロパティはプレフィックス「」で始まることに注意してください自動。」 これはLogicMonitorの自動プロパティとは異なり、接頭辞として「システム。" これは、autopropertiesとは異なり、インスタンスレベルのプロパティがLogicMonitorに固有ではないため、ユーザーが設定の方法と設定の有無を制御できるという事実を区別することを目的としています。
  3. SNMPメソッド: インスタンスレベルのプロパティを取得する方法。 利用可能なXNUMXつのオプションがあります。
  • 取得する: snmpGETを使用してILPをフェッチします。 これは、ILPを取得するためのデフォルトの方法です。 これにより、SNMP GETが実行され、トークンが置き換えられ、戻り値がプロパティに割り当てられた後、提供されたOIDから単一の値が取得されます。
  • 歩く: snmpWALKを使用してOIDの下のすべての値を照会し、ILPをコンマ区切りで返されたキーと値のペアに設定します。
  • ウォークキー: snmpWALKを使用して、指定されたOIDの下のすべてのSNMPエントリを取得し、ILPを、返されたすべてのキーで構成され、コンマで区切られたリストに設定します。
  • ウォークバリュー: snmpWALKを使用して、指定されたOIDの下のすべてのSNMPエントリを取得し、ILPを、返されたすべての値をコンマで区切って構成されたリストに設定します。

SNMPILP  

フィルターを追加する

Active Discoveryフィルターが指定されている場合、フィルター条件を満たす検出されたインスタンスのみが返されます。

ILPを抽出することを選択した場合は、検出されたILPに基づいてフィルターを追加できます。 たとえば、ILPを使用すると、有効なネットワークインターフェイスのみを表示するActiveDiscoveryフィルターを簡単に作成できます。

記事上で