サポートセンターホーム


データソースを取得する

LogicMonitorのRESTAPIを使用して、プログラムで次のことができます。

すべてのAPIリクエストと同様に、 認証が必要です.

データソースのリストを取得する

データソースのリストを返します

HTTPメソッド:GET

URI:/ settings / datasources

リクエストパラメータ:

デフォルトでは、50個のデータソースが返されます。 並べ替え、フィルター、フィールド、サイズ、オフセットのパラメーターを含めて、応答に含めるデータとそのフォーマット方法を制御できます。

プロパティ 構文 製品説明 URIの例
sort sort = {+または-} property 昇順(+)または降順(-)のいずれかで指定されたプロパティで応答を並べ替えます / settings / datasources?sort = -id
filter filter = property {operator} value 指定された演算子と値に従って応答をフィルタリングします。 *を使用して複数の文字に一致させることができることに注意してください。「。」を使用できます。 オブジェクト内の値(カスタムプロパティなど)をフィルタリングする文字。複数のフィルターはコンマで区切ることができます。

 

演算子は次のとおりです。

  • 以上: >:
  • 以下: <:
  • 大なり記号: >
  • 未満: <
  • 等しくない: !:
  • 等しい: :
  • 含まれています: ~
  • 含まれていません: !~
/ settings / datasources?filter = name:QAservice
フィールド fields = {コンマで区切られたプロパティのリスト} 応答をフィルタリングして、各オブジェクトの次のフィールドのみを含めます / settings / datasources?fields = name、id
サイズ size = integer 表示する結果の数。 デフォルトの50の結果が表示され、サイズは最大1000まで指定できます。  / settings / datasources?size = 5
オフセット offset = integer 表示された結果を相殺する結果の数 / settings / datasources?offset = 2

例1:データソースのリストを取得する

次のPythonスクリプトは、api.logicmonitor.comアカウントのデータソースを要求します。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='48v2wRzfK94y53sq5EuF'
AccessKey ='H_D9i(f5~B^U36^K6i42=^nS~e75gy382Bf6{)P+'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='GET'
resourcePath = '/setting/datasources'
queryParams = ''
data = ''

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath +queryParams

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.get(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

例2:データソースのリストを取得する

次のPythonスクリプトは、api.logicmonitor.com内のデータソースのIDと名前を返します。ここで、結果はIDの昇順で並べ替えられます。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='48v2wRzfK94y53sq5EuF'
AccessKey ='H_D9i(f5~B^U36^K6i42=^nS~e75gy382Bf6{)P+'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='GET'
resourcePath = '/setting/datasources'
queryParams = '?fields=id,name&sort=+id'
data = ''

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath +queryParams

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.get(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

例3:データソースのリストを取得する

次のPythonリクエストは、「isLinux」を含む関数に適用されるapi.logicmonitor.comのデータソースを返します。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='48v2wRzfK94y53sq5EuF'
AccessKey ='H_D9i(f5~B^U36^K6i42=^nS~e75gy382Bf6{)P+'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='GET'
resourcePath = '/setting/datasources'
queryParams = '?filter=appliesTo~isLinux'
data = ''

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath +queryParams

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.get(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

特定のデータソースに関する情報を取得する

特定のデータソースの詳細を返します

HTTPメソッド:GET

URI:/ settings / datasources / {id}

リクエストパラメータ:フィルタパラメータを含めて、応答に表示されるプロパティとそのフォーマット方法を制御できます。

プロパティ 構文 製品説明 URIの例
フィールド fields = {コンマで区切られたプロパティのリスト} 応答をフィルタリングして、各オブジェクトの次のフィールドのみを含めます / settings / datasources / {id}?fields = name、id

例1:特定のデータソースに関する情報を取得する

次のPythonスクリプトは、IDが345のデータソースの詳細を返します。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='48v2wRzfK94y53sq5EuF'
AccessKey ='H_D9i(f5~B^U36^K6i42=^nS~e75gy382Bf6{)P+'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='GET'
resourcePath = '/setting/datasources/345'
queryParams = ''
data = ''

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath +queryParams

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.get(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

データソースに関連付けられたデバイスを取得する

データソースに関連付けられているデバイスのリストを返します

HTTPメソッド:GET

URI:/ settings / datasources / {id} / devices

{id}はデータソースIDに置き換える必要があります。

リクエストパラメータ:

デフォルトでは、50台のデバイスが返されます。 並べ替え、フィルター、フィールド、サイズ、オフセットのパラメーターを含めて、応答に含めるデータとそのフォーマット方法を制御できます。

プロパティ 構文 製品説明 URIの例
sort sort = {+または-} property 昇順(+)または降順(-)のいずれかで指定されたプロパティで応答を並べ替えます / settings / datasources / 12 / devices?sort = -id
filter filter = property {operator} value 指定された演算子と値に従って応答をフィルタリングします。 *を使用して複数の文字に一致させることができることに注意してください。「。」を使用できます。 オブジェクト内の値(カスタムプロパティなど)をフィルタリングする文字。複数のフィルターはコンマで区切ることができます。

 

演算子は次のとおりです。

  • 以上: >:
  • 以下: <:
  • 大なり記号: >
  • 未満: <
  • 等しくない: !:
  • 等しい: :
  • 含まれています: ~
  • 含まれていません: !~
/ settings / datasources / 13 / devices?filter = hasActiveInstance:true
フィールド fields = {コンマで区切られたプロパティのリスト} 応答をフィルタリングして、各オブジェクトの次のフィールドのみを含めます / settings / datasources / 14 / devices?fields = name、id
サイズ size = integer 表示する結果の数。 デフォルトの50の結果が表示され、サイズは最大1000まで指定できます。  / settings / datasources / 15 / devices?size = 5
オフセット offset = integer 表示された結果を相殺する結果の数 / settings / datasources / 16 / devices?offset = 2
#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='ACCESS_ID'
AccessKey ='ACCESS_KEY'
Company = 'COMPANY_NAME'

#Request Info
httpVerb ='GET'
resourcePath = '/setting/datasources/247527051/devices'
queryParams = ''
data =''

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath + queryParams

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.get(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

データソースの更新履歴を取得する

データソースの更新理由のリストを返します

HTTPメソッド:GET

URI:/ settings / datasources / {id} / updatereasons

{id}はデータソースIDに置き換える必要があります。

記事上で