サポートセンターホーム


CitrixXenServerモニタリング

Citrix XenServerのインストールを監視するには、LogicMonitorコレクターがXenServerに接続するための資格情報を必要とします。

  1. プロパティを定義する グローバル、グループ、またはデバイスレベルのいずれかのxen.user、xen.pass、およびxen.url。 注意:Active Directory認証を使用していない限り、xen.userは通常次のようになります。 ルート.
  2. XenServerをデバイスとして追加します。 普段通り。

注意:XenServerのリソースプールを実行している場合、プール全体のすべてのXen固有の監視データがプールマスターから収集されます。 ただし、デバイス固有のパフォーマンスデータとアラートを収集するには、すべてのプールメンバーをLogicMonitorに追加する必要があります。

SNMPを有効にし、LogicMonitorコレクターがすべてのXenServerデバイスでntpを照会できるようにすることを強くお勧めします。 これにより、LogicMonitorは、Citrix XenServerAPIのみに依存して利用できるよりも詳細なデバイスパフォーマンスに関するデータを収集できます。

Citrix XenServerでSNMPを有効にするには、次の手順に従います。 「XenServer5.xでSNMPを構成する方法」 Citrixサイトから。

以下の手順では、SNMPアクセスとNTPアクセスの両方を有効にする方法について詳しく説明します。

  • XenServerのコマンドシェルにアクセスします(sshまたはコンソールから)。
  • お好みのエディターでfile / etc / sysconfig / iptablesを開きます。
  • 次の行を次の行の後にINPUTセクションに追加します。 -A RH-Firewall-1-INPUT –p udp –dport5353… :

-ARH-ファイアウォール-1-INPUT-p udp –dport 161 -j ACCEPT

-ARH-ファイアウォール-1-INPUT-p udp –dport 123 -j ACCEPT

  • ファイルを保存して閉じます。
  • ファイアウォールサービスを再起動します。

#service iptables restart

Citrix XenServer –SNMP構成

SNMP構成の変更

/etc/snmp/snmpd.confを単純なバージョンに置き換えることをお勧めします。

rocommunity YOURSNMPCOMMUNITY 10.0.0.0/8

10.0.0.0/8を、このXenServerを監視するLogicMonitorコレクターのIPアドレスを含むネットワークに変更します。

デルのハードウェアを実行している場合は、これらの行をsnmpd.confに含めて、基盤となるハードウェアをDellOpenManageパッケージスイートを介して監視できるようにすることもできます。

smuxsocket 127.0.0.1 smuxpeer .1.3.6.1.4.1.674.10892.1

snmpd.confファイルを更新した後、ブート時に起動するようにsnmpdを設定し、今すぐ起動します。

#chkconfig snmpd on

#service snmpd restart

NTP構成

LogicMonitorコレクターが/etc/ntp.conf内のntpデーモンを照会できるようにする行を挿入します

10.0.0.0マスクを制限する255.255.255.0

必要に応じてIPアドレスとマスクを変更して、LogicMonitorコレクターのIPアドレスを含めます。

複数の制限線を追加できます。 ntpを再起動します。
#service ntpd restart

記事上で