サポートセンターホーム


Rubrikモニタリング

概要

LogicMonitorは、Rubrikストレージシステムプラットフォーム用のすぐに使用できる監視スイートを提供します。 このスイートは、RubrikのAPIを使用して、Rubrikクラスターホストにヘルスとパフォーマンスのメトリックを照会します。

互換性

2021年XNUMX月の時点で、LogicMonitorのRubrikパッケージは以下と互換性があることがわかっています。

RubrikがAPIの新しいバージョンをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

LogicMonitor環境でRubrikMonitoringをセットアップするには、次の手順が必要です。

モニタリングにリソースを追加する

Rubrikクラスターホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

リソースにプロパティを割り当てる

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のRubrikリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
rubrik.user Rubrik RESTAPIユーザー名。
rubrik.pass Rubrik RESTAPIパスワード。
system.category この値「Rubrik」は、addCategory_RubrikPropertySourceによって自動的に追加されます。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリからすべてのRubrikLogicModuleをインポートします。 のリストを参照してください パッケージ内のLogicModules。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定すると、LogicModuleがインポートされると、データ収集が自動的に開始されます。

トラブルシューティング

このパッケージのモジュールは、アクティブな検出およびデータ収集スクリプトに埋め込まれたデバッグモードで設計されています。 問題が発生した場合は、変数debugを「true」に設定してデバッグモードをオンにし、コレクターデバッグ機能でスクリプトをテストするときに出力でより多くの情報を取得します。 Collector Debug Facilityでのスクリプトのテストの詳細については、を参照してください。 スクリプトのトラブルシューティング.

パッケージ内のLogicModules

Rubrik用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
addCategory_Rubrik プロパティソース ホストがRubrikAPIの適切な作業資格情報を持っているかどうかを識別し、システムカテゴリを「Rubrik」に設定します。
Rubrikグローバルパフォーマンス データソース Rubrik Cluster IOPS、スループット、ストレージ使用率、ストレージの詳細、ストリーム、および物理的な取り込みを監視します。
Rubrikグローバル圧縮統計 データソース 相互圧縮前後のストレージ統計を監視します。
Rubrikジョブモニタリング(過去24時間アクティブ) データソース スケジュールされている、現在実行中、または過去24時間に完了したジョブタイプごとに分けられた保護ジョブと回復ジョブのジョブ概要情報を取得します。
Rubrikバックアップファイルセット データソース Rubrikクラスターに登録されているファイルセットのストレージとスナップショットのメトリックを監視します。
RubrikはMSSQLデータベースをバックアップします データソース Rubrikクラスターに登録されているMicrosoftSQLServerデータベースの動作状態と関連するスナップショットを監視します。
Rubrikは物理ホストをバックアップします データソース Rubrikクラスターに登録されている物理WindowsおよびLinuxホストのホストステータスを監視します。
Rubrikバックアップ仮想マシン データソース Rubrikクラスターに登録されているVMware仮想マシンの現在の動作状態を監視します。
Rubrikノード データソース 動作ステータス、CPU、メモリ、ネットワーク、I / OなどのRubrikノードの基本統計を監視します。
Rubrikノードドライブ データソース RubrikノードのHDDとSSDを監視します。
RubrikSLAドメイン データソース 仮想マシン、データベース、ファイルセット、LinuxおよびWindowsホストに関連付けられたサービスレベルアグリーメント(SLA)ポリシードメインを監視します。
RubrikSLAドメインのバックアップと保護のタスク データソース SLAドメインによるRubrikバックアップおよびオブジェクト保護タスクを監視します。
Rubrikマネージドボリューム データソース 管理対象ボリュームのスナップショットとストレージのメトリックを監視します。
Rubrikアンマネージドオブジェクト データソース アンマネージドオブジェクトのスナップショットとストレージのメトリックを監視します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはRubrikのベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で