サポートセンターホーム


警告メッセージ

概要

アラート通知メッセージの内容は、アラートメッセージによって定義されます テンプレート。 デフォルトでは、アラート通知は、のグローバルアラートメッセージテンプレートに基づいてフォーマットされます。 設定| メッセージテンプレート| アラートテンプレート アカウントのセクション。 これらのグローバルテンプレートは オーバーライド 特定のデータポイント、イベントソース、またはバッチジョブに対して、そのアイテムのアラートテンプレートを定義します。 グローバルテンプレートは、アラートテンプレートが Studio上ではサポートされていません。 アイテムに対して定義されています。

注意: アラート通知メッセージで提供されるタイムスタンプは、ポータル用にグローバルに構成されたタイムゾーンに対応します(設定| アカウント情報| ポータル設定)。 これは、LogicMonitor UI内からアラートを表示するのとは対照的です。この場合、アラートはユーザーの構成済みタイムゾーンに従ってタイムスタンプが付けられます(ユーザーに設定されており、現在アクティブな表示タイムゾーンであると想定しています。 ユーザー).

グローバルテンプレート

一般に、アラートのタイプごとにXNUMXつのテンプレートが存在します。XNUMXつはアクティブなアラートメッセージ用、もうXNUMXつはクリアされたアラートメッセージ用です。 に指定された連絡方法 エスカレーションチェーンの受信者 アラートは、アラートタイプに使用されるテンプレートを決定するためにルーティングされます。

特定の種類のアラートの連絡方法のアイコンを選択すると、XNUMXつのテンプレートが表示されます。XNUMXつはアラート通知用、もうXNUMXつはアラートクリア通知用です。

グローバルテンプレートの編集

歯車の管理アイコンを選択して、グローバルテンプレートを編集します。 これはグローバルに適用されることに注意してください そのタイプ/連絡方法の通知(データポイント、EventSource、またはJobMonitorレベルでオーバーライドされない限り、 グローバルテンプレートのオーバーライド このサポート記事のセクション)。

グローバルテンプレートの編集

すべての標準のデータソース、EventSource、JobMonitor、およびWebサイト トークン アラートメッセージテンプレートで使用できます。

グローバルアラートメッセージテンプレートの上書き

グローバルアラートメッセージテンプレートは、datapoint、EventSource、およびJobMonitorアラートのケースバイケースでオーバーライドできます。 これらのアラートイベントはすべて、カスタムアラートメッセージ構成をサポートしています。 これは、たとえば、ほんの一握りのデータポイント用の一意のアラートメッセージテンプレートが必要な場合に役立ちます。 これらのタイプのアラートイベントのグローバルアラートメッセージテンプレートのオーバーライドの詳細については、を参照してください。 データポイントの概要, EventSourcesの作成, JobMonitor定義の作成 それぞれ。

記事上で