サポートセンターホーム


管理者以外のユーザーとしてKubernetesクラスターをモニタリングに追加する

Kubernetesクラスターをモニタリングに追加すると、動的グループを使用してクラスターリソースがグループ化されます。 Kubernetesクラスターをモニタリングに追加する方法の詳細については、を参照してください。 Kubernetesクラスターをモニタリングに追加する.

以前は、動的グループを追加するために、「すべてのリソースを管理する」権限が必要でした。 ただし、少なくともXNUMXつのリソースグループにアクセスできるAPIキーを使用して、監視用のクラスターを追加できるようになりました。 動的グループは、表示権限を持つAPIキーを持つリソースグループにリンクされています。

Kubernetesクラスターの追加

管理者がすべての前提条件を完了し、リソースグループを割り当てたら、次の手順を実行してKubernetesクラスターを追加できます。

注意:Kubernetesクラスターを追加する前に、少なくともXNUMXつのコレクターにアクセスできる必要があります。

1。 案内する リソース>デバイス>割り当てられたリソースグループを選択します クラスターを追加するため。

2。 から 追加 ドロップダウンリスト、選択 Kubernetesクラスター.

3. [Kubernetesクラスターの追加]ページで、次の情報を追加します。

a。 の中に クラスター名 フィールドに、クラスター名を入力します。

b。 APIトークン フィールドで、割り当てられたリソースグループのAPIトークンを選択し、をクリックします セールで節約.
他のAPIトークンフィールド情報は自動的に入力されます。

c。 の中に リソースグループフィールド、割り当てられたリソースグループ名を選択します。

注意:でルートグループを選択した場合 リソースグループ フィールドに、「Insufficientpermissions」というエラーメッセージが表示されます。

NS。 の中に コレクターグループ 影響により ダッシュボードグループ フィールドで、割り当てられたリソースグループを選択します。

4。 クリック .

5. [インストール手順]セクションで、[ アーガス タブでを確認できます。

6。 選択します resourceGroupID パラメータを設定し、デフォルト値を system.deviceGroupId 割り当てられたリソースグループのプロパティ値。

注意:表示するには system.deviceGroupId 値、に移動 リソース>デバイス>割り当てられたリソースグループを選択します をクリックして インフォ タブでを確認できます。

7。 クリック 接続を確認する。 接続が成功すると、クラスターが追加されます。

注意:現在、Kubernetesクラスターにサービスを追加することはできません。 必要なサービスを追加するには、管理者に連絡する必要があります。